カラダの悩みを ちょっとだけ 減らしませんか ~夏の髪の悩みVol.2~

【毎週水曜日 6:00 更新】
20代後半から増えてくる、体や肌の悩み。中には、気になってはいても周りに聞けないなんてことも。そこで、みんなが気になる悩みを調査。プロの先生に悩みの解決策を教えてもらいましょう。不安や悩みを少しでも減らせたらきっと明日は楽しくなるはず。

更新日:2016/08/17

髪の専門医師が解説。「頭皮のムレやニオイ」の原因は?

1

オズモールのアンケートによると、髪の悩みがある女子は全体の9割に。~夏の髪の悩みVol.1~では、「髪のパサつき」と「湿気による広がり」の悩み解消法を紹介しました。今回は、アンケート結果第3位の「頭皮のムレ」と、第4位の「頭皮のニオイ」について、その要因と悩みの対策を髪の専門的医師長井正寿先生にお聞きします。

長井先生:「頭皮は汗線という汗を出す腺があり、定期的に汗を出しています。夏は汗の出る量も多く、人によっては汗を出す量が多い人もいるので、’ムレやすい’と感じる方も多いかもしれません。帽子を長く被っていれもムレやすくなります。汗を分泌するということは、私たちの身体の自然な機能なのでそれ自体を止めることはできません。ムレ対策としては、汗をこまめにハンカチやタオルで拭いたり、通気性をよくしたりすることを心がけましょう。」

「頭皮のニオイ」のケアには、頭皮クレンジング

2

頭皮のニオイを解決するにはどうしたらよい?

長井先生:「頭皮のニオイの原因は、汗と皮脂、古い角質(いわゆる垢のようなもの)、と常在菌が異常に増殖していることが考えられます。毎日お風呂に入らないなど、清潔な状態が保てなければ汗と皮脂はたまっていく一方で、それを食べて増殖する常在菌により臭いを発生します。

臭いケアとしてはまずは頭皮を清潔に保つことが重要。たとえば、シャンプーの前に頭皮クレンジングを行い、毛穴を詰まらせる不要な皮脂や角質を取り除くことが有効です。その上で、日中は過剰に汗をかかないこと、汗をかいても細めに拭き取るなどするとよいでしょう。また、外出時は紫外線にも気をつけてくださいね。もともと頭皮は、皮脂も常在菌も適度な量であれば本来ムレもニオイも発生しません。

それでもニオイがある場合には、毎日のシャンプーの時に髪だけに泡を立てて洗っていないか見直してみてください。シャンプーを泡立てたら、指の腹を使って頭皮を直接優しくマッサージするような感じで意識して洗浄すると頭皮クレンジングができますよ。」

髪の世界的スペシャリスト長井正寿先生

3

全国から患者が殺到する髪と頭皮の専門医師。自分自身が薄毛に悩み、自毛植毛手術を3度受けその悩みから解放されるなど自ら体現しつつ患者目線に立っている。また、アメリカやイタリアを筆頭に全世界でそのレベルの高い最新の技術を数々と発表。両利きであると言うその手先の器用さから、自身のクリニックでは、手術を受けた事実が他人に気づかれない「undetectable operation」を提供している

美容家・ライター/平野香奈絵(かなえ嬢)

自身のスキンケアやサプリメントはすべてドクターコスメ。毎月の肌メンテは美容クリニックへなどブレない美容のこだわりからブログなどで紹介するとたちまち問い合わせが増えるほど。常に消費者目線に立った情報が支持されている。個人の活動では、国内唯一の美容医療に特化した美容家として、化粧品や健康食品等のプロデュース、監修も行なう。

TOP