【11月末からが見頃】ライトアップやコンサートの開催も!都内で楽しめる紅葉スポット4選

都内で楽しめる紅葉スポット2018

杉並区立大田黒公園

朱色や黄金色に色付き美しい光景が広がる紅葉シーズンは、彼とのデートや女友達とのお出かけにぴったり。そこで、休日や会社帰りに立ち寄れる“都内の紅葉スポット”を厳選してご紹介します。水面を彩る美しいライトアップや、樹齢100年以上を超える大イチョウの並木道など、編集部おすすめの絶景が楽しめる庭園&公園はこちら。

更新日:2018/11/13

六義園

11月中旬~12月上旬が見頃/特別名勝に指定される大名庭園で、水面に映える幻想的な紅葉を堪能

江戸時代から名園とされ、昭和28年に国の特別名勝にも指定されている「六義園」。実は紅葉の名所としても有名で、毎年「紅葉と大名庭園のライトアップ」を開催している。庭園の池「大泉水」にライトが灯ると、水面には朱色に色付く木々が映り込み、その光景はうっとりときめくほど幻想的。

また、もうひとつの見どころが山陰橋の周辺で、モミジが圧巻の景色を楽しませてくれる。ゆったり園内で過ごしたい人には、三福団子やおでんが販売される期間限定の「もみじ茶屋」、抹茶と和菓子がいただける「抹茶茶屋」に立ち寄るのもおすすめ。

今年で18回目を迎えるライトアップは、2018年11月17日(土)から12月9日(日)までとなっているので、秋の風流なお出かけを楽しんでみては? 期間中は21時までの開園で、会社帰りのデートにもぴったり。

六義園

「紅葉と大名庭園のライトアップ」
期間/2018年11月17日(土)~12月9日(日)
ライトアップ期間の開園時間/9:00~21:00(最終入園は閉園の30分前まで)
ライトアップ時間/日没~21:00(最終入園は閉園の30分前まで)

「もみじ茶屋」
営業時間/10:00~20:30
場所/吟花亭跡付近
※荒天時休業の場合あり

「抹茶茶屋」
■吹上茶屋
営業時間/9:00~20:30(20:00LO)
■心泉亭
営業時間/平日12:00~20:00(19:30LO)、土日祝10:30~20:00(19:30LO)

住所/東京都文京区本駒込6-16-3
電話番号/03-3941-2222
入園料/一般300円、65才以上150円
最寄り駅/駒込駅

豊島区立目白庭園

11月中旬~下旬が見頃/イベントも盛りだくさん!和の空間から眺める鏡写しの紅葉ライトアップ

閑静な高級住宅地としても知られる目白で、ロマンティックな紅葉鑑賞を楽しんで。目白駅より徒歩5分の「豊島区立目白庭園」では、2018年11月23日(金)から12月2日(日)までの期間、「秋の庭園ライトアップ」を開催。園内の中央に位置する池には、赤や黄色に色付くモミジや色とりどりのライトが映り、まるで鏡を見ているかのような幻想の世界に・・・。

芝生広場の「庭園喫茶」でホットドリンクを購入し、体を温めながら美しい景色を眺めてみて。また、園内でいちばん眺めがよく庭園を一望できる数寄屋造りの「赤鳥庵」では、数々のイベントが開催されるのでこちらも必見。心と体をリラックスさせる「ライトアップを眺めながら和室ヨガ」、情熱的なスペイン音楽とともに紅葉を堪能する「スペインの響き~スパニッシュギター演奏会~」など、魅力的なラインナップ!

豊島区立目白庭園

「秋の庭園ライトアップ」
期間/2018年11月23日(金)~12月2日(日)
ライトアップ期間の開園時間/9:00~21:00(最終入園20:30)
ライトアップ時間/17:30~21:00(最終入園20:30)

芝生広場 庭園喫茶
■日本茶(出店者/baisao_u)
期間/11月23(金)~11月25日(日)
■コーヒー(出展者/升尾珈琲-masuo coffee-)
期間/12月1日(土)
■グリューワイン(出店者/山紫町会)
期間/12月2日(日)

赤鳥庵
■「ライトアップを眺めながら和室ヨガ」
実施日/11月29日(木)、12月2日(日)両日とも18:30~20:00
■「スペインの響き~スパニッシュギター演奏会~」
実施日/11月30日(金)19:00~20:00
※どちらのイベントも申込先着順
※このほかにもイベントあり
※金額は入園料別、申込については公式サイトのイベント情報をご覧ください

住所/東京都豊島区目白3-20-18
電話番号/03-5996-4810(目白庭園管理事務所)
入園料/200円 ※未就学児無料
最寄り駅/目白駅

杉並区立大田黒公園

11月下旬が見頃/伝統楽器を用いたコンサートも。音楽家の屋敷跡地で風情あふれる紅葉散歩

大正から昭和にかけて活躍した音楽評論家・大田黒元雄氏の屋敷跡地につくられた日本庭園「杉並区立大田黒公園」。こちらも紅葉の名所で、昼、夜どちらの時間帯に訪れても魅力的な光景を楽しませてくれる。

門をくぐると約70mにも及ぶ園路があり、左右には樹齢100年を超える27本の大イチョウ並木が。黄金色に色付いた葉を眺めながら、風情あふれるお散歩を満喫して。鯉の泳ぐ池の周りにたどり着けば、真っ赤に染まる60本ものモミジに圧倒されるはず。

そして、2018年11月23日(金)から12月2日(日)までの期間は「紅葉ライトアップ」が行われ、日中とは異なる神秘的な景色に様変わり。池、「あずま屋」、モミジが織り成す絶景に心奪われること間違いなし。合わせて、茶室で開催する「抹茶と和菓子を楽しむ」、日本の伝統楽器“箏”を用いた「紅葉コンサート」もチェックして。

杉並区立大田黒公園

「紅葉ライトアップ」
期間/2018年11月23日(金)~12月2日(日)
ライトアップ期間の開園時間/平日9:00~20:00(入園は19:45まで)、土・日・祝9:00~21:00(入園は20:30まで)
ライトアップ時間/平日 日没から20:00、土・日・祝 日没から21:00

「抹茶と和菓子を楽しむ」
期間/2018年11月23日(金曜日)~25日(日曜日)、11月30日(金曜日)~12月2日(日曜日)
場所/茶室
費用/1回500円
申し込み/当日、直接会場へお越しください

「紅葉コンサート」(箏の演奏)
期間/2018年11月25日(日)、雨天の場合は12月2日(日)に順延
開催時間/15:00~15:40、18:30~19:10
費用/無料
場所/芝生地内

住所/東京都杉並区荻窪3-33-12
電話番号/03-3398-5814
入園料/無料
最寄り駅/荻窪駅

江戸東京たてもの園

11月下旬~12月上旬が見頃/ほのかな明かりに照らされて。レトロな建物と紅葉の心あたたまるライトアップ

休日のお出かけにぴったりなのが、東京・小金井市にある野外博物館「江戸東京たてもの園」。敷地内には歴史的建造物が建ち並び、タイムトリップしたかのような感覚を味わえる。こちらではほかの紅葉スポットとは一味違う、レトロで美しい情景を眺めることができる。

2018年11月23日(金・祝)から11月25日(日)の3日間「紅葉とたてもののライトアップ」を開催し、昭和17年に建てられ切妻屋根が特徴の「前川國男邸」や昭和27年に建てられた邸宅「三井八郎右衞門邸」など、木々とともに建物も照らし出す。照明デザイナー・岩井達弥氏によるほのかな明かりの演出に、心がほっこり癒されるはず。

また、大正・昭和の建築群が並ぶ「東ゾーン」では、25日限定で「時空影絵」と「リアル影絵」も。古き良き時代の街並みを投影するインスタレーション、影絵のプロジェクションも必見。

江戸東京たてもの園

夜間特別開園「紅葉とたてもののライトアップ」
期間/2018年11月23日(金・祝)~11月25日(日)
ライトアップ期間の開園時間/9:30~20:00(最終入園は19:30まで)
ライトアップ時間/16:30~20:00

インスタレーション「時空影絵」、ワークショップ「リアル影絵」
期間/11月25日(日)
開催時間/18:00~20:00
場所/東ゾーン
※申込不要、随時参加可能
監修:鈴木明(武蔵野美術大学教授)
制作実演:武蔵野美術大学建築学科、映像学科影絵組

住所/東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
電話番号/042-388-3300
入園料/一般400円、65歳以上200円、大学生(専修・各種含む)320円、高校生・中学生(都外)、中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童 無料
最寄り駅/武蔵小金井駅、東小金井駅、花小金井駅、最寄駅よりバス

WRITNIG/EMI YAMASHITA
※記事は2018年11月12日現在の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

  • LINEで送る