そのプチ不調は睡眠のせい!?「快眠」のためのコツとは【働く女性の保健室】

働く女子の保健室_快眠

毎日がんばる働く女性にプチ不調や悩みはつきもの。特にオズモールでのアンケートによると、睡眠について悩んでいる人はなんと約92%。そんな悩みを持つ女性が目指したい快眠とは、気持ちよくぐっすりと眠ること。みんなが行っている快眠の工夫や、市販のグッズやパジャマ、ストレッチや飲み物など、さまざまな快眠のコツについて紹介します。

更新日:2018/11/08

働く女性1044人にアンケート。睡眠の実態は?

読者のリアルな睡眠に関するお悩みや快眠習慣を大調査。
(2018年9月、オズモール調べ)

睡眠についての悩みはある?

睡眠についての悩みはある?

9割以上が睡眠に悩みあり。寝ても疲れが取れない人多数

睡眠について悩んでいる人はなんと約92%という結果に。特に寝ても疲れが取れない、朝すっきりと起きられない、睡眠時間が足りない、夜中に目が覚める、なかなか寝付けないといった声が多いよう。

快眠のために工夫していることってある?

お風呂、ストレッチetc...自分なりの快眠法はさまざま

お風呂、ストレッチetc...自分なりの快眠法はさまざま

最も多いのはお風呂に入って体を温めるという回答。ほかにもストレッチやマッサージをしたり、カフェインを控えたり、アロマなど香りを取り入れたりと、自分なりの快眠法を試している人が多かった。

冬の睡眠時の寒さ対策は?

寝具で寒さ対策をしている人が半数以上

あたたかい布団を使ったり、布団の枚数を増やしたり、寝具で寒さ対策をしようとしている人が多いよう。でも布団を何枚もかけて重くなりすぎると、寝返りがうちにくくなるそうだから、かけすぎには気をつけたい。

快眠のコツって?

毎日ぐっすり眠れてる?
パジャマや1分ストレッチで「快眠」をめざそう

現代の日本人は、世界的に見ても「不眠大国」だという。OECD(経済協力開発機構)が世界で調査したところ、上位2位の中国に比べ、ワースト2位で28位の日本は、睡眠時間が1時間20分以上少なかったそう。では睡眠を上質なものにするには、実際どうすればいいの? 睡眠コンサルタントの友野なおさんに伺いました。

読者のコメント

・ジャージは良くないんですね。睡眠の質がわるすぎてほんと困ってます。ストレッチも寝る前にしようと思うのですが、疲れてできなかったり、、でも寝付けなかったり夜中起きちゃったり。。ぐっすり眠りたーい。(さぉさん)
・パジャマも着るし、寝そべった状態で手足を上に上げゆらゆらさせるゴキブリ体操もしています。おかげで毎日寝つき良いです。(コキアさん)
・パジャマが大事なことも、ストレッチがいいこともわかっているのですが、なかなか眠る前のスマホがやめられないですね。(kanako333さん)
・パジャマも大事ですが枕をオーダーメイドしたら体の不調が少なくなりました。睡眠グッズにお金を掛けるのはアリだと思います。(ereさん)

そのプチ不調は睡眠のせいかも!?
ぐっすり眠る「快眠」のための工夫とは

オズモールでのアンケートによると、睡眠について悩んでいる人はなんと約92%。また、お風呂に入って体を温めたり、カフェインを控えたり、アロマなど香りを取り入れたりと、いい睡眠をとるために何らかの気遣いをしている人は多いよう。これからの冬に向けて、質の良い睡眠をきちんととるためには? 睡眠コンサルタントの友野なおさんに伺いました。

読者のコメント

・この季節になると寒くて寝付けないことが多いのでとても参考になりました!(玄武さん)
・睡眠の質を良くするために、温かい飲み物やマッサージを日頃から取り入れたいです。(ykiykiさん)
・ルイボスって安眠効果があるんだ。眠れない時に飲んでみようかな。(のあやさん)
・睡眠、大切ですよね。私はアロマと腰まくらです。(ヒカルさん)

眠りのアドバイザー「スリープマスター」も
プロたちが選んだおすすめ快眠グッズ

「快眠」のためには、日々の生活に気をつけるのはもちろんだけれど、グッズの助けを借りてみるのもおすすめ。そこで今回は、スリープマスターでもある西川産業株式会社の杉原桃菜さんをはじめ、ドラッグストア「トモズ」やナチュラルアイテムをセレクトする「Biople by CosmeKitchen」に、おすすめの快眠グッズを聞いてみました。

読者のコメント

・ストレートネックなので肩凝りが酷くて慢性化しており、ちっとも辛さを感じませんが、マッサージに行くとびっくりされる程に凝っているようです。そのため今回枕を新調しました。まだ届いていませんが整体師の監修による肩凝りさん向けの商品なので、効果を楽しみにしているのです。(Salzburgさん)
・高反発のマットレスを使っています。他のマットレスに寝るとやっぱり違うなぁと思います。起きた時の疲れの取れ具合が違うので、高かったけど買ってよかったと思います。寝具はちゃんと選びたいです。(すーめめさん)
・今まさに睡眠が乱れています。ちょっと諦めがちですが、枕や香りなどもう一度見直してみたいと思います。(めさん)
・快眠サプリメントの存在、今まで知りませんでした。寝付けない日が続いたら、使ってみたい。(あみくんさん)

睡眠不足を解消したいけど、時間がない・・・
そんな人はプロにおまかせ、「お出かけ」ケアを

仕事や家事などで忙しいからこそ睡眠不足になるのに、自宅でいろいろケアする時間がない・・・。そんな人におすすめなのが、「お出かけ」のついでに、「快眠」を手に入れるケア。手間いらずで、プロにおまかせすることで快眠を手に入れて、秋口のプチ不調を乗り切ろう。

読者のコメント

・お出かけ先で睡眠不足を解消するという体験は、特別感があって良いですね。今の時代は休息を取ることが難しいので、こういった施設を上手に利用するのも良いかもしれません。(アーモンドさん)
・マットレスや寝具は気になるものがあっても高価なので購入をためらいます。ホテルで試せるのは嬉しいですね。(haru22さん)
・ホテルではシモンズベッドでないとぐっすり眠れません!ホテル選びの基準にしています。(ジャスミンさん)
・ヘッドスパですっきりしたいです。ぐっすり眠れそう。(フラワーさん)

困ったときはプロに!OZのプレミアム予約

アロママッサージ

ヨーロッパでは医療現場で使用されることも。アロマオイルの香りに包まれながら、心身の疲れをリセットしよう

タイ古式マッサージ

あまりの気持ちよさに眠ってしまう人続出の、指圧とストレッチを融合させたタイ式マッサージを体験しよう

お悩みキーワードから探す

そのほかの習慣・活動キーワードから探す

【特集】プチ不調や身体の悩みを解消!すこやかなココロとカラダへ

毎日がんばる働く女性にプチ不調や悩みはつきもの。そこでみんなが気になる健康法やグッズ、食材やドリンク、悩みの解決法やメカニズム、取り入れたい習慣などを専門家やプロのお話しとともにご紹介。自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく。オズモールはそんな“働く女性の保健室”のような存在をめざします

自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく過ごすためのヘルスケア特集。生理痛の対処法や生理休暇の実態など、なかなか人には相談しづらい生理痛の悩み・解消法について紹介します。

ILLUSTRATION/CHIKA SHIBA

  • LINEで送る

TOP