多くの女性が悩む生理痛。約6割以上の人が痛みや症状を抱えるこの悩み、どうしたらいい?

多くの女性が悩む生理痛。約6割以上の人が痛みや症状を抱えるこの悩み、どうしたらいい?

仕事の繁忙期や楽しみにしていたゴールデンウィークの旅行など、絶対に訪れてほしくないときにも、容赦なく襲ってくるのが生理痛。みんなはどうしている? どんなケアをしたらいいの? そんな疑問に応えて、頭痛や生理痛などの痛みに詳しい、脳神経外科医・伊藤たえさんにお話を伺った。

更新日:2019/04/14

約3分の2が生理痛に悩まされているという結果に

約3分の2が生理痛に悩まされているという結果に

オズモールで実施したアンケートによると、「生理痛で悩まされることはありますか?」という問いに対し、「常にある」が18%、「常にではないがよくある」が19%、「ときどきある」が28%という結果に。頻度の差はあれど、生理の際になんらかの症状・悩みを感じている人は、全体の約65%にものぼるという結果に。

特に多かった意見は、「仕事で忙しいときに生理痛で集中できなくて、うまく進まなかった」「外回りで外出先なのに、うずくまりたくなるほどおなかや頭が痛くなったりする」と、仕事中に感じる痛みへの悩み。能率が下がって無駄な時間がかかったり、痛みで動けなくて仕事の質が下がるなど、仕事への影響が気になる人は多いよう。

また、「レジャーなどアクティブに過ごすときに、気分が重くなって乗らない」「友達とご飯に行く約束を楽しみにしていたのに、食欲も元気もなくなった」など、レジャーや楽しい時間を邪魔されるのがつらいという意見も。仕事の日もレジャーのときも、大事な時間を痛みに左右されるのは、できれば避けたいけれど、どうにもならないときがある・・・という女性が多かった。

生理痛を予防するためのセルフケアをしたい!そんな人は体を冷やさないことが第一歩

生理痛を予防するためのセルフケアをしたい!そんな人は体を冷やさないことが第一歩

それでは、そんな大事な時間を生理痛に邪魔されないために、できることってある?「予防としては、まず体を冷やさないようにすることが大切です。入浴では、湯船にゆっくりつかって体を温めるようするといいでしょう」と伊藤さん。また、入浴や温熱カイロなどで体の外側から温めるだけでなく、日ごろからストレッチやウォーキングなどで血行を良くし、新陳代謝を上げておくこともおすすめだそう。血行が悪いと体の末端まで酸素や血液が十分届かなくなるので、手足や体が冷えやすくなる。そのため普段から軽めの動きで体を動かして血行をよくしておくことは、体を内側から温めることにもなるので、心掛けたい。

「また、食事は3食規則正しく食べるようにし、栄養バランスのとれた食事にするのも大事。特に生理前には、冷たい飲み物やアイスなどの体を冷やす食べ物や、辛みが強い香辛料など刺激物は避けたほうがいいですね」(伊藤さん)。健康的な食生活を基本にしつつ、体の内外、そして食事の面からも、体を温め冷やさないようにすることが大切なよう。

予防のケアは頑張っているけれど、大事なときに襲ってくる痛み・・・それでも痛いときは、どうする?

予防のケアは頑張っているけれど、大事なときに襲ってくる痛み・・・それでも痛いときは、どうする?

セルフケアで気遣っているけれど、それでも痛みがひどいときもあるもの。そんなときはどうすればいい?「日常生活に支障が出るほど痛みがある場合には、我慢せず鎮痛薬を内服しましょう。頭痛や生理痛は我慢していると、痛みの原因物質が増えて、痛みは強くなるばかりで、鎮痛薬でも痛みを抑えきれなくなることがあります」と伊藤さん。

しかしオズモールのアンケートでは、「飲み続けると効かなくなりそう」、「薬になれちゃう気がして、できるだけ我慢する」という意見も多く、「服用しない」という人も約40%存在した。できるだけ我慢したほうがいいの?
「正しい服用方法で飲んでいるなら、鎮痛薬が効かなくなるということはあまりありません。もちろん飲みすぎはよくありませんが、正しい用法、用量を守って服用すれば問題ないでしょう」(伊藤さん)。多くの人が持っている「薬は控えたほうがいいのではないか」という漠然としたイメージは、医学的には特に根拠はないよう。仕事や楽しい時間を痛みで台無しにしないために、自分に合う鎮痛薬を見つけておくのも、生理痛対策のひとつとして頭においておこう。

教えてくれた人

伊藤たえさん

脳神経外科、脳卒中専門医として、都内にて脳卒中や頭部外傷を中心に臨床診療に励む。仕事も育児もがんばるママさん女医。

【特集】プチ不調や身体の悩みを解消!すこやかなココロとカラダへ

毎日がんばる働く女性にプチ不調や悩みはつきもの。そこでみんなが気になる健康法やグッズ、食材やドリンク、悩みの解決法やメカニズム、取り入れたい習慣などを専門家やプロのお話しとともにご紹介。自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく。オズモールはそんな“働く女性の保健室”のような存在をめざします

こちらもおすすめ。ヘルスケアNEWS&TOPICS

WRITING/HIROKO KUROKI

  • LINEで送る