ビハキュア「薬用美白クリーム」の口コミや効果は?リアルな体験談も紹介!

年齢を重ねるとともに、シミやしわ、乾燥などが気になっているという人も多いのでは。エステサロンなどでもケアはできるが、高額で時間もかかるため通いづらいのが悩みどころ。そこで今回は、うるおいを与えながら、シミやそばかすを防ぐスキンケアアイテム・ビハキュア「薬用美白クリーム」を実際にレビュー。成分や使用方法、口コミなども紹介しているので、購入時の参考にしてみて。

更新日:2020/09/10

1.ビハキュア「薬用美白クリーム」とは?

ビハキュア「薬用美白クリーム」は、どのような成分が美肌をめざすサポートをしてくれるのだろうか。

ここでは成分と効果について詳しく解説。ビハキュア「薬用美白クリーム」を購入しようか迷っている人はぜひチェックしてみて。

DATA

商品名:ビハキュア「薬用美白クリーム」
価格:2980円(初回限定価格)/ 9980円(単品通常価格)
内容:32g

2つの美白有効成分が、シミやそばかすを防ぐ

ビハキュア「薬用美白クリーム」は、2つの美白有効成分「ハイドロキノン誘導体」「トラネキサム酸」を配合し、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぐ。

また、紫外線などの外的ダメージによって活性化される「プラスミン」をおさえる。

天然由来の美容エキスが、肌にうるおいを与える

ビハキュア「薬用美白クリーム」には、厳選された天然由来エキスが配合されているため、日常のダメージから肌を守り、肌トラブルを未然に防ぐ。

「スクワラン」「メドウフォーム油」「水添大豆リン脂質」が肌にうるおいを与え、「アロエエキス」「天然ビタミンE」「酵母多糖末」が肌を保護して、すこやかに保つ。

また、「チンピエキス」「ウメ果実エキス」「シルバーパイン果実エキス」が、肌を引き締めて、キメを整えてくれる。

6つのフリー処方で、肌にやさしい使い心地

ビハキュア「薬用美白クリーム」は、着色料、鉱物油、アルコール、パラベン、香料、紫外線吸収剤が不使用の6つのフリー処方で、肌への負担が少ない。

また、肌にやさしい使い心地なので、デリケートな肌の人にも使いやすい。

2.ビハキュア「薬用美白クリーム」の使い方

1.化粧水や乳液の後に使用する

ビハキュア「薬用美白クリーム」は、普段使っている化粧水や美容液、乳液などの後に使うのがおすすめ。パール1~2粒のクリームを手に取り、額・あご・両ほほ・鼻の5箇所に置く。

両手を使い、顔の中心から外側に向かって、顔全体にやさしくのばす。力をいれすぎたり、こすらないようにするのがポイント。

最後に、両手のひらで顔全体を包み込むようにしながら、じっくりとクリームをなじませる。

2.とくに気になる部分には重ね付けをする

顔全体に塗ったあと、気になる部分には重ね付けをするとさらに効果的。必要量を指先にとり、置くようにやさしく重ね付けする。

強くこすったり、押したりせずに、丁寧に乗せていくのがポイント。朝晩2回の使用を毎日続けて、30日で1本使い切るくらいたっぷり使用するとよい。

3.使用した読者の口コミ・レビューをチェック

ビハキュア「薬用美白クリーム」は、どんなところが人気を集めているのだろうか。実際に使用したことのある読者の口コミを紹介。購入しようか悩んでいる人はぜひ参考にしてみて。※口コミはOZmall読者アンケートから抜粋

・少しずつ理想の肌に近づいている気がする。ただ、価格が高いので継続するのが難しい。(30代 女性)

4.【読者が体験】ビハキュア「薬用美白クリーム」を実際にレビュー

化粧ノリのよい、乾燥くすみの気にならない肌に!

肌全体の乾燥が気になりメイクが上手く決まらなかったり、最近になって急に肌の黄ぐすみが気になっている私。

そんなとき「ビハキュア」の存在を知り、口コミや評判がよさそうだったので、試しに「20日間」使ってみました。

実際に使ってみた使用感を詳しく紹介していくので、自分に合う美白クリームかどうかチェックしてみてください。

【体験者プロフィール】
・OZネーム:ゆみょ
・年齢:25歳
・性別:女性
・肌のタイプ:乾燥肌
・肌の悩み:口元のくすみや黄ぐすみ、顔全体の乾燥

メイク前に使用すると化粧ノリがアップ

朝と夜に「ビハキュア」を使用していましたが、朝に使用するとメイク前に適したちょうどいい感じの保湿された肌になるので好きです。そして、その後に塗る化粧下地もするすると伸び、よりベースメイクが密着して、乾燥崩れや化粧崩れの起きにくい肌に。

ハンドクリームのような軽い質感なので、どんな肌タイプでも使いやすいと思います。毎日使い続けることで肌のキメが整い、ハイライトを入れなくてもツヤッと輝く肌に。

シミやくすみに集中アプローチして、明るい印象の肌に

クリームがこってりしすぎないので、シミやくすみなどの気になる部分には塗り重ねることで集中的にケアできるのが嬉しいです。

朝はスキンケアの最後に「ビハキュア」を使用し、今以上に日焼けによるダメージを受けないよう日焼け止めも合わせて塗ることで、紫外線から肌を守りながら気になる部分を集中ケアし続けてくれるという安心感がありました。その結果、乾燥で全体的にくすんでいた肌が保湿され、少しずつ透明感と明るさが出てきたような気も。

もったいないからと1回の使用量を少なくしたり、朝晩塗り続けたりしないと効果を感じにくいので、毎日使用量を守りながら続けることがポイントだと思います。

肌が敏感なときでも使える

肌がとても乾燥しているときでも、「ビハキュア」は心置きなく使えました。

また、スキンケア後の手に残ったクリームはハンドクリームとして手になじませると、ほどよく保湿されてしっとりします。

普段からハンドクリーム代わりに使用することもありますが、手が潤いで包まれることで、透明感がアップしてキレイに見えます。手は年齢が出やすくさまざまなダメージを受けやすいので、いつまでもキレイな肌をキープしていけるよう、一緒にケアをしていきたいです。

  • LINEで送る

PR/株式会社ヘルスアップ
※美白(ホワイトニング)とはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果のこと

TOP