プチ不調や身体の悩みを解消!働く女性の保健室

働く女子の保健室

寒くなってくるこの季節は、気になるプチ不調や身体の悩みがいっぱい。そこで秋冬にぴったりな健康法やグッズ、食材やドリンク、悩みの解決法やメカニズム、取り入れたい習慣などを専門家やプロのお話しとともにご紹介。自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく。オズモールはそんな“働く女性の保健室”のような存在をめざします。

更新日:2018/11/08

秋・冬に多いお悩みは?東京女性にアンケート

1875人の読者のリアルなお悩み事情を大調査。秋・冬に多い健康の悩みや、心がけている解消法をチェックしよう。
(2018/10/9~2018/10/22、オズモール調べ)

秋・冬の健康の悩みはある?

秋・冬の健康の悩み

ほとんどの人が秋・冬に身体のプチ不調あり

秋・冬の健康の悩みがあると答えた人は、なんと97.5%。ほとんどの読者が、寒くなってくるこの時期ならではの身体のプチ不調があるよう。

秋・冬の悩みを具体的に教えて

半数以上が「冷え」「乾燥」「肩こり」に悩んでいるよう

4分の3以上が「冷え」、半数以上が「肌の乾燥」「肩こり」に悩みを抱えているという結果に。特に足や手に冷えを感じることが多いそう。

秋・冬の冷え対策はなにしてる?

食事や入浴で、全身を温めようとしている人が多数

回答が多かったのが、「湯船に入る」「体を温めるものを飲む・食べる」など。日々の生活の中で、簡単に取り入れられる食事や入浴で対処しようとしているよう。

秋・冬に読みたいヘルスケアトピックス

寒さの厳しくなる冬は「冷え」に注意!
さまざまな不調が深刻になる前に「温活」でケア

寒さが本格的になってくるこの季節。手足が冷たくてなかなか眠れなかったり、肩こりが悪化したり、さまざまなプチ不調を感じる人は多いはず。そんなさまざまな不調は、実は「冷え」が原因であることも。そこで早めに体を温める「温活」を始めて、真冬の到来に負けない体を作っておきたいもの。医師の福田さんに、冬の温活について伺いました。

読者のコメント

・温活のことなんて、わかってる、って思っていましたが、ためになる記事でした。わかってるつもりも、部屋着等、薄着で過ごしていました。きちんと温活して、冬を乗り切りたいです。(ボヨヨーンさん)
・チューブの生姜を、ポタージュでも味噌汁にも、なんでも汁物にプラスしてます!チューブだから手軽だし、朝にはおすすめ!(moscoさん)

疲れやすい原因は貧血!?食生活で解消

オズモールで行ったアンケートでは、貧血と診断された人、自覚症状がある人を合わせると約半数に。女性に多い貧血だけど、その多くは食事を改善することによって解消できるので、まずは自分の食生活を振り返ってみて。

読者のコメント

貧血と低血圧でしんどいので、よくわかる内容でした。食事の見直し大事ですよね、もう一度考えてみようと思います(coolqueenさん)
以前貧血と診断されましたが、食生活で改善できました。生理中は辛くなるので、気を付けたいです(みーなさん)
鉄は重要であるものの、鉄だけではダメなのですね~(カシューナッツさん)

ツラい肩こりの改善法は?

秋になると、肩こりがつらくなる人は少なくないはず。この季節は、昼間は暑いのに夕方になると急に寒くなることが多いため、急激に筋肉が収縮して肩こりになりやすい。ほかにも3つの原因別に肩こりの対処法をご紹介。

読者のコメント

肩こりに相当悩んでいましたが、暖めるシップのようなものを貼っていたらすごく軽くなりました(たーたまさん)
デスクワークなので肩や首が凝り慢性化しています。中から改善していかないと本当の改善にはなりません。冷えもあるのでこれからの季節がしんどいです。日頃から温めることを意識しないと改善さしませんよね(まゆゆさん)
仕事柄、肩こりと眼精疲労が慢性化しています。薬ではなく、薬膳で解消したいです(アメリアさん)

その肌ケア大丈夫?美容のプロが解説

一生懸命ケアしているつもりで、実は間違ったスキンケアを行っている人は案外多いそう。知っているつもりで誤解している人が多いケア方法を、美容のプロフェッショナル・美容家の深澤さんに伺いました。

読者のコメント

毎日のクレンジング気を使っているつもりなんですがやはりシャワーで流しがちかも。特に寒くなってくるとぬるいと身体が寒くて。気をつけようと(コキアさん)
顔はシャワーで流すのは厳禁とプロの方に言われてから試していたら、カサカサが減りました! (ももこさん)
どんなものを使うかと同時に、正しく使うことがとても重要ですね(よつばさん)

ブーツの季節の前につるつる足へ

ガサガサかかとや靴を脱いだとき漂う異臭etc.足裏のトラブルに気付いてはいるものの、見えないからといってケアを後回しにしがち。放っておくとひび割れや痛みを伴う魚の目などに繋がることも。乾燥して厚くなってしまった足裏やかかとの角質を取り除くフットケアで、つるつる・ふわふわの足をめざそう。

根深い肩こりはプロの手で

秋冬に多い肩こりのお悩み。プロの手を借りて根本から改善してみてはいかが? 肩こりには、リンパの詰まりを流すリンパドレナージュやアロマトリートメント、バリニーズ、ツボ指圧などがおすすめ。さらに、根深い肩こりに悩んでいるなら、骨格調整で姿勢を整えることも大切。

受けてしまった肌ダメージの対処法は?

夏の日焼け・紫外線による肌ダメージから、肌の乾燥が気になる秋。受けてしまった肌ダメージのケア方法や、肌の乾燥対策として、普段の生活で気を付けることとは? リラクサロンで働くプロに話を聞いてきました。

お悩みキーワードから探す

習慣・活動キーワードから探す

困ったときはプロに!OZのプレミアム予約

心と体を癒すアロママッサージでリフレッシュ

仕事や家事に追われて心も体もくたくたな現代女性に。体の本来の働きをサポートして、こりや疲れを解消して

鍼施術で肩こりやプチ不調に集中アプローチ

肩こりや腰痛、目の疲れなど、つらいお悩みは鍼にお任せ。経絡の調子を整え、体の内側から健康をサポート

体の内側からサポート。美容点滴で体内美人

疲労回復や美肌ほか、目的に合わせてチョイス。美容成分を直接体内に取り入れて、美と健康をかなえる

年に一度の習慣に。バースデーチェック

年に一度、誕生日前後に婦人科検診を受ける習慣を。体の状況をきちんと知って、自分の体と向き合おう

ヨガ、ピラティスetc.3回2700円のお試し体験

自分磨きを自分にぴったりの場所で。ヨガやダンスなど、編集部が厳選した60を超えるレッスン・施設が予約可能

自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく過ごすためのヘルスケア特集。冷えやむくみなどのプチ不調や、生理痛やPMSなど女性特有の悩みの解決に向けて、温活や腸活、食べ物や飲み物、レシピなど、毎日簡単に続けられる習慣やグッズを紹介し、“働く女性の保健室”のような存在をめざします。

ILLUSTRATION/CHIKA SHIBA

  • LINEで送る

TOP