季節の変わり目の体調管理法って?ちょっとした気遣いで元気に乗り切ろう

季節の変わり目の体調管理法って?ちょっとした気遣いで元気に乗り切ろう

今年の夏は、各地で記録的な酷暑に。そんな厳しい夏から秋へと変わるこの季節には、「涼しくなるんだから、体はラクになるんじゃないの?」と思いがち。でも実は、私たちの体には寒暖差によるストレスやさまざまな疲れがたまっているんだとか。ちょっとした気遣いで元気に乗り切る秘訣を、女性の不調に詳しい医師の飛田さんに伺いました

更新日:2018/08/26

多くの人が体調を崩しやすい季節の変わり目は、温野菜でビタミン・ミネラルをたっぷり補給

多くの人が体調を崩しやすい季節の変わり目は、温野菜でビタミン・ミネラルをたっぷり補給

体調を崩しがちな季節の変わり目には、なにを心がけたらいいの? 「夏の暑さで食欲が落ちていたせいで、必要なビタミンやミネラルも不足していることが多い時期です。この状態のまま、寒い日も増えてくる秋に向かうと、うまく体が調整できなくなります。『ちょっと疲れてるだけ』と軽く考えず、体調をしっかり意識しましょう」と飛田さん。

では、具体的にどういう食事がおすすめ? 「食欲が低下しているときにも、そのまま食事を抜いてしまわないようにしましょう。自律神経の乱れで弱った胃腸を、不規則な食事で空にしたり、次には食べ過ぎたりと酷使するのは避けたいもの。また、夏の間の冷たいものの摂り過ぎで、胃腸や体全体も冷えています。冷たいものではなく、温かく消化のいい食べ物・飲み物を、ペースを乱さず規則正しく食べたいですね。生野菜ではなく温野菜で、夏の間に不足してしまったビタミン・ミネラルをたっぷり補給するのも有効です」(飛田さん)。

まだまだ暑さが残る時期にこそ、ゆっくり入浴して全身を温めよう

まだまだ暑さが残る時期にこそ、ゆっくり入浴して全身を温めよう

また、冷たい食べ物のほか、連日のエアコン使用などでも、夏の終わりには体が冷えきっていることが多い。38~40℃程度の熱すぎないぬるめの湯に、半身浴でなく肩までゆっくり浸かって、全身を温めるのもおすすめだそう。まだまだ暑さが残る時期にこそ、積極的に体の内側から温めることは、疲れ切った自律神経を力づけてくれるサポートに。

汗でじっとり気づかないうちに、肌にも危険信号!?この季節こそしっかり保湿を

汗でじっとり気づかないうちに、肌にも危険信号!?この季節こそしっかり保湿を

そのほかにも、この季節、気を付けたほうがいいことは? 「夏は湿度が高いので感じにくいのですが、紫外線の影響やエアコンの風などで、実はかなり肌が乾燥している人が多いんです。夏バテで疲労がたまり回復力が弱っているせいもあり、肌に乾燥や紫外線の影響が強く出てきます。いつもより化粧水をたっぷり使ったり、パックをこまめにするなど、この季節は保湿をしっかり意識しましょう」と飛田さん。

季節の変わり目には、体調だけでなく肌トラブルを起こす人も多いので、まずは未然にこの時期のうちに、しっかり保湿ケアを行っておくことが肝心だそう。「また肌のコラーゲンやエラスチンの生成を助けるビタミンCは、肌のハリやうるおいを保つ助けになり、体の疲労感のサポートにもなってくれます」(飛田さん)。ビタミンCを多く含む野菜のパプリカやブロッコリー、キウイなどのフルーツ類を積極的に摂ることもこの時期には効果的。秋冬に向けて、体だけでなくお肌の健康のためにも、心にとめておきたい。

教えてくれた人

飛田砂織

クリニックシュアー銀座院長。東京大学、北里大救命救急センターで救急専門医として従事。救急での重症患者への治療経験から、病気にならないための予防医学の大切さに気付く。2015年クリニックを設立、美容皮膚科とナチュラルホルモン補充療法・点滴療法・サプリメント療法などを組み合わせ、健やかに美しくなる最新のアンチエイジング医学を実践。

【特集】プチ不調や身体の悩みを解消!すこやかなココロとカラダへ

毎日がんばる働く女性にプチ不調や悩みはつきもの。そこでみんなが気になる健康法やグッズ、食材やドリンク、悩みの解決法やメカニズム、取り入れたい習慣などを専門家やプロのお話しとともにご紹介。自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく。オズモールはそんな“働く女性の保健室”のような存在をめざします

こちらもおすすめ。ヘルスケアNEWS&TOPICS

WRITING/HIROKO KUROKI

  • LINEで送る