1080*150

【毎週日曜日 6:00 更新】
お弁当を作りたくても時間がない。そんな働く女性に、週末で簡単に作り置きでできるレシピのアイデアをご紹介。
簡単だから頑張らずに続けられる、ゆる~いお弁当作りを管理栄養士の片山けいこがお伝えします。

更新日:2016/08/28

お手頃な今がおすすめ「ミニトマト」

650*406

お弁当に赤みがあるとパッと華やいで見えますね。だからこそミニトマトの赤色は彩りが大事なお弁当にとって貴重な食材。ぷりぷりとした皮の中に弾ける果肉は、甘ずっぱい酸味がたっぷり。夏の太陽の恵みをたっぷり浴びたミニトマトは旬の名残を迎えてきたからこそ、今こそ安価でおすすめな食材なのです。

ドライより手軽に。だから「セミドライ」

650*406

トマトが赤くなると医者が青くなる、と言われるほど栄養価の高いトマト。乾燥させることでその栄養も旨みもギュッと凝縮され、生のまま食べるよりも栄養価も高まり、そしてもっと美味しくいただけるのです。
完全なドライトマトをつくるのは時間もコツもいるけれど、セミドライならもっと手軽に簡単にできるのでおすすめです。
週末のちょっとした時間に、ささっと作ってみませんか?

【基本】オーブンでほったらかし!「セミドライトマトのオイル漬け」

【材料】(150mlの瓶2本分)

650*406


・ ミニトマト 400g(3パック程度)
・ 塩 小さじ1/2
・ にんにく 1片
・ 米油(またはオリーブオイル) 適量
・ ローリエ 1枚

【作り方】

650*406


【1】 ミニトマトを輪切りの向きで半分に切る
【2】 天板にオーブンシートを敷き、皮を下にして並べ上から塩を振る
【3】 予熱なしのオーブンで120℃/60〜70分焼く
【4】 消毒した空き瓶に、【3】のトマトと、みじん切りにしたにんにくを入れ、最後に米油をひたひたになるまで注ぐ

【ポイント】


・ 冷蔵庫で1週間ほど保存できます
・ オリーブオイルを使用した場合、冷蔵庫で保存すると白く固まることがあります。常温に戻してからお使いください

セミドライトマトのオイル漬けで【簡単アレンジレシピ①】

醤油味とマッチする甘酸っぱさ〜鶏肉とセミドライトマトの和風バジルソテー〜

650*406

甘みを増したセミドライトマトの酸味と、醤油の香ばしさが絡んで絶品!

【材料】(2人前)

・ 【基本】セミドライトマトのオイル漬け 大さじ3
・ 鶏もも肉 150g
・ ◎醤油 小さじ1
・ ◎みりん 小さじ1
・ にんにく 少々
・ 米油 小さじ1

・ バジル 10枚程度
・ 醤油 小さじ1

【作り方】

【1】 一口大に切った鶏もも肉と◎、みじん切りにしたにんにくをビニール袋に入れ、袋の上からもんで味をなじませる
【2】 フライパンに米油を敷き、火をつけ、【1】を皮目から焼く
【3】 ひっくり返して両面焼いたところで、セミドライトマトのオイル漬けを入れ、全体を合わせる
【4】 バジルを入れ軽く火を通し、醤油小さじを回しいれて香ばしい香りをつける

【ポイント】

・ 鶏肉に下味がついているので、焦がさないように火加減に気をつけましょう

セミドライトマトのオイル漬けで【簡単アレンジレシピ②】

ケチャップでも本格的に〜セミドライトマトとズッキーニのピザトースト〜

650*406

のせて焼くだけだからとっても簡単。ブランチとしてもおすすめです。ケチャップだけでもトマトの旨みが染み込んだオイルで本格的な味に。

【材料】(1人前)

・ 【基本】セミドライトマトのオイル漬け 大さじ1
・ 食パン 1枚
・ ケチャップ 大さじ1
・ ズッキーニ1.5cm分
・ とろけるチーズ 適量
・ ブラックペッパー 少々
・ オレガノ 少々

【作り方】

【1】 食パンにケチャップをぬる
【2】 オイル漬けのオイルのみを【1】の上にぬる
【3】 スライスしたズッキーニを並べる
【4】 セミドライトマトのオイル漬けをのせる
【5】 とろけるチーズをのせてトースターで焼く
【6】 上からブラックペッパー、オレガノをのせてできあがり


レシピ監修/片山けいこ(ケノコト)
フードコーディネーター・管理栄養士
食と暮らしのライフスタイルマガジン「ケノコト」のサイト運営企画・編集を中心に、サイトへのレシピ提供、ケータリングやワークショップを展開。
肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。

TOP