正解数8~10問のあなた

正解数が8~10問だったあなた。これからの自分のカラダについての基礎知識はバッチリです。やりがいのある仕事を続けたり、母になったり、趣味を一生続けたり、この先自分らしく過ごすためにも、その知識をしっかり活用して生活習慣を見直しましょう。

更新日:2019/10/01

頭でっかちなコツメカワウソタイプ

毎日を楽しく過ごす「コツメカワウソ」タイプの中でも、知識はしっかり持っているタイプ。でもその知識が行動と結びついていなくて、ちょっと頭でっかちかも!? なにから始めればよいか、このイベントで見つけてみよう。

「コツメカワウソ」におすすめのセミナー・コンテンツはこちら

【セミナー】18:00~ プレコンセプションケアって? 将来母になるために今必要なこと、今できること

いつか妊娠・出産を考えている女性は必見。国立成育医療研究センターの荒田尚子先生とともに、今の自分のカラダや生活習慣と向き合い、すぐにできることから、知っておいた方がいい知識などを学びます。葉酸ってなぜ必要なの? 喫煙の影響は? 子供が欲しいと思ってから、妊娠してからではなく、未来の家族のために、今の私ができること。

*協賛:オムロン ヘルスケア株式会社

※応募〆切:10/29(火)9:59まで

カラダ想いカフェ

朝食やドリンク、仕事中のおやつも、手軽に食べたいときの夕食も。私のカラダを作るのは、毎日私が選ぶものだから、カラダ想いの美味しいものがいい。そこで“カラダ想いカフェ”を1日限定でオープンします。糖質オフのケーキや、カラダを温めてくれるスープ、話題のおやつやヨーグルトなど、好みのものをチョイスして試してみて。

人の視線が気になるパンダタイプ

マイペースに生きる「パンダ」タイプの中でも、ちょっと周りの目を気にすることが多いタイプ。それはなんとなくこのままじゃいけないと思っているからかも? この機会に理想の生活習慣への一歩を踏み出そう。

「パンダ」におすすめのセミナー・コンテンツはこちら

【セミナー】20:30~ 芦名星さん特別講演「私らしく輝くために」

ドラマや映画などで活躍中の女優、芦名星さんに、美容や健康で意識していることや気を付けていること、リラックス法、これから挑戦したいことなどをお伺いします。自分らしく、オンもオフも輝きたい、様々なことにチャレンジしていきたい女性にとって、きっと共感できる話もたくさんあるはず!

*プロフィール*
出身地:福島県
生年月日:1983年11月22日
趣味:筋トレ、ラーメン食べ歩き、アウトドア(キャンプ・BBQ・釣り)、英会話、ドライブ、スポーツ(バレーボール)、音楽鑑賞、書道
特技:所作、アクション、ダンス、ネイルアート、クラリネット、料理

※応募〆切:10/29(火)9:59まで
※トーク中の撮影はNGとなります

花冠×メイクのフォトスポット

会場には、雑誌OZmagazineなどでも活躍するプロのカメラマンによるフォトスポットも。「ココロとカラダを健やかに。自分らしい花を咲かせる」をテーマに、用意された花冠や花帽子から好きなものをセレクト。花飾りに合わせてメイクは、自分らしいキレイをかなえてくれる「花王ソフィーナ オーブ」を自由に試すことができる。

Supported by 花王ソフィーナ AUBE

好奇心が抑えられないミーアキャットタイプ

とりあえず首を突っ込む「ミーアキャット」タイプの中でも、自覚がありながら好奇心が抑えられないタイプ。自分に何が必要かの知識はきちんとあるので、優先順位をつけて取り組んでみよう。

「ミーアキャット」におすすめのセミナー・コンテンツはこちら

【セミナー】16:00~ 体内リズムを整えて快眠に! 私らしくポジティブな生活を送るために

最近寝ても疲れが取れない、つい週末に寝だめしてしまう、月曜日は目覚めが悪くてヤル気が出ない、そんなプチ睡眠トラブルを抱えている人も多いのでは? 生活リズムが崩れると、日本にいながらにして時差ボケが起きるという事実も! 睡眠の専門家である明治薬科大学の駒田陽子先生を招いて、私らしくポジティブな生活を送るために、快眠について考えます。

※応募〆切:10/29(火)9:59まで

23種類の国産野菜+乳酸菌が入った、新しい野菜習慣!

20~40代の女性は、1日に必要な野菜の摂取量が約3割も不足しているって知ってた? 水なしでサクッと手軽に食べられる「サクッとベジタブル」を体験できるブースが登場。この機会に新しい野菜習慣を始めてみませんか?

孤高のオオカミタイプ

あなたはこだわりの強い「オオカミ」タイプの中でも、人に頼らず自分だけでなんとかしようとするタイプ。なかなかひとりでは続かないことも、誰かと取り組めばもっと簡単になるかも? 友人を誘ってイベントに参加してみよう。

「オオカミ」におすすめのセミナー・コンテンツはこちら

【セミナー】17:00~ 今日から始める「腸活」が、働く女性をプチ不調から救う!

便秘気味、体調を崩しやすい、お肌の調子が・・・など、働く女性を悩ます不調。ひょっとしたら、腸が原因かも!? 「第2の脳」とも呼ばれ、いま年代を問わず注目度が高まっている「腸活」だけど、なにをすればいいの? 腸の状態が良くなると、どんないいことがあるの? そんな疑問に、腸内環境の専門家と、実践者がお応えします。腸から、あなたの毎日を前向きに!

*協賛:日本ケロッグ合同会社

※応募〆切:10/29(火)9:59まで

人気占い師・流光七奈さんによる“裏”星座別の性格診断&健康アドバイス

生まれ持った星座には、より本質に近い自分を知ることができる「裏の星座」があることを知っていますか? ワークショップでは、「裏ホロスコープ」をもとに、あなたのストレスタイプを診断し、対処法をアドバイス。この機会に、カラダの健康はもちろん、ココロの健康にも目を向けてみて!

11/26(火)15:30~/16:30~/17:30~
定員:各30名
参加費:無料
※事前予約制、当日枠(先着)あり

完璧主義なウマタイプ

あなたは毎日忙しい「ウマ」タイプの中でも、自分に厳しい完璧主義な傾向に。食事や運動など、あれこれやらなくちゃと一生懸命になりすぎているかも。カラダとココロには休息が大事なことを忘れないで。

「ウマ」におすすめのセミナー・コンテンツはこちら

【セミナー】16:00~ 体内リズムを整えて快眠に! 私らしくポジティブな生活を送るために

最近寝ても疲れが取れない、つい週末に寝だめしてしまう、月曜日は目覚めが悪くてヤル気が出ない、そんなプチ睡眠トラブルを抱えている人も多いのでは? 生活リズムが崩れると、日本にいながらにして時差ボケが起きるという事実も! 睡眠の専門家である明治薬科大学の駒田陽子先生を招いて、私らしくポジティブな生活を送るために、快眠について考えます。

※応募〆切:10/29(火)9:59まで

【セミナー】18:00~ プレコンセプションケアって? 将来母になるために今必要なこと、今できること

いつか妊娠・出産を考えている女性は必見。国立成育医療研究センターの荒田尚子先生とともに、今の自分のカラダや生活習慣と向き合い、すぐにできることから、知っておいた方がいい知識などを学びます。葉酸ってなぜ必要なの? 喫煙の影響は? 子供が欲しいと思ってから、妊娠してからではなく、未来の家族のために、今の私ができること。

*協賛:オムロン ヘルスケア株式会社

※応募〆切:10/29(火)9:59まで

品行方正なホワイトタイガータイプ

あなたはしっかりとした知識に、健康的な生活習慣が伴った品行方正な「ホワイトタイガー」タイプ。このままの生活を続けるとともに、新しい気付きを得るために、ぜひイベントに参加してみよう。

「ホワイトタイガー」におすすめのセミナー・コンテンツはこちら

【セミナー】18:00~ プレコンセプションケアって? 将来母になるために今必要なこと、今できること

いつか妊娠・出産を考えている女性は必見。国立成育医療研究センターの荒田尚子先生とともに、今の自分のカラダや生活習慣と向き合い、すぐにできることから、知っておいた方がいい知識などを学びます。葉酸ってなぜ必要なの? 喫煙の影響は? 子供が欲しいと思ってから、妊娠してからではなく、未来の家族のために、今の私ができること。

*協賛:オムロン ヘルスケア株式会社

※応募〆切:10/29(火)9:59まで

明日から仕事のおともに!オフィスおやつ30選展示

疲れたとき、小腹が空いたとき、ほっとひと息つきたいとき・・・。オフィスにおやつを常備している人も多いはず。そんなオフィスおやつも、せっかくならカラダに役立つものを食べませんか? カラダにいいオフィスおやつを、編集部が30種類セレクト。明日からのおやつ候補を見つけてみよう。

正解はこちら

女性の妊娠能力が低下するのは40代からである

一般的に35歳前後から、卵胞が減って卵巣の機能が低下し始め、40代では多くの女性に変化が現れ始めるそう。

休日の朝寝坊は睡眠不足の解消になる

基本的に寝だめはできないそう。寝だめをすることで体内時計が乱れ、様々な不調を招く原因になってしまうんだとか。

月経痛(生理痛)はあるのが当たり前である

生理痛の背景には、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気があることも。たとえ市販の鎮痛剤で痛みが抑えられていたとしても、痛みがあるのは不調のサインととらえて、一度婦人科を受診して。

女性のかかるガンで最も多いのは乳がんである

日本人女性の11人に1人はかかると言われ、女性が患うがんの中で最も罹患数が多い乳がん。定期的な検診やセルフチェックで自分の体を守ろう!

頭痛や生理痛を感じたらすぐに鎮痛薬を飲まず我慢した方がいい

頭痛や生理痛は我慢していると、痛みの原因物質が増えて、痛みは強くなるばかりで、鎮痛薬でも痛みを抑えきれなくなることがあるそう。

タンパク質は1日の摂取量をトータルで満たしていれば、3食でバラつきがあっても問題ない

1日トータルのタンパク質量は十分に摂取できていても、3食のうち1食でも不足すると、筋肉量が低下するリスクがあるのだそう。

低用量ピルを飲むと将来妊娠しづらい体になる

脳が排卵後のホルモンの状態だと認識し、排卵を止める働きがかかる低用量ピル。服用をやめればほとんどの人が3カ月以内に排卵が再開して、妊娠可能な状態に。

40歳前後で閉経することはない

近年では20代後半から30代の女性にも、更年期障害のような症状が現れることも増えてきているそう。過度なダイエットやストレス、不規則な食生活などが原因のひとつなんだとか。

妊娠中や希望している人は、葉酸を積極的に摂取した方がよい

水溶性ビタミンの一種である葉酸。細胞の新生や増殖に関わるため、特に胎児にとって重要な役割があると言われている。

卵子の元になる細胞は排卵のたびに新しく作り出される

生理のたびに使われて減っていく卵胞は、40代付近になるとかなり少なくなってしまう。併せて女性ホルモンも分泌されなくなってしまうんだとか。

ILLUSTRATION/Misako Morino

  • LINEで送る

TOP