【ディズニー】ダッフィーのインテリア雑貨が登場!東京ディズニーシーの展示ルームがファンにはたまらない

ダッフィーの世界観に浸れる展示ルームが東京ディズニーシーに今だけ登場

(C)Disney

日本で生まれたふわふわのダッフィー。実は東京ディズニーリゾート35周年を記念して、受注販売だけの「ダッフィーインテリアシリーズ」が登場。ずっと座っていたくなるビーズクッション、なめらかな触り心地のマット、ダッフィーのフェイス型テーブルの3種類で、すべて揃えたくなるほどのかわいらしさ! 東京ディズニーシーに9月18日(火)まで期間限定で登場している展示ルームも合わせてご紹介。

更新日:2018/07/20

「ダッフィーインテリアシリーズ」展示ルーム

座って試すこともできる!東京ディズニーシーに展示ルームが出現

東京ディズニーシーへ足を運んだのなら、実際に「ダッフィーインテリアシリーズ」を間近に見ることができる展示ルームをまずはチェック! ヴィヴィッドな緑が目を引くおしゃれな雰囲気の中で、ビーズクッション、マット、テーブル、すべてのアイテムを眺めていると「自分の部屋もこうしたいな」という欲望にかられるはず。クッションは座ることができるので、ぜひ試してみてくださいね。ダッフィーファンにはたまらないお部屋となっています。

展示場所/東京ディズニーシー エントランス・カードバンキング(三井住友銀行)隣
展示期間/2018年7月10日(火)~9月18日(火)11:00~19:00
※展示ルームはイメージです

ビーズクッション

クッション、マット、テーブル、3種のアイテムを早速ご紹介

ぽってりとした見た目がキュートな「ビーズクッション」(幅約65×奥行約65×高さ最大約38cm、配送料込み22000円)。ほどよい硬さなので安定感もあり、リラックスして立ち上がりたくなくなるほど座り心地抜群。ダッフィーのぬいぐるみと同じ素材を使っている部分もあるので、まるでダッフィーの優しさに包まれているみたい!

マット

ダッフィーの顔と足型がデザインされた「マット」(縦約130×横約185cm、配送料込み24000円)は、なめらかな触り心地が気持ちいい。柔らかな色合いもかわいらしく、このマットがお部屋にあったら、ずっと幸せ気分を感じられそう。ごろんと寝転がったり、足を伸ばしたり、ずっとのんびりしちゃうかも!?

テーブル

お部屋のワンポイントになること間違いなしの「テーブル」(幅約75×奥行約50×高さ約40cm、テーブルの板厚約2cm、配送料込み20000円)。ダッフィーのキュートな顔がテーブルになっているなんて、思わず見入ってしまうかも。しっかりとした素材で作られていて、大人女子の部屋にもぴったりあいそう。

販売期間/2018年7月10日(火)~9月18日(火)

トートバッグ

こちらも気になる!愛すべき4人がデザインされた定番グッズも発売中

インテリアはもちろん、胸がキュンとなる愛らしさの「Duffy's Friendship Journey」シリーズにも注目してみて。

パスケース、ポストカードセット、フォトスタンド

ダッフィーとシェリーメイが、友達のジェラトーニとステラ・ルーに会いに行く様子をデザインしたアイテムは、持っているだけで心ときめくはず。

■たっぷり物を入れられる「トートバッグ」(高さ約29×幅約40×マチ約15cm、5500円)
■ひとつひとつカード入れポケットのデザインが異なる「パスケース」(縦約11×横約8cm、2500円)
■友達にいますぐ手紙を書きたくなる「ポストカードセット」(ケース縦約14×横約18×厚さ約1.5cm、ポストカード縦約10×横約15cm、10枚セット、2000円)
■大切な思い出を飾って「フォトスタンド」(縦約12×横約15.5cm~最大約21.5cm、3000円)

販売店舗/マクダックス・デパートメントストア
※通常販売
※デザインおよび価格などは、予告なく変更になる場合あり
※品切れの場合あり

【特集】ミッキーやミニーとクールに夏を楽しめる。東京ディズニーリゾートの夏イベント2018

東京ディズニーリゾートの夏イベント2018

今年もまた、東京ディズニーリゾートに夏がやってきた! 9月2日(日)までの期間、東京ディズニーランドではミッキーマウス&ミニーマウスたちと暑い夏をクールに楽しめる「ディズニー夏祭り」、東京ディズニーシーではディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界観を味わえる「ディズニー・パイレーツ・サマー」が開催され、ファンタジックなイベントで夏を盛り上げる。限定フードやグッズなど夏情報を一挙ご紹介。

---- おすすめ記事 ----

※デザインおよび価格などは予告なく変更になる場合があります
※品切れの際はご了承ください
※写真はイメージです
PHOTO/KAZUHITO MIURA

  • LINEで送る