甘いほどカラダに悪い? 果糖で健康を損ねないフルーツの食べ方|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 甘いほどカラダに悪い? 果糖で健康を損ねないフルーツの食べ方|ニュース
女の処方箋

【コラム】 カラダ

甘いほどカラダに悪い? 果糖で健康を損ねないフルーツの食べ方

2015年4月9日(木)時計アイコン00:00コメント 117

甘いほどカラダに悪い? 果糖で健康を損ねないフルーツの食べ方

フルーツはカラダにいいからと、積極的に食べている女子も多いのでは? でも食べ方によっては、カラダに負担をかけてしまうこともあるみたい。フルーツの上手な食べ方を、 オーガニックレストランオーナーの伊藤雄士さんに教えてもらおう。

「フルーツには強い甘みを感じさせる "果糖"が含まれます。しかし、砂糖を摂ったときのような満腹感を感じにくいため、つい大量に食べたり飲んだりしてしまいがち。また、体内で代謝されるしくみも砂糖とは異なり、約8割が肝臓に運ばれて脂肪に変えられます。このため、果糖を摂り過ぎると、肥満や生活習慣病を招く脂肪肝になりやすいといわれています」(同)

果糖は、お菓子やジュースの人工甘味料にもよく使われていて、アメリカでは子供が肝硬変(脂肪肝が進行した病気)になったケースもあるとか。「果糖ブドウ糖液糖」という表示がある市販の食品は、甘みをつけるために果糖が添加されている。知らないうちに口にしないように、意識して。

果糖によるカラダへの負担を減らして、上手にフルーツを食べるポイントはこちら。

(1)食後に食べる
(2)旬のものを選ぶ
(3)食事代わりにしない
(4)ドライフルーツやジュースを摂り過ぎない
(5)買い置きしないで新鮮なものを食べる

「空腹の状態で食べるよりも、食後に食べたほうが、果糖の消化吸収はおだやかになります。また、果物は旬の時期が最も、ビタミンやミネラル、食物繊維、抗酸化物質などの栄養素が豊富。今の時期なら、グレーフルーツやキウイがおすすめです」(同)

また、フルーツだけでは必要な栄養素を十分に摂れるわけではないので、食事代わりにはならないもの。"朝はフルーツだけ"という食生活は決して健康的とは言えないことを理解して。また、フルーツを加工した食品の摂り方にもポイントがある。

「ドライフルーツには果糖が凝縮されているので、少量でも摂り過ぎにつながりやすい。好きでもスプーン1~2杯位までにとどめて。ジュースも同じ理由で摂り過ぎないほうがベター。スムージーを作っている人は、野菜を増やして果物は少なめにしましょう」(同)

ちなみに、アボカドもフルーツだけど、カラダにいいオイルや葉酸も豊富に含まれているので、おすすめだとか。これからは、果糖がカラダに与える影響も考えながら上手にフルーツを味わって!

そのほかの「OZネタ」を見る

PR

ページTOP

TOP