菌活とは?腸を元気にして便秘やプチ不調を解消【働く女性の保健室】

働く女子の保健室_菌活

毎日がんばる働く女性にプチ不調や悩みはつきもの。特に厚生労働省の調査によると、日本人の約4分の1が便秘に悩んでいるそう。便秘やストレスなどで腸の調子が悪くなると、腸にたまった有害物質や毒素が血管を通して体内に流れ、肌アレや疲労感などさまざまな不調があらわれてしまうんだとか。菌活とは、ヨーグルトや納豆、キノコなど身近な菌食材を取り入れて腸を元気にする習慣のこと。菌活を取り入れて、腸を元気にしよう。

更新日:2018/11/07

働く女性959人にアンケート。菌活の実態は?

読者のリアルな習慣を大調査。みんながどんな「菌」を意識しているのかチェックしよう。
(2018年9月、オズモール調べ)

菌活の実態

1日に1食以上、菌を取り入れることにしている人は70%以上も

オズモールのアンケート結果では、「菌活」を意識している人は65%以上、1日に1食以上は取り入れることにしている人は70%以上も。腸内によい菌を増やして健康になろう、という意識は多くの人のなかにあるよう。

約9割の人が意識しているのが「乳酸菌」

約9割の人が意識しているのが「乳酸菌」

アンケートで「積極的に取っている菌は何か」という質問には、「乳酸菌」という人が約90%も。近年人気商品が数多く生まれたさまざまな乳酸菌入りヨーグルトも、多くの人が関心を持ち、取り入れているよう。

菌活のやり方とは?

日本人の4分の1が便秘に悩んでる!?
手軽に「菌活」して腸から健康に

厚生労働省の調査によると、日本人の約4分の1が「便秘」に悩んでいるそう。便秘やストレスなどで腸の調子が悪くなると、腸にたまった有害物質や毒素が血管を通して体内に流れ、肌アレや疲労感などさまざまな不調があらわれる。では、腸を健康に保ってイキイキ元気に過ごすためには? 腸の健康に役立つ「菌」に関する著書もあり、「菌活」にも役立つさまざまなレシピを紹介している管理栄養士の金丸さんに伺いました。

読者のコメント

・毎晩ヨーグルトを食べています。夜食べると、朝おなかがすっきりするからです。納豆も好きなのですが、毎日は食べられていません。先日、納豆食べ放題のお店で食事しましたが、トッピングを変えてみると飽きずに毎日食べられそうだと思いました。(kittyさん)
・数年前から便秘解消のため毎日、ヨーグルトと納豆、お酢は欠かさず食べたり飲んだりしてます。おかげさまで菌活を始めてから便秘しらずです。美味しく飲食出来て体の調子がいいと言うのは最高です。(ゆちさん)
・ヨーグルトの種類によっても合う合わないがあるので、色々試してみました。今は合うヨーグルトに巡り会えたので、よく食べてます。(yonさん)

腸内の菌に必要な"エサ"って?
優秀食材キノコが菌活の救世主に!?

「菌活」習慣にもうひとつ重要なことは、菌を元気にするために「菌のエサ」も一緒に体内に摂り入れること。そこで積極的に食べたいのが、腸内の菌のエサになる「食物繊維」。しかし1日に摂りたい食物繊維の目標量18~20gに対し、日本人の平均の摂取量は15gと、足りていない人が多いのが現実のよう。そこで、菌のエサになる食品について、管理栄養士・金丸さんに伺いました。

読者のコメント

・キノコは値段も安定してますし、いつも何かしら買っています。これからは鍋の季節なのでさらに積極的に食べたいと思います!(めさん)
・納豆、お豆腐、ヨーグルトは毎朝食べてましたが、キノコはノーチェックでした・・・!明日のランチはキノコグラタンにします!(コキアさん)
・キノコは水溶性だけでなく不溶性食物繊維もとれるんですね。常に冷凍庫に舞茸をストックして使っています。(はなはなさん)
・しめじ、舞茸、エリンギが好き。健康によくて、価格も安いので、もっと取り入れたい!(みゃみゃさん)

お悩みキーワードから探す

そのほかの習慣・活動キーワードから探す

【特集】プチ不調や身体の悩みを解消!すこやかなココロとカラダへ

毎日がんばる働く女性にプチ不調や悩みはつきもの。そこでみんなが気になる健康法やグッズ、食材やドリンク、悩みの解決法やメカニズム、取り入れたい習慣などを専門家やプロのお話しとともにご紹介。自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく。オズモールはそんな“働く女性の保健室”のような存在をめざします

自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく過ごすためのヘルスケア特集。生理痛の対処法や生理休暇の実態など、なかなか人には相談しづらい生理痛の悩み・解消法について紹介します。

ILLUSTRATION/CHIKA SHIBA

  • LINEで送る

TOP