【人気のバストアップブラおすすめ9選】下着コンシェルジュに聞いたブラジャーの選び方も

女性にとって、バストをきれいに見せることは永遠のテーマ。下着ショップに行けば、さまざまなバストアップ機能を備えたブラジャーがずらり。一方で、ブラについてオズモール読者にアンケートを採ったところ、「以前はつけていたけれど、きつくてやめてしまった」「なかなか合うものが見つからない」という声も。今回は下着コンシェルジュ・山田奈央子さんにバストアップブラの役割や、選び方について教えてもらいました。

更新日:2021/02/19

今回お話を聞いたのは・・・
株式会社シルキースタイル代表取締役/下着コンシェルジュ 山田奈央子

株式会社シルキースタイル代表/下着コンシェルジュ。上智大学卒業後、大手下着メーカーの企画、開発、MDを経験。女性に下着を楽しんでもらうために、セミナーや各種メディアを通じて下着のアドバイスを実施。また、ビューティーコンシェルジュとしても活動しており、コスメを扱いながら内面美と外見美の両方を追求している。著書に『下着の品格』(カナリア書房)、とっておきの「一着」さえあればいい(宝島社)などがある。

1.バストアップブラの3つの選び方

バストアップブラを選ぶときのポイントは「サイズ」「年代」「目的」の3つ。あなたに合う選び方を選択して、最適なバストアップブラを見つけよう。

1-1.ジャストサイズのものを選ぶ

バストをきれいに見せるためには、自分のバストにジャストサイズのブラジャーを選ぶことが必要不可欠。ワイヤーが当たって痛いものや、カップ上辺やブラの前中心が浮いていたり、アンダーバストが食い込んでいるものなどはサイズが合っていない証拠。

「きつすぎず、ゆるすぎず、着け心地のいいものを選びましょう。本当は、着けるたびにストラップも微調整するのがベスト。毎日、ブラジャーを着けるときに鏡の前に立って、サイズ感や正しく着けられているかをチェックすることをおすすめしています」(山田さん)

1-2.年代に合わせて選ぶ

「年齢と共に女性の体は変化します。バストをきれいに保つためには、若いうちから自分に合うブラジャーを身につけることと、自分の体の変化に敏感でいることが重要です」と山田さん。

バストの内部を構成するのは、乳腺や脂肪、それを支えるクーパー靭帯。乳腺の割合が多く若い世代のバストはハリがあり、バージスライン(バストの円周)もくっきりとしていて理想的な形。

ところが、年齢とともにホルモンバランスが変化することでハリや弾力が失われ、バスト全体が柔らかくなる。ハリや弾力がなくなるとデコルテ部分がそげたり、バージスラインがゆるくなる、バストが脇や背中に流れる、全体的に垂れるなどの変化があらわれるように。普段着けているブラが合わなくなってきたなと感じたら、サイズや形を見直してみて。

20代

バージスラインがくっきりしていてバストの位置も高い20代は、バストがいちばんきれいに見える年代。この世代向けのブラジャーはバージスラインの形が狭いものが多く、1段ホックやサイドベルトが細かったりと、ホールド力はやや弱め。バストの形を崩さないよう、自分のバストのボリュームに合ったサイズのものを選んで。

30代

デコルテのボリュームや、バスト全体がハリがなくなって柔らかくなったりと、少しずつ体の変化が気になる時期。妊娠・出産を経てバストの形の崩れを意識する人も。体の変化に合わせて、バージスラインもなだらかになり始めているので、ワイヤーの形がゆったりめに作られたブラジャーを選ぼう。

40代~

ホルモンバランスが崩れやすくなり、ボディライン全体にハリがなくなってたるんだり、脂肪がつきやすくなるなどの変化が。年々、バストを支える力が弱くなっているので、ブラジャーもホールド力を高いものを選びたい。ワイヤーの形が広めで、2~3段ホック、アンダーベルトが高めのものなどがおすすめ。

1-3.目的から選ぶ

現在、さまざまなブランドからバストアップ機能を備えたブラが発売されている。「サイズアップしたい」や「形をキープしたい」など、目的に合わせて選ぶのがベスト。基本的にはどのブラジャーも試着して、着け心地やフィット感、“なりたいバスト”が実現しているかをチェックしてから購入しよう。

サイズアップしたい

おすすめは、サイドベルトが幅広で、脇や背中の“ハミ肉”をしっかりキャッチして、寄せ集める機能があるタイプのブラ。カップの内側に立体的なパットやパワーネット、リフトアップパネルなどが内蔵されているものなど、さまざまなタイプが売られている。

谷間を作りたい

ドレスアップするときや、デコルテ部分が広くあいた服を着るときには谷間メイク機能のあるブラを。厚めのパッドが入っているものや、3/4カップのもので、フロント部分が低いものがおすすめ。左右にバストが広がっている人は、バージスラインが広めのものを選んで。

美しい形をキープしたい

バストが大きい人や、ハリがなくなって下垂気味のバストにお悩みの人は、バスト全体をすっぽり包み込んでホールドするフルカップタイプがおすすめ。3段ホック、サイドやアンダーベルトが太いデザインのものはよりキープ力がアップ。左右のバストが離れている人には、中心部に寄せる効果も。

2.編集部がおすすめするバストアップブラ9選

数あるバストアップブラのなかから、編集部が選ぶおすすめの9アイテムをご紹介。オズモールの読者に人気の高かったバストアップブラや、実際にそのアイテムを愛用している人の口コミも参考にしてみて。

編集部おすすめバストアップブラ

LuLu Kushel.

くつろぎ育乳ブラ

S〜3L 3938

おすすめポイント

・バストアップサロンのオーナーが監修
・「フロントホック設計」で初心者でも使いやすい
・ノンワイヤーで肩のストラップが太め

バストアップサロンのオーナーが監修した育乳を促すバストアップブラ。

軽い着け心地ながら、しっかりバストを支える。

「フロントホック設計」なので、バストを寄せ上げ感を調整でき、はじめて使用する人でも使いやすい。ちょうどいい強さで寄せ上げて、離れや垂れのない上向きバストに導く。

また、サイドの「フィルムボーン」が背中や脇にお肉が流れるのを防ぐため、丸く美しい形のバストをキープする。

ノンワイヤー、肩のストラップ部分が太めなので負担がかからず、寝苦しさもない。肩が凝りやすい人にもおすすめ。カラーは5色展開。サイズは7種類の展開。

p-Grandi

PG-Bra

XS~LL 6050

おすすめポイント

・アンダーや背中、脇肉のはみ出しを防ぐ
・「ソフトワイヤー」が寄せたバストをしっかりホールド
・背中もすっきりとした印象に整える

バスト専門サロンの知見を活かし、6つの特殊構造による機能性と、美しいデザインを両立したバストアップブラ。

「脇高構造」「ソフトワイヤー」「クロス構造ベルト」など、バストラインを整えるための機能を複数搭載。さまざまな角度からバストを支えるから、着けたときの美しい状態をしっかりキープする。

安定した着け心地で安心感がある。独自の「パワーネット構造」で脇肉のはみ出しや背中の段差を防ぐから、背中もすっきりとした印象に整える。4色のカラー展開。サイズもSS~LLまで5種類の展開。

グラモア

自胸を育てるブラ グラモアブラ

A~G 5280

おすすめポイント

・背肉が乗るのを防いで、美しいシルエットに
・やさしい着け心地で、バストへの負担が少ない
・脇肉や背肉を入れ込んで、育乳を促す

バストへの負担を抑えながら、しっかりと美しい形をキープするバストアップブラ。

柔らかい素材を使用しているため、やさしい着け心地が魅力。

内向きのカップがバストを中央に引き寄せ、崩れを防ぐ。また、広めのワイヤー設計により、脇肉、背肉をカップ内に流して入れ込み、育乳を促す。

さらに、バックベルトにゴムを使わない設計なので、段差ができにくいのも嬉しい。サイズによって、ホックの数が変わる仕様なので、無理な締めつけによる背肉が乗るのを防ぎ、美しいシルエットに導く。14色のカラー展開。

ブラデリスニューヨーク

イージーナイトブラ

B~G 4180

おすすめポイント

・寝ている間もしっかりホールドして補正する
・バストの浮きを軽減する
・ヨガやストレッチ時にも使いやすい

寝ている間に、育乳補整を促してくれるバストアップブラ。

伸縮性の高い「ソフトファイバー生地」を使用することで、身体にフィットしやすく、締めつけ感のない使い心地。

「クロス設計」により、寝ている間のバストの広がりを防いで、寝返りをしても美しい形をキープする。

また、カップのカーブを内側にすることで、バストの浮きを軽減し、しっかり補整してくれる。

ヨガや軽いストレッチのときにも使いやすい。4色のカラー展開。サイズは7種類の展開。
口コミ / レビュー

・素材が気持ちいい。キツくないけど程よいキープ力。ネットで見て気になったので購入。(30代 女性)
・程よいキープ力で、キツくない。安定感があり、洗濯機で洗える。(30代 女性)
・やわらかいつけ心地。締めつけが苦手な人に向いている。(40代 女性)

ラディアンヌ

リフトアップ美胸ブラ

A~F 2490

おすすめポイント

・カップの下部に厚いパッドを使用し、自然にリフトアップ
・フロントホックなので、美しい形をキープする
・2本の「サイドボーン」で胸肉や背肉が目立ちにくい

産後や授乳後に下垂したバストを整えて、育乳を促すバストアップブラ。

カップの上部は薄く、下部は厚めのパッドを内蔵することで、自然なバストの引き上げを実現。

また、「フロントホック」の設計により、バストを中心に寄せて高さを出すことで、美しいシルエットに導く。

さらに、2本の「サイドボーン」を入れた設計により、胸肉や背肉をしっかりカップ内に収める。カラーは7色展開。

エクサブラ

Deux

C~F 10230

おすすめポイント

・大胸筋が鍛えられ、上向きバストに導く
・胸肉や背肉を自然にバスト内に押し込む
・ハリや弾力を与えて、美しいバストに整える

大胸筋を整えて育乳を促し、美しい形に導くバストアップブラ。

「3Dワイヤー」が密着度を高めて、ワイヤーの圧迫感を軽減。やさしい着け心地なので使いやすい。

特許を取得した「リフトアップパネル」を採用し、バストを引き寄せて、大胸筋に働きかけることで、バストアップ効果が期待できる。

さらに、「サイドパネル」「ストッパーボーン」により、流れがちな胸肉や背肉を自然にバスト内に収める。ハリや弾力がなくなってきたと感じる人におすすめ。10色のカラー展開。

HEAVEN Japan

夜寄るブラ+Plus

XS~3LG 3080

おすすめポイント

・バストをやさしく包み込み、しっかり寄せてくれる
・伸縮性のある生地を使用し、フィットして着け心地がいい
・通気性がよいメッシュ素材で、乾くのも早い

寝ている間にバストをやさしく支えて、しっかり寄せてくれるバストアップブラ。

ノンワイヤー設計、背中のレースに伸縮性のある生地を使用しているので、着け心地がいい。

本来のバストの形を保ち続けることで、横流れを防いで、きれいなバストラインに導く。レース調のエレガントなデザインで女性らしさがアップ。

また、メッシュ素材を使用しているため通気性がよく、洗濯も楽。6色のカラー展開。

Kanael

ハグミー

S~L 4708

おすすめポイント

・全方位美しいバストラインに導く
・横流れを防いで、背中や脇のお肉をバストに寄せる
・ふっくらとした丸みのあるバストに整える

着用するだけで、どの角度から見ても整った形に仕上げるバストアップブラ。

人間工学に基づいて調整した加圧によって、背中や脇についた余分なお肉をバストにしっかり寄せる。きれいな谷間とふっくらとした丸みのあるバストをキープする。

また、伸縮性のある素材でできているため、寝返りなどのバストに与える衝撃も緩和し、型崩れを防止する。3色のカラー展開。

ラディアンヌ

リフトアップスウィートヴァージン

A~G 2990

おすすめポイント

・はじめてバストアップブラを使用する人にも使いやすい
・余分なお肉をしっかり寄せて、美しい上向きバストに
・バストをしっかりホールドして、横流れを防ぐ

はじめての育乳活動におすすめの使いやすいバストアップブラ。

2本のサイドボーンが、背中や脇の余分な肉をしっかり寄せてくれるから、本来の形を取り戻して、美しい上向きバストに導く。

また、バストラインをきれいに整えたら、「3列4段ホック」と「脇高ワイドベルト」でしっかりホールドし、お肉がはみ出るのを防ぐ。

しっかり補正しながら、育乳を促してくれるアイテム。6色のカラー展開。

3.バストアップブラの役割

バストを支える“クーパー靱帯”をしっかりサポートしてくれる

自分のバストに対してコンプレックスを抱いている女性は意外と多いのでは? そんなお悩みを解消してくれるのが、バストアップブラ。山田さんによると、バストアップ効果はもちろん、バストにまつわるさまざまなお悩みを解消する役割があるという。

「バストは乳房全体に張り巡らされたクーパー靭帯に支えられています。クーパー靭帯は繊細で、揺れや重力がかかると切れてしまうんですが、バストアップブラには、このクーパー靭帯をサポートする機能が備わっています」(山田さん)

4.みんなのバストアップブラ事情

オズモール読者にバストアップブラを「使っている人数」「使ってみた感想」のアンケートを実施。みんなのバストアップブラの事情を知って、買うときの参考にしてみよう。

4-1.バストアップブラを使っている人はどのくらい?

アンケートに答えてくれた806名のうち、実際にバストアップブラを使用している人は44名、「興味はあるが使用したことはない」と答えた人が377名。日中やドレスアップするときだけでなく、寝ているときにつけている人も多いよう。中には、以前はつけていたけれどいまいちフィットしなかったり、きつくて辞めてしまったという人も。

「寝るときにバストアップブラをつけていると、バストがつぶれて苦しいかも・・・。また、きついのは自分のバストの形に合わないブラをつけていることが原因かもしれません」と山田さん。

4-2.バストアップブラを使ってみた感想は?

バストアップブラに期待するのはもちろん、サイズアップや、垂れ&離れたバストをきれいに見せる効果。実際につけている人からは「形がキレイ、スタイルがいいねと褒められた」(tomokoさん)、「服を着た状態でも明らかにバストトップの位置が上がっているのがわかるので気分がよい」(Yさん)などの感想が寄せられた。

一方で「自分の体型に合えばキレイに見えるが、なかなかお気に入りが見つからない。価格の幅が広く、高価な物にはなかなか手が出せない」(アヒルさん)という声も。

5.バストアップブラに関するQ&A

下着コンシェルジュ・山田奈央子さんが、みんなのバストアップブラについての疑問にお答え。

夜寝るときもブラをつけたほうがバストアップするの?

寝返りなど寝ている間の“揺れ”は、バストを支えるクーパー靱帯が切れてしまう原因のひとつ。バストアップ効果というよりも、より長くきれいなバストの形をキープするために、寝ている間もブラジャーを着けるのがおすすめ。ただし、日中と同じワイヤー入りのものはリンパの流れが滞ってしまうため、ワイヤーの入っていない専用ブラを選んで。

痩せている人もブラをつけたほうがいいの?

どんな体型の人も、年齢やホルモンバランスの変化に合わせて同じようにバストも変化するので、できればブラジャーをつけて過ごすのがよい。ワイヤーが当たって痛い場合は、ソフトワイヤーのブラや、小さめバスト向けにつくられたブラジャーなども販売されているのでチェックしてみて。

今回お話を聞いたのは・・・
下着コンシェルジュ・山田奈央子さん

株式会社Silky Style代表。“下着を通して女性をハッピーに!”をコンセプトに、下着セミナーを開催するほか、さまざまなメディアでも活躍中

  • LINEで送る

WRITING/MINORI KASAI

TOP