ブルーボトルコーヒー 清澄白河がリニューアル!ワークショップや量り売りなど店舗限定の新たなコーヒー体験も

ブルーボトルコーヒー 清澄白河 フラッグシップカフェ

2015年、日本初上陸を果たした清澄白河のブルーボトルコーヒーの1号店が、2019年10月にリニューアル。ハンドドリップやワークショップ、豆の量り売りなどここにしかない体験が揃う。さらに、店内席も拡大。大きな窓から光が射し込む気持ちいい空間で、コーヒーを味わう最高のひとときを過ごして。

更新日:2019/11/22

ブルーボトルコーヒー 清澄白河 フラッグシップカフェ

清澄白河のブルーボトルコーヒーの1号店が2019年10月にリニューアル。ハンドドリップやラテアートなどのワークショップや、豆の量り売りといった店舗限定の新たなコーヒー体験を提案。コーヒーは、旬の豆の個性を味わえるようシングルオリジンを中心に揃え、バリスタによるフルサービスで楽しめる。季節の素材を使ったスイーツとともに、極上の1杯を味わおう。

ブルーボトルコーヒー 清澄白河 フラッグシップカフェ

オープンキッチンでは、ハンドドリップのほか、サイフォンやネルドリップなどさまざまな方法でコーヒーを抽出する。

豆の量り売りは、その季節の旬に合わせて7種ほど揃う。(100g972円から)

French & Dessert BON BONHEUR
左/季節のタルト 990円、シングルオリジンコーヒー 550円~、右/「MAKOO」とのコラボショッピングバッグS 5280円

店舗限定の季節のタルトがこちら。常時6種以上並ぶシングルオリジンコーヒーともよく合う。

地域に根差したアイテムも新登場。店のすぐ近くにアトリエを構えるリサイクルレザーブランド「MAKOO」とのコラボショッピングバッグS。地元のつながりが店の個性に。

ブルーボトルコーヒー 清澄白河 フラッグシップカフェ

住所
東京都江東区平野1-4-8
営業時間
8:00~19:00
定休日
なし
交通アクセス
清澄白河駅より徒歩7分
席数
47席
※オズマガジン2019年12月号『日本橋・再発見!』の記事を一部転載 
※掲載店舗などの情報は、取材時と変更になっている場合もございますので、ご了承ください

オズマガジン12月号は「日本橋・再発見!」特集

オズマガジンが東京で今いちばん注目している街が、日本橋。COREDO室町テラスの開業や、泊まる以外の使い方も楽しいユニークなホテルのオープンなどニュースもたくさんある一方、創業100年を超える老舗が今もなお活気づいている。新旧手を繋ぎ合って新たなムーブメントを起こしている日本橋特集をどうぞ。

発売日/2019年11月12日(火) 価格/700円

そのほか、カフェ&スイーツ情報を見る

  • LINEで送る