人気のおすすめトリートメント27選【2020年最新版】美容師に聞いたアイテムの選び方も

傷んだ髪の内部に栄養分を浸透させて補修する役割のトリートメント、みんなはどうやって選んでる? 今回は表参道の美容室「APIS beauty and cure」のディレクター・中野士郎さんに聞いた、自分の髪質や髪の状態に合ったトリートメントの選び方を紹介。編集部おすすめの27アイテムや、トリートメントの種類、シリコンインとノンシリコンの違い、サロンケアとホームケアの違いなどタメになる情報をたくさんお届け!

更新日:2020/05/26

1.みんなのトリートメント事情

オズモール読者にコンディショナーの「選ぶときに重視していること」「買う場所」「買うときの予算」のアンケートを実施。みんなのトリートメント事情を知って、買うときの参考にしてみよう。

1-1.トリートメントを選ぶときに重視していること

トリートメントを購入する際に重視しているのは、自分の髪質に合っているか、髪の悩み・トラブルに合っているかがほぼ同数。「カラー、縮毛矯正をしておりダメージが気になる」(ボニータさん)、「以前髪質に合わないトリートメントを使用して、髪がパサついたので、髪質に合うかは重視しています」(まどかさん)。また、香りも大事なポイント。「苦手な香りだと不快なので使う気すらしない」(ふくろうさん)、「気分転換になるので良い香りで癒されたい」(すずさん)。

1-2.トリートメントを買う場所

トリートメントを購入する場所は、おもにドラッグストアがメイン。ただ、コンディショナーに比べてヘアサロンでの購入者の多さが目立った。「行っている美容室でそのトリートメントを使用していたから」(シンバルさん)、「髪質が痛みやすく、地肌も敏感肌なので担当美容師の方と毎回相談して決めている」(みっちゃさん)、「改善策として美容院でアドバイスをもらい、気に入ったら購入している」(ぱんださん)のように、美容師さんの鶴の一声は重要!

1-3.トリートメントを買うときの予算

トリートメント1本あたりの値段はだいたい1500円~2000円代周辺。「毎日使うので、使い続けられる価格であるか重視する」(ねこさん)、「日常使いするものなので価格も許容範囲までにしたい」(はる22さん)、「あまり高いものだと続けられないので、価格重視」(こんさん)というのがリアルな意見。また「多少高くても信頼できるブランドで、効果が高いことを重視。サロン専売品もネットだと少し安く買える」(めっちゃんさん)という有益な意見もあった。

2.トリートメントの選び方

トリートメントを選ぶときのポイントは「種類」「髪質」「髪の状態」「仕上がり」「シリコンの有無」の5つ。あなたの目的に合う選び方を選択して、最適なトリートメントを見つけよう。

2-1.種類から選ぶ

トリートメントと一言にいっても、その形状はさまざま。インバストリートメントはクリーム・ミルクタイプがほとんどだけど、アウトバストリートメントに至ってはほかにもオイルタイプ、ミストタイプなども。種類がたくさんあって、どのように使い分けたらいいのかわからないという人も多いのでは。ここからはそれぞれどういった特徴があり、どういう髪型の人に向いているのかをレクチャー。

クリーム

クリームタイプは髪に適度な水分と栄養を与えてくれるアイテム。髪のまとまりがよくなるので、くせ毛やダメージヘアに悩んでいる人におすすめ。髪質に合ったテクスチャーを選べばスタイリング剤としても使用可能なものも。

ミルク

ミルクタイプはオイルよりも水分を含んでいるので、髪の水分量を整えるのに役立つ。キューティクルの内側に浸透して傷んだ髪を内側から補修する効果があるので、ダメージヘアに悩んでいる人におすすめ。

ジェル

ミルクやクリームタイプより髪にさっとなじむのがジェルタイプ。保湿効果に優れていて、やわらかい質感を髪に与えてくれるのが特徴。髪がよく絡んでしまう人はジェルタイプでさらっと仕上げてみて。

オイル

オイルタイプは油分が多いので、重みのある仕上がりに。髪の広がりを抑えてまとまりやすい髪に仕上げてくれる。手触りがよく、表面のツヤも出やすいので、髪の乾燥が気になる人におすすめ。

ミスト

ミストタイプは霧状のトリートメント。スプレー式になっているので、さっと振りかけるだけで軽いスタイルに。手軽にさらっとした質感に仕上げることができる。軟毛で髪がペタっとなりやすい人におすすめ。

スプレー

スプレータイプは、ミストタイプと同じ。髪にさっと振りかけるだけでトリートメント効果をプラスしながらスタイリングもできてしまう優れもの。手に直接つける必要がないので使いやすい。

2-2.髪質から選ぶ

トリートメントを使用するといつも髪の毛がぺたんこになってしまう・・・。そんなあなたは、トリートメント選びを間違っているのかも。トリートメントにもさまざまな種類があり、自分の髪質に合ったトリートメントを選べば、トリートメントの補修効果に加えて、今までの髪の悩みをできてしまうかも! 細くやわらかい髪、太くてかたい髪、毛量、くせ毛など、さまざまな髪質ごとに最適なインバス・アウトバストリートメントをまとめました。

細い・やわらかい

細くやわらかい人は、油分の少なく、水分が多いインバストリートメントをチョイスして。アウトバストリートメントはミスト・スプレータイプがおすすめ。さらっとした仕上がりで軽めのスタイルに仕上がる。

太い・かたい

太くてかたい人は、油分が多めで重ためのインバストリートメントを使うとしっとりした仕上がりに。アウトバスもオイルタイプを選ぶことで、ツヤツヤのきれいなスタイルを楽しむことができる。

量が多い・ボリュームがでてしまう

量が多くボリュームが出てしまう人は、水分が多いモイスチャートリートメントがおすすめ。アウトバスは、ホホバオイルやアルバンオイルなどの植物性オイルを多く配合しているオイルタイプで、膨らむのを抑えてまとまる髪に。

量が少ない・ぺたんこになる

量が少なくぺたんこになる人は、ノンシリコントリートメントでハリやコシを出して。アウトバスは軽めのオイルタイプやミルクタイプでキューティクルの保護を。指通りよく、絡みにくい髪に導いてくれる。

くせ毛

くせ毛が気になる人は、アクアバランスを維持できるトリートメントで保水力を高めつつ補修を。空気中の水分で髪のくせやうねりが出てしまうことがあるから、アウトバスは髪の外側から余計な水分を吸収しないよう、オイルタイプのトリートメントでしっかりガードしよう。

普通・悩みはない

髪質が普通でとくに悩みがない人は、基本的に何を使ってもOK。こだわりがなければ一般的なクリーム・ミルクタイプのインバストリートメントを使おう。とくにダメージで困っているわけではなくても、アウトバストリートメントでドライヤーの熱から髪を守ろう。べたついたり重くならないミストタイプがおすすめ。

2-3.髪の状態から選ぶ

トリートメントを使うからには、やっぱり髪に抱える問題を解消してきれいな美髪をめざしたいもの。毎日トリートメントを使っているのに、ダメージが解消されなかったり髪がまとまらないあなたは、トリートメント選びに問題があるかも。とくにカラーやパーマでダメージがひどかったり、髪が広がってしまう人には、それぞれの髪の状態に合ったトリートメントを選んでこそ、やっと最大限の補修効果が得られるってわけ! 自分の今の髪の状態に合ったトリートメントは何なのかチェックしてみて。

カラーやパーマで傷んでいる

カラーやパーマで傷んでいる状態には、植物性オイルのトリートメントを。ホホバオイル、アルガンオイル、シアバターなどダメージ補修に最適な成分が入っているか成分表ををチェックしてみて。

広がる・まとまらない

広がってまとまらない状態には、オイルタイプのトリートメントが最適。ドライヤーやアイロンを使う際にも、事前に塗布してコーティングしておけば髪を熱から守ってくれる。仕上がりはツヤツヤ。

ベタついている

髪のベタつきが気になるようなら、オイル系のトリートメントは避けて。ミスト・スプレー系のアウトバストリートメントを選んで軽さを出すようにしよう。インバストリートメントを使用する際は、洗い流しをしっかり!

2-4.かなえたい仕上がりから選ぶ

ショートだからサラサラな仕上がりにしたい、ロングだからツヤ感を重視したい。そんな風にレングスやその日の気分によって、理想の仕上がりイメージは変わるもの。そんなときはトリートメントの出番かも。トリートメントは選び方次第で、なりたい理想の髪型に近づける手助けをしてくれる便利なアイテム。ここからは「サラサラにしたい」とき、「ツヤツヤにしたい」とき、「しっとり・まとまる髪にしたい」ときに使うといい理想的なトリートメントをご紹介。

サラサラにしたい

サラサラに仕上げたい人は、インバスはノンシリコントリートメントを使用することで軽い仕上がりをめざして。アウトバスはミスト・スプレー系のトリートメントをふりかけるとよりサラサラ質感に。

ツヤツヤにしたい

ツヤツヤに仕上げたい人は、油分が豊富なオイルタイプを。なかでも植物性オイルのアウトバストリートメントは、髪の内部までうるおい成分が浸透して髪を美しく仕上げてくれるのでおすすめ。スタイリング剤として仕上げに使おう。

しっとり・まとまる髪にしたい

しっとりまとまる髪にしたい人は、水分の多いモイスチャートリートメントをチョイス。保湿成分が髪の内部にまでしっかりとうるおいを補修してくれるので、乾燥によるパサつきや広がりを抑えてくれる。

2-5.シリコンイン・ノンシリコンから選ぶ

よく表記を見てみると、トリートメントには“シリコンイン”と“ノンシリコン”の2タイプあるけれど、それって一体何が違うの? もちろんシリコンが入っているかいないかの違いってことはわかるけど、使用感にも差があるの? など、気になることが多い“シリコン”。そもそもシリコンとはコーティング成分の一種で、トリートメントの機能には欠かせないもの。ただケミカルなものなので、オーガニック志向の人にはノンシリコンが注目されているのだそう。ではそれぞれの選び方、決め手はなんなのか、その疑問はここで解決!

シリコンイン

シリコンイントリートメントは、しっとりとまとまりのある髪型に仕上げたいときに最適。シリコンがキューティクルに付着しコーティングしてくれるので、手触り感とツヤ感が格段にアップするのが特徴。

ノンシリコン

ノンシリコントリートメントは、細くやわらかい髪質の人向き。ダメージを補修しながらハリ・コシを出してくれる。敏感肌で頭皮があれやすい、フケが出るなど、トラブルが起こりやすい人も一度ノンシリコンを使ってみて。

3.【市販】人気のおすすめトリートメント20選

オズモール読者に向けたアンケート調査から人気の市販トリートメントをピックアップ!全20アイテムと口コミを紹介しているので参考にしてみて。

編集部おすすめトリートメント

LUX

スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修トリートメント

180g 712(Amazon)

おすすめポイント

・ダメージを集中的にケア
・なめらかでまとまる髪へ
・朝摘み果実とウォーターブロッサムの香り

毛髪補修成分の「アルギニン」「リシンHCl配合」が、傷んだ髪にダイレクトに浸透するトリートメント。ダメージ部分に集中的にアプローチすることでなめらかな髪へ導き、広がりを抑える。

保湿成分「ホホバ種子油」「ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム」「加水分解ヒアルロン酸」を配合。髪内部までうるおいをチャージ。カラーやパーマのケミカルダメージが気になる人におすすめ。

朝摘み果実とウォーターブロッサムをイメージした香りでリラックスできる。

口コミ / レビュー

・程よく強すぎない香り、指通りのなめらかさが自分の髪に合ってるように思う。(30代 女性)
・しっとりとまとまり感のある仕上がり。指通りもよく、ふんわりとして、香りもやさしく、毎日使えるトリートメント。(50代 女性)
・髪のパサつきがおさえられて、しっとりした触り心地になった。くせ毛が少しおさまっている気がする。(30代 女性)

TSUBAKI

プレミアムリペアトリートメント

180g 935(Amazon)

おすすめポイント

・サロン帰りのような美しい髪へ
・ダメージ補修成分を従来の2倍配合
・フローラルフルーティーの香り

サロン帰りのようなさらさら髪へ導くトリートメント。サロントリートメント技術から発想を得た浸透テクノロジーを採用。「ローヤルゼリーエキス」などの美容成分が芯まで浸透し、髪の内側にうるおいを与え、保湿する。

改良を重ね、「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」「アルギニン」などのダメージ補修成分を従来の2倍配合。毛先までまとまる髪へ。ダメージが気になる髪には、毎日使い続けるのが効果的。

みずみずしく上品なフローラルフルーティーの華やかな香り。

ジョンマスターオーガニック

R&Aヘアマスク

148ml 4840

おすすめポイント

・週2回のスペシャルケアに
・枝毛や切れ毛を防ぎ、しっとりまとまる髪へ
・フレッシュローズの香り

「ダマスクローズ」の花びら約8700枚分のフローラルウォーターを配合し、スペシャルケアにぴったりのトリートメント。優れた浸透性を持つ補修成分の「アプリコットオイル」「キノア種子エキス」が、ダメージ部分に吸着し素早く浸透。傷んだ髪をケアして、枝毛や切れ毛を防いでくれる。

「バラの中の女王」とも呼ばれるダマスクローズの上品で華やかな香りに心もリラックス。特別な日の前日ケアや、週に2回程度のスペシャルケアトリートメントにおすすめ。

口コミ / レビュー

・髪のパサパサや痛みがなおり、ツヤが出て、髪がまとまりやすくなった。(30代 女性)

パンテーン

エクストラダメージケア デイリー補修トリートメント

150g 543(Amazon)

おすすめポイント

・ダメージがあったことを忘れるような、なめらかな髪に
・髪保護成分が髪を均一にコーティング
・枝毛や切れ毛が気になる人に

髪に密着する濃厚な使用感が特徴で、ダメージ毛を集中ケアするトリートメント。「ビスアミノプロピルジメチコン」などの髪保護成分が髪を均一にコーティング。髪内部にうるおいを与えながら、表面を保護してツヤのある髪に。

保湿成分「リシンHCI」「ヒスチジン」を配合し、ダメージがあったことを忘れるような、毛先までうるおったなめらかな髪へ導く。枝毛や切れ毛が気になる髪のデイリーケアにおすすめ。

口コミ / レビュー

・毎日使用してもべたつきがなくサラサラで指通りがいいし、価格も高くないので家計にやさしい。(50代 女性)
・乾燥を抑えてくれて、髪をしっとりさせてくれパサつきによる広がりが少ないと思う。香りも万人受けする香り。値段が安いのでコスパはいいと思う。(40代 女性)
・女性らしいいい香りで、使うと髪がしつとりまとまる。コスパがよいので、毎日つかえる。(30代 女性)

資生堂

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク

230g 1078

おすすめポイント

・やわらかくなめらかな仕上がり
・髪の1本1本をコーディングし、しっとり感を与える
・グレースフローラルの香り

配合成分の「アルギニン」が髪の傷んだ部分に吸着ケアするトリートメント。

「ローヤルゼリーエキス」「疑似セラミド」「ソルビトール」といった保湿成分も豊富に配合し、ゴワついた髪を、柔らかくなめらかに仕上げる。

とろけるテクスチャーが髪に素早くなじみ、髪の1本1本をコーティング。指通りよく、しっとりとした質感。とくに傷んだ髪のケアにおすすめ。髪につけた後、時間を置かずに流せるのが嬉しい。

グレースフローラルの香りでトリートメントが癒しの時間に。

口コミ / レビュー

・手頃な価格で買いやすい、使った後は髪の毛の触り心地がよくなる気がする。(30代 女性)
・髪がしっとりするし、女性らしい香りもいい。価格も手頃なので続けやすい。(30代 女性)
・一度の使用で効果が感じられる。指通りがよくなり、広がりも少し抑えられているような気がする。(30代 女性)

ロレアル

エルセーブ エクラアンぺリアル インバス エクストラオーディナリー オイル

180g 991(Amazon)

おすすめポイント

・シルクのようなツヤ髪へ導く
・ツヤを1日中キープ
・天然由来の保湿成分を配合

独自技術の「シャインミラーテクノロジー」を採用したトリートメント。髪の表面を整え、鏡のように光を反射するツヤ髪へ。まばゆいほどのツヤを1日キープしてくれる。

「フレンチローズオイル」をブレンドした天然由来の保湿成分「カニナバラ花エキス」を豊富に配合し、うるおってなめらかな、シルクのような髪へ導く。

パサついてまとまらない髪や、広がるクセ毛の人におすすめ。南仏グラース地方で生まれたローズの高級感あふれる香り。

いち髪

なめらかスムースケア トリートメント

180g 641(Amazon)

おすすめポイント

・摩擦によるダメージから髪をまもる
・和草プレミアムエキスを配合
・山桜の香り

摩擦によるダメージを防ぎ、使うたび痛みにくい髪へ導くトリートメント。絡まりを防ぎ、指通りのなめらかな髪に仕上げる。

「コメヌカ油」「コメエキス」「サクラ葉エキス」などの和草プレミアムエキスを配合し、傷んだ髪にうるおいを与え、さらなるダメージから保護する。

硫酸系界面活性剤が不使用だから、髪や頭皮にやさしい。洗練された可憐な山桜の香りがみずみずしく広がる。

BOTANIST

ボタニカルトリートメントモイスト

490g 1540

おすすめポイント

・乾燥やパサつきが気になる髪に
・天然由来の植物成分90%配合
・アップル&ベリーの香り

天然由来の植物成分90%配合のボタニカルトリートメント。保湿成分「マカデミア種子油」「ダイズ由来脂質」、毛髪補修成分「セラミドNG」「ナノヒアルロン酸」などが配合され、髪の内部からうるおいに満ちたツヤのある髪に導く。

パサつきや髪の広がりを抑え、しっとり仕上げたい人におすすめ。天然由来の成分にこだわっているため、頭皮にもやさしいから、敏感肌でも使いやすい。

アップル&ベリーの香りで華やかな気分に。

口コミ / レビュー

・香りもよく、パッケージも可愛く、使う度に気分があがる。(30代 女性)

モイストダイアン

パーフェクトビューティー エクストラダメージリペア ヘアマスク

150g 968(Amazon)

おすすめポイント

・パーマやカラーで傷んだ髪におすすめ
・きしみ感のないなめらかな髪へ導く
・髪内部のケアを重視

髪内部のケアを重視しているトリートメント。「サボテン」「マンゴー」など、11種類以上のオーガニックオイルが髪に浸透し、なめらかに保湿する。補修成分の「アミノケラチン」がダメージ部分に素早く吸着し、アミノ酸不足の髪内部にうるおいを与え、健康的な髪をめざせる。

とくに傷んだ髪や、パーマやカラーでケミカルなダメージを受けた髪におすすめ。週2〜3回のスペシャルケアでも効果が期待できる。髪の内側からうるおう、毛先まできしまない髪へ。

口コミ / レビュー

・雑誌でおすすめしていたので使ってみた。髪のボリュームを押さえてくれて、しっとりする感じ。(50代 女性)
・香りはいい。シャンプー後に毛先にとくにもみ込み、その間に洗顔と身体を洗う。使用しないよりは効果があるように思う。(40代 女性)
・使用感、香り、効果、パッケージ、全て満足。コスパもよい。(40代 女性)

DHC

Q10美容液 トリートメント EX

500ml 1870

おすすめポイント

・ハリやコシ不足に着目した美容液設計
・ボリュームアップし、イキイキとした髪に
・ローズやピオニー、洋ナシの香り

ハリやコシ不足の原因に着目した美容液設計のトリートメント。「コエンザイムQ10」「アセチルヒアルロン酸Na」「マリンコラーゲン」などの6種類の美容液成分をブレンドして配合。保湿とダメージケアによって、根元からふんわりとしたボリュームのある若々しい髪へ近づける。

髪を構成する要素のひとつ、「ケラチンエキス」も配合し、毛先までまとまりのあるなめらかな質感に。ローズやピオニーの上品な香りに洋ナシのアクセントが効いた、フレッシュな香りも魅力的。

ザ パブリックオーガニック

スーパーリフレッシュ シャンプー SMS

220g 1698

おすすめポイント

・天然由来成分95%以上配合
・しっとりまとまるツヤ髪へ
・爽やかな柑橘調の香り

天然由来成分を95%以上配合している、精油と植物の力を凝縮したトリートメント。オーガニック成分「ヒマシオイル」「ムルムルバター」の濃厚な植物オイルが髪を保湿し、髪1本1本をコーティング。

また、「オーガニックシアバター」「コメヌカエキス」が髪のダメージを補修。うるおいを与えながら、まとまりのあるしなやかな髪へ導く。「オレンジ精油」と「ユーカリ精油」の100%精油の香りで心もリフレッシュ。

シリコン、パラベン、鉱物油などが不使用のフリー処方、低刺激で頭皮にもやさしい。ゴワついてまとまらない髪におすすめのしっとりした仕上がり。

口コミ / レビュー

・香りがよく、見た目もおしゃれ。髪の傷みが気になるので使っている。(20代 女性)

ロクシタン

ファイブハーブス リペアリングヘアマスク

200ml 4620

おすすめポイント

・アンジェリカを中心とした5種類のハーブを配合
・毛先までなめらかな髪へ
・アロマティックハーブの香り

5種類のハーブを配合したトリートメント。ツヤとうるおいを与える「アンジェリカ」、髪をまとまりやすくする「ゼラニウム」などの美容ハーブをバランスよくブレンドして、髪をいたわる。

頭皮を引き締める「スウィートオレンジ」も配合し、髪だけでなく頭皮も同時にケア。また、補修成分の「アベナストリゴサ種子エキス」「レシチン」が髪に浸透し、髪内部のダメージにアプローチしながら毛先までなめらかな健康的な髪に導く。

うっとりするアロマティックハーブの香りで癒しのバスタイムを。

口コミ / レビュー

・いろいろと使ったがさらさら感、櫛通り、香り、自分の髪にあっている感じがする。(50代 女性)

ディアボーテ

オイルイントリートメント(リッチ&リペア)

200g 860(Amazon)

おすすめポイント

・高濃度プレミアムヒマワリオイルEX配合
・うねりやすい髪を扱いやすく
・エレガントフローラルの香り

「高濃度プレミアムヒマワリオイルEX」を配合し、ダメージを補修しながら、髪の広がりを抑制し、毛先までまとまる髪へ導くトリートメント。

また、ヒマワリ由来成分が髪の水分バランスをキープするから、湿気でうねりやすい髪にもおすすめ。髪の表面と内部の両方からアプローチする「ゆがみケアシステム」処方で扱いやすい髪へ。

硫酸系界面活性剤が不使用で、髪や頭皮にやさしいのも魅力。エレガントフローラルの香りで心も元気に。

エッセンシャル

リッチダメージケア トリートメント

180g 551(Amazon)

おすすめポイント

・30秒トリートメント
・うるおいのあるさらさらの髪へ
・「ラノリン脂肪酸」を配合

濃密なテクスチャーが、髪にすばやくなじんで密着するダメージケアトリートメント。髪内部に素早く浸透するため、すぐに流してもケアできる「30秒トリートメント」が特徴。忙しい毎日を送る人でもさっとケアできるのが嬉しい。

また、髪を構成する成分に近い「ラノリン脂肪酸」を贅沢に配合し、髪にうるおいを与えながら表面を包み込み、ダメージから保護してくれる。うるおうのにベタつかず、なめらかでさらさらな髪へ導く。

ジュレーム

サテンスリーク ヘアマスク

230g 1320(Amazon)

おすすめポイント

・ダメージとうねりをダブルでケア
・翌日の夕方までしっとりツヤのある髪へ
・保湿成分を贅沢に配合

高級スキンケア発想のトリートメント。浸透性の高い保水・補修型アミノ酸の「エクトイン」を配合し、髪のケラチン構造を整え、髪ダメージを補修する。リッチなうるおいで、うねりや広がりも抑制。

保湿成分「モイストサージエッセンス」「アマモエキス」なども贅沢に配合し、しっとりとまとまる髪へ導く。また、ドライヤーの熱に反応する「ヒートグロスシルク」がツヤ感をアップ。

指通りなめらかで、夕方までしっとりツヤのある髪が続く。ベタつかず軽やかな洗い上がりも嬉しい。

いち髪

ナチュラルケアセレクト モイスト ヘアパック

180g 1102(Amazon)

おすすめポイント

・傷んだ髪の集中ケアに
・毛先までうるおってまとまる髪へ
・シトラスフローラルの香り

うるおい集中ケアできるトリートメント。厳選和草エキス「米ぬか」「ツバキ」「ゆず」などの保湿成分を使用した、天然由来成分90%以上のこだわり設計。「米ぬか」と「あんず」の2種類のリペアナチュラルオイルがダメージを補修し、毛先までうるおいのあるツヤ髪に導く。

合成着色料、硫酸系界面活性剤が不使用で頭皮や髪にやさしく低刺激だから、敏感肌の人にも使いやすい。また、乾燥や摩擦によって傷んだ髪にもおすすめ。100%天然由来のシトラスフローラル香料がフレッシュに香る。

SABON

ヘアマスク 3in1 グリーン・ローズ

200ml 4840

おすすめポイント

・アウトバスヘアクリームとしても使える
・うるおってつややかな髪へ
・グリーンローズの香り

3つの使い方ができるトリートメント。通常のトリートメントのほか、3分間じっくり置くヘアマスクとして使うと贅沢な仕上がりに。さらに、アウトバスヘアクリームとしても使用可能。適量をなじませるとパサつきを抑えてくれる。乾いた状態と濡れた状態、どちらでも使える。

保湿成分として「スクレロカリアビレア種子油」「クランベアビシニカ種子油」などのボタニカルオイル配合。使い続けるほど、うるおいに満ちた輝く髪へ導いていく。

豊かな緑とローズの、透明感あふれる爽やかな香り。

ハニーチェ

クリーミーハニー ヘアマスク

200g 990

おすすめポイント

・生ハチミツと生クリームのうるおいケア
・あらゆるダメージをケアして予防
・甘く爽やかなハニーの香り

うるうるな髪へ導く、濃密テクスチャーのトリートメント。保湿成分として配合した「ハチミツ」「加水分解ハチミツタンパク」がダメージを補修し、保護してくれる。また、保湿成分の「生クリーム(乳脂)」が髪にうるおいをチャージする。

「シア脂」「γ-ドコサラクトン」などの毛髪ケア成分も配合し、紫外線や熱、パーマやカラーといった、あらゆるダメージをケア&予防してくれる。

ハチミツにベルガモットやミルクがほんのり混ざった心がときめく香り。

口コミ / レビュー

・ほのかにはちみつの香りがしていいにおい。パッケージもはちみつをイメージしたかわいいフォルム。ダメージを補修してくれたり予防もしてくれるので傷んだ髪でもしっとりする。(30代 女性)

&honey

ディープモイスト ヘアパック1.5

130g 1100

おすすめポイント

・くせ毛やうねりを抑える
・保湿成分を豊富に配合し、保水力にこだわっている
・なめらかでパサつきのない髪に

くせ毛やうねりが気になる人におすすめのトリートメント。従来のシャンプー、トリートメント後の水分量が平均12%であるのに対し、洗い上がり14%の保水力にこだわっている。

そのため、配合されている成分の90%以上が「ハチミツ」や「ローヤルゼリー」などの保湿保護成分という設計。

また、保湿成分「モロッカンオーガニックオイル」、湿気ケア成分「γ-ドコサラクトン」も配合し、髪にうるおいを与えることでなめらかで乾燥を防ぐ髪に仕上げる。

このアイテムをつけた後に同シリーズの「ディープモイスト ヘアトリートメント2.0」を重ねてつけることで、保水力をより高めてくれる。

口コミ / レビュー

・今まさに使っている。シャンプー後使い、そのまま洗い流さずにコンディショナーができるので、子供とお風呂に入る身としては時短になってありがたい。(30代 女性)
・一番好き。香りはもちろん、サラサラになる。(20代 女性)
・大好きなはちみつの香りでとても癒された。ドラッグストアで購入できて、リーズナブルなのに効果が感じられる。(40代 女性)

エイトザタラソ

リッチコート&ハイモイスト 美容液ヘアマスク

200g 1540

おすすめポイント

・深刻なダメージも集中補修
・髪をうるおいでコーティング
・週1〜2回のスペシャルケアにも

ブリーチを繰り返したハイダメージ毛も集中ケアして補修するトリートメント。濃厚なテクスチャーで髪に密着。髪1本1本のキューティクルを補修し、リッチなうるおいでコートする。

幹細胞エキスなどを独自配合した「タラソ幹細胞成分」が髪の深くまで浸透し、ダメージを受けて空洞化した髪をケアしてくれる。さらに保湿成分「リンゴ幹細胞」「セラミドNG」なども配合し、しっとりまとまる髪へ導く。

合成着色料、石油系界面活性剤が不使用のやさしさも特徴。週1〜2回のスペシャルケアにもおすすめ。

4.【サロン系】人気のおすすめトリートメント7選

オズモール読者に向けたアンケート調査から人気のサロントリートメントをピックアップ!全7アイテムと口コミを紹介しているので参考にしてみて。

編集部おすすめトリートメント

ミルボン

オージュア アクアヴィア ヘアトリートメントモイスト

250g 4180

おすすめポイント

・まとまりにくいクセ毛に
・毛髪の水分量を均一に導く
・なめらかな仕上がり

水分の偏りに着目した成分設計でクセ毛に悩む人のためのサロン専売トリートメント。クセ毛によって髪がうねり、まとまりにくい人におすすめ。

水を多く抱える成分「トリプロピレングリコール」が、髪の内部に浸透し水分バランスを均一にする。水分量を均一に整えることで、まとまって扱いやすい髪へ近づけてくれる。

浸透しやすい極小の「アルカンオイル」を配合し、髪の内部へ入り込み、ゴワつきがちなくせ毛をなめらかに仕上げる。毛先までしっかり揉み込んで使用するのがおすすめ。

AVEDA

インテンシブ リストラクチュアリング トリートメント

150ml 4730

おすすめポイント

・植物の力を凝縮したトリートメント
・ダメージを受けた髪の集中ケアに
・フレッシュにブレンドしたアロマの香り

パーマやカラーでダメージを受けた髪を集中補修してくれるトリートメント。クオリティの高さからサロンでも取り扱われているアイテム。植物由来タンパク質の「キノア種子エキス」が髪の内側まで浸透しダメージをケア。

「オオムギエキス」などの植物ベースの保湿成分も配合。髪の表面のキューティクルを保護することで、うるおいを閉じ込める。枝毛や切れ毛を防ぎ、しっとりさらさらな髪へ。

オーガニックの「イランイラン」「マンダリン」「ベルガモット」などの植物エキスをブレンドしたアロマの香りで気分もリフレッシュ。

ルベル

イオ クリーム メルトリペア

200ml 1760

おすすめポイント

・髪の類似脂質を補う「CMCカクテル」でツヤ感アップ
・毛先までしっとりまとまる髪へ
・ローズグリーンの香り

毛先までしっとりまとまる髪へ導くサロン専売トリートメント。髪の類似脂質を補う「CMCカクテル」がツヤを与え、保湿成分の「ハチミツ」がうるおいを補充。また、「ジステアリルジモニウムクロリド」「シヒドロキシプロピルアルギニンHCI」が髪を保護する。

進化型テクノロジー「疎水化コントロール」採用で、ケア成分を毛先まで均一に届ける。しっとりまとまって扱いやすい髪へ。落ち着いたグリーンローズの上品な香り。

デミ

ヘアシーズンズ トリートメント モイスチャー

250g 2860

おすすめポイント

・ダメージを感じている髪に
・髪の保湿力をアップ
・普通〜太い髪用

ダメージやパサつきのある髪のためのサロン専売トリートメント。髪にうるおいを与える「アセロラエキス」「アミノ酸」「ヒアルロン酸」に加え、毛髪保護成分の「加水分解卵殻膜」を配合。髪の保湿力をアップして、うるおいに満ちた髪へ導く。

髪を健康的な状態に保つpHコントロール成分「リンゴ酸」が毛髪に最適な弱酸性へ戻す働きも。ゴワつきがちな普通〜太い髪の人で、ダメージが気になっている人におすすめ。シトラス、フルーツノート、フローラルブーケの爽やかでフルーティーな香り。

ラ・カスタ

アロマエステ ヘアマスク35

230g 2200

おすすめポイント

・植物の力でみずみずしい髪へ
・しっとりまとまる仕上がり
・フローラルハーブの香り

植物の力をたっぷり詰め込んだトリートメント。サロンでも取り扱われている優れたアイテム。

オーガニック成分「アルテア根」「セージ葉」などのハーブエキスや、「アボカドオイル」「シアバター」が髪のダメージをケア。髪を保護し、ダメージから守る働きも。

また、「ローズマリー」「ティートゥリー」などをブレンドしたエッセンシャルオイルがうるおいを与えて、なめらかな髪に仕上げる。

同ブランドのシリーズの中でも「35」はしっとりした仕上がり。乾燥してまとまりにくい髪の人におすすめ。フローラルハーブの香りも心地よい。

ナプラ

N.SHEA トリートメント モイスチャー

240g 3080

おすすめポイント

・キューティクルを内部からケア
・超高圧処理を施した植物オイルを配合
・しっとり指通りのよい髪へ導く

キューティクルを内側からケアするサロン専売トリートメント。髪をコーティングするだけでなく、「サンフラワーセラミド」が浸透し、キューティクルを内側から補修するこだわりの処方。

超高圧処理を施し浸透しやすくなった3種の植物オイルや、保湿成分「フラーレン」「マジョラムエキス」を配合。髪の内側にうるおいを閉じ込める。

さらに、毛髪柔軟成分として「発酵セイヨウナシエキス」「ヨーグルトエキス」を配合し、しっとりとまとまる髪へ導く。

ローランド

O-WAY モイストヘアマスク

150ml 3520

おすすめポイント

・乾燥毛、多毛、太毛の人向け
・髪にうるおいと栄養をチャージ
・ハチミツ、バニラ、オレンジのアロマの香り

乾燥した髪や、多毛、太毛の人のためのサロン専売トリートメント。「バイオダイナミック」「ヘーゼルナッツ」などの成分が髪に栄養を与え、柔らかく仕上げて、扱いやすい髪に。

「フェアトレードムルムルバター」がキューティクルを補修し、パサついた髪にツヤをプラス。また、「オーガニックハチミツ」がより輝きを与える。

高い保湿力で髪の内側までうるおいで満たし、水分と栄養をキープ。枝毛を予防しすこやかなまとまる髪へ導いていく。天然由来の香料を使用した、ハチミツ、バニラ、オレンジのアロマが甘く香る。

口コミ / レビュー

・オーガニックであり効果が高く香りもよくて美容師さんおすすめなので間違い無いと思う。(40代 女性)

5.正しいホームケア方法

インバストリートメントは髪の内部に浸透させてダメージを補修する役割があって、アウトバストリートメントはそれに加え外部もしっかり守ってくれるアイテム。2つをしっかり使いこなせれば毎日のケアで美しい髪が手に入れられるはず。でも、そんな毎日のヘアケアに欠かせないトリートメントだけど、正しい使い方をしないとしっかり効果が発揮されていないかも。ここではインバス、アウトバスそれぞれのトリートメントの正しい使い方やポイントをレクチャー。今日から実践してみて!

5-1.インバストリートメント編

1.洗髪後はしっかり髪の水分を切る

シャンプー後、毛先までしっかり水を切ることが大事。濡れている髪はとても傷つきやすくなっているから、しぼったり摩擦がおきないように注意して。手のひらを合わせるように髪を挟んでいくと、摩擦がおきにくくしっかり水が切れる。

2.トリートメントを塗布

トリートメント量はミディアムで500円玉くらいを意識し、レングスと毛量により量を調整して。頭皮にトリートメントがつかないように気を付けながら、中間から毛先にかけて塗っていこう。

3.髪をとかす

まずはジャンボコームでコーミングして、髪全体にトリートメントが行き渡るようになじませる。いきなり目の細かいコームを使うと髪がからまったり摩擦がうまれてしまうことがあるので、大きめのコームがおすすめ。全体に行き渡ったら、細かいコームに変えてやさしくゆっくりコーミングするとより効果的。

4.トリートメントを浸透させる

コーミングした後、毛先をしっかり揉み込んだら、3~5分放置して浸透させて。このときバスルームがしっかり温まっていると浸透度もアップ。タオルやラップなどで髪をくるんで温める必要はないけれど、背中や首につかないようにまとめて横に流したり、くるんであげると肌トラブルを回避できそう。

5.トリートメントを洗い流す

最後は洗い流し。きしみやぬめりを感じないくらいに流すのがベスト。実は、トリートメントは多少洗い残しがあっても大丈夫。ただ、頭皮や肌に残っていると、肌トラブルの原因になってしまうこともあるので注意が必要。しっかり洗い流せば軽く、流しすぎないようにすればしっとり仕上がるので、好みに合わせて調節してみて。

5-2.アウトバストリートメント編

1.ていねいにタオルドライ。

まずは髪に水分をしっかり染み込ませるように、タオルで抑えながら水分を切って。このときも摩擦で髪を傷つけないように注意して。

2.アウトバストリートメントを塗布

使用方法をきちんとチェックして、書かれている適量分を手に取って手のひらの上で伸ばす。きちんと手のひらの上で伸ばすのは、ムラなく塗布するための重要なポイント。

3.トリートメントをなじませる

ダメージが多い毛先からトリートメントを付け、中間も毛先同様になじませる。毛穴が詰まったり、肌トラブルを起こさないためにも、頭皮にはつかないように注意して。

4.ドライヤーで髪を乾かす

コーミングしてトリートメントを均一に行き渡らせたらドライ。自然乾燥はダメージにつながるので、絶対にドライヤーを使ってしっかり髪を乾かして。

5.気になったときにも乾燥ケアを

日中にパサつきが気になるようなら、ミスト・スプレータイプのアウトバストリートメントも併用してみて。日差しや乾燥でパサ付きがちな髪に水分を補って、1日中美しくまとまる髪をキープしよう。

6.トリートメントに関するQ&A

美容室「APIS beauty and cure」のディレクターの中野士郎さんが、みんなのトリートメントについての疑問にお答え。

サロンのトリートメントとホームケアのトリートメントの違いはなに?

トリートメントは髪の内部に栄養を補給しキューティクルを保護するためのもの。とくにサロンのトリートメントは、美容師さんによるスペシャルケア。一人ひとりの髪質やダメージに合わせて配合や工程をカスタイマイズしてケアできるので、髪の変化を実感できるのが魅力です。効果は長くても3~4週間程度なので、定期的なサロンケアがおすすめです。一方、毎日の自宅でのセルフケアも大切。市販のヘアケア製品はいろんな人の髪に合うように作られているアイテムが多いので、サロンでのケアよりも劇的な効果を感じることは少ないですが、自分の髪に合ったアイテムを使って家でもしっかりケアをすることが、髪のいい状態をキープするためには大切です。

洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの違いは?両方したほうがいいの?

洗い流すトリートメント(インバストリートメント)は、お風呂でシャンプー後に使い最後に洗い流すもの。トリートメントのほか、ヘアマスク、ヘアパックと呼ばれるものもあり、すべて基本的に髪の内部に浸透してダメージを補修する効果があります。洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメン)は、タオルドライ後、ドライヤーを使う前に使用するので熱から髪を守る効果も。手触りをよくしたりツヤ出しにも最適。この2つのタイプのトリートメントは用途が違うので、併用がおすすめです。

洗い流す(インバス)トリートメントは毎日したほうがいい?効果的な使用方法は?

インバストリートメントは、コンディショナーも使用しているなら週に2~3回でOK。ただし、コンディショナーの代わりにインバストリートメントのみを使用しているならシャンプー後毎日使うようにしましょう。よりトリートメントの効果を発揮させるためには、手ではなくちゃんとコームを使ってトリートメントを髪全体に行き渡らせること。目の粗いコームでなじませるようにとかすとより効果的。フェイスラインや前髪、こめかみ、もみ上げなどは細かい毛をケアする場合は、細かいコームで。その後しっかり手で揉み込むように浸透させるのも大切なポイントです。

今回お話を聞いたのは・・・
美容室「APIS beauty and cure」のディレクター・中野士郎さん

「APIS beauty and cure」代表。ディレクター、カラーリスト、スパ二スト。都内有名サロン勤務を経て独立。カラーリストやスパ二ストの資格も取得し、サロンワークのほか、撮影やセミナーで全国を飛び回っている。

■APIS beauty and cure(アーピス ビューティ アンド キュア)
モデルさんや女優さんを数多く担当しているMINXのディレクター2人がOPENした話題のサロン。髪質に合わせて調合するブレンドシャンプー、骨格を見極め魅力を引き出すカットなど、個性や悩み向き合う姿勢に、もう一度通いたいと思わせてくれる。ダメージ、抜け毛、グレイヘアに対しても予防策も提案。日当たりのよい開放的な空間とスタッフのおもてなしに心癒されて。

  • LINEで送る

WRITING/DAISUKE WATANUKI

TOP