【ディズニー攻略】東京ディズニーシーで女友達と過ごすハロウィン!キュートな黒猫仮装&ダッフィーの秋グッズほか

東京ディズニーシー「ディズニー・ハロウィーン」女友達と巡るコースガイド

(C)Disney ※画像はイメージです

「ディズニー・ハロウィーン」開催中の東京ディズニーシーは、乙女心を満たすお楽しみがいっぱい。黒猫に変身できるキュートな仮装アイテムをはじめ、今年初開催のハーバーショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」、フォトジェニックなタピオカドリンクなど、気になるものばかり。さらにダッフィーの秋限定グッズもご紹介。オズモール編集部とオリエンタルランド広報が提案するコースガイドで、女友達とときめきの一日を。

更新日:2019/09/25

フェスティバル・オブ・ミスティーク

事前準備

■事前にチケットを購入
■入園後「フェスティバル・オブ・ミスティーク」鑑賞エリア抽選

パークチケットは、ネットからいつでも好きなときに購入できるサービス「ディズニーeチケット」を利用しておけば、当日、チケット窓口に並ぶ必要がなくらくちん。入園3カ月前~当日分まで購入可能で、スマホで入園できるからとっても便利なんですよ。

入園したら、「東京ディズニーリゾート・アプリ」から「フェスティバル・オブ・ミスティーク」の鑑賞エリア抽選を忘れずに。

スマートフォンケース

入園~ アメリカンウォーターフロント

■「マクダックス・デパートメントストア」でお土産購入

「ダッフィーたちの秋のぼうけん」がテーマの秋限定グッズを手に入れるべく、世界でいちばんリッチなアヒル、スクルージ・マクダックが経営する百貨店「マクダックス・デパートメントストア」へ。秋らしく深みのある色合いの「レインポンチョ」(M~Lサイズ、収納バッグ付き、4800円)や、各種スマートフォンに対応していてチロリアン風のテープがポイントの「スマートフォンケース」(3800円)など、気になるアイテムばかり!

キャップ、パーカー、ポシェット

9時半ごろ~ メディテレーニアンハーバー

■「エンポーリオ」で身に付ける系のグッズを購入
■「ウォーターフロントパーク」のデコレーションで記念撮影

ハロウィンシーズンなので、女友達とお揃い仮装を楽しんでみては? パークでいちばん大きなショップ「エンポーリオ」には、ファッション系のアイテムもたくさん揃っているんですよ。編集部のおすすめは、猫耳付きの「キャップ」(58cm、2800円)と、クモの巣プリントの「パーカー」(レディースS・M、各4900円)、ふわふわの「ポシェット」(2000円)。全身ブラックコーデのかわいい黒猫に変身して。アイテムを購入して身につけたら、さきほどのお土産と一緒にロッカーへ預けておきましょう。

プチ仮装をしたら、早速、ニューヨークの港近くに位置する公園「ウォーターフロントパーク」で撮影タイム。華やかで妖しいコスチュームを纏ったディズニーの仲間たちのフォトロケーションが登場しているので、とびきりフォトジェニックな写真を撮れますよ。

ケープコッド・クックオフのファーストプライズセット、スーベニアランチケース

11時ごろ~ アメリカンウォーターフロント

■「ビッグシティ・ヴィークル」にスタンバイ
■「ケープコッド・クックオフ」でランチ

過ごしやすい秋の季節は、ゆったりパークを散策するのも素敵。編集部のイチオシは、クラシックカーに乗りながらアメリカンウォーターフロントを周遊できる「ビッグシティ・ヴィークル」。レトロ気分に浸りながら、優雅にニューヨークの街並みを眺めてみて。

続いて、ダッフィー尽くしのランチを楽しみに「ケープコッド・クックオフ」へ移動。こちらのレストランのダイニングエリアでは、ショー「マイ・フレンド・ダッフィー」を眺めながら食事できるとっておきのスポット。さらに、タコミートがアクセントのハンバーガーを味わえる「ケープコッド・クックオフのファーストプライズセット」(1080円)は、プラス1200円で秋限定のスーベニアランチケース付きにすることも可能。

フェスティバル・オブ・ミスティーク

13時半ごろ~ メディテレーニアンハーバー

■「フェスティバル・オブ・ミスティーク」鑑賞
■「マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー」でドリンク購入

妖しくダークな世界へと誘われるハーバーショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」を鑑賞。メディテレーニアンハーバーの静かな港町・ポルトパラディーゾが舞台で、ディズニーの仲間たちは、突然現れた美しい女性たちの提案で、昔行われていたハロウィンの祝祭を復活させることに。幻想的な音楽とダンスで幕を開けると、彼女たちに誘われるがまま、港に伝わるというダンスを踊るミッキーたち。すると突然、雷が鳴り響き、炎や水柱が上がりはじめる。なんと、彼女たちの正体は海の魔女で、邪悪な魔王を復活させるために祝祭を利用していたのだそう。ミッキーは邪悪な力によって捕えられてしまい、片時も目が離せないストーリーに。ハロウィンならではのショーを堪能して。

ショーを存分に楽しんだあとは、「マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー」で販売されている「グレープタピオカティー」(500円)でリフレッシュ。グレープ味のタピオカとマスカットゼリーが入りで、デザート感覚でいただける一杯です。

“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック

15時半ごろ~ メディテレーニアンハーバー、ロストリバーデルタ

■「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」にスタンバイ
■「“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック」でグリーティング

メディテレーニアンハーバーのドックから出航している蒸気船「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」に乗って、ロストリバーデルタへ。

秘境ムードあふれるロストリバーデルタまでたどり着いたら、「“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック」で、ダッフィーとグリーティングを楽しもう。ラテンアメリカの伝統的な衣装を着たダッフィーと、写真を撮ったり、触れ合ったり、幸せなひとときがかなうはず。

アブーズ・バザール周辺のフォトスポット

17時半ごろ~ アラビアンコースト

■「キャラバンカルーセル」にスタンバイ
■「アブーズ・バザール」周辺のフォトスポット巡り

異国情緒が漂うアラビアンコーストは、フォトジェニックなスポットが多いと人気のエリア。宮殿の中庭にあるドーム屋根の「キャラバンカルーセル」は、日が落ちるとさらに幻想的な雰囲気が増して、あまりの美しさにうっとりしてしまう。ランプの魔神ジーニーやラクダに乗って砂漠の旅を満喫したあとは、建物を背景に写真を撮ってみて。

ジャスミンが描かれた美しい噴水やラクダなど、「アブーズ・バザール」の周辺はとくにフォトスポットが多いので、こちらにも足を運んでみてくださいね。

スペシャルセット

19時半ごろ~ メディテレーニアンハーバー、パークワイド

■「カフェ・ポルトフィーノ」でディナー
■「ナイトハイ・ハロウィーン」鑑賞

たくさん撮影したらお腹もペコペコ。地中海料理が自慢のダイニング「カフェ・ポルトフィーノ」で、ブラック尽くしの「スペシャルセット」(1880円)をいただいて。粗挽きビーフを煮込んだ竹炭入りビーフラグーソースのパスタと、ブラック・トルティーヤを飾ったサラダは、まるで魔女の食べ物みたい。仮装とおなじく、黒猫のチョコレートケーキも味わえますよ。

パーク遊びのラストを飾るのは、色鮮やかな花火を打ち上げる「ナイトハイ・ハロウィーン」。ハロウィンの音楽も流れるので、気分は最高潮!


※当日の状況により、このコースガイド通りに回れない場合があります
※ショーやパレードなどのスケジュールは公式サイトをご確認ください
※各エンターテイメント・プログラムは、公演回数が変更になる場合や、天候等の状況により内容が変更または中止になる場合があります
※スペシャルグッズ、スペシャルメニューは内容が変更、または売り切れとなる場合があります

【特集】東京ディズニーランド&東京ディズニーシーの「ディズニー・ハロウィーン」2019

【特集】東京ディズニーランド&東京ディズニーシーの「ディズニー・ハロウィーン」2019

東京ディズニーリゾートでは、2019年9月10日(火)~10月31日(木)の期間、秋恒例のイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催。東京ディズニーランドではミッキーとミニーが新コスチュームを披露するデイパレード「スプーキー“Boo!”パレード」、東京ディズニーシーでは初お披露目となるハーバーショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」など、ミステリアスで華やかなイベントでハロウィンを盛りあげる。そのほか、限定グルメやグッズ、コースガイド情報など最新情報を一挙ご紹介。
東京ディズニーランドのディズニー・ハロウィーン
東京ディズニーシーのディズニー・ハロウィーン
▼こちらもチェック!
東京ディズニーランドの攻略まとめ
東京ディズニーシーの攻略まとめ

---- おすすめ記事 ----

PHOTO/KAZUHITO MIURA(フェスティバル・オブ・ミスティーク)

  • LINEで送る