いま、日本のバスケが熱い!4月10日(水)まで「B.FES 2019春」開催中!

更新日:2019/04/02

今年はアンバサダーとしてぽすくまも
「B.FES 2019春」を盛り上げる

“いまバスケで日本を盛り上げろ”をテーマに、2019年4月10日(水)まで、B.LEAGUE主催のイベント「B.FES 2019春」を開催中。今年のB.FESにはオズモール読者の中から選ばれたB.FESベストライターも初参戦! そこで今回は、各地のチーム・選手とファンが一体となって盛り上げるバスケットボールの祭典に、編集部が密着取材してきました。

「B.FES 2019春」は、年々盛り上がりを見せている日本のバスケットボールリーグ(B.LEAGUE)が卒業シーズンに開催する一大イベント。「バスケに、卒業はない。」をテーマに、参加クラブで統一した企画が各地で行われるほか、クラブ、選手、リーグが共通ハッシュタグ「#Bフェス」をSNSで積極的に発信している。さらに今年は、新しい出会いや別れを迎える人、そしてチーム・選手とファンの思いをつなぐべく、日本郵便の公式キャラクター“ぽすくま”がB.FESアンバサダーに就任。各チームの試合に駆けつけて応援したり、ファン投票で、今年最も活躍したマスコットを決定する「MASCOT OF THE YEAR 2018-19」で、各クラブのマスコットのサポートをしたりと大活躍!

B.FES ベストライターに選ばれた
オズモール読者3名に密着取材!

今年のB.FESの注目ポイントは、名作コミック「スラムダンク」作者・井上雄彦先生とのコラボレーション企画。オリジナルイラストがデザインされた各チームのテーマカラーTシャツ付きチケットをはじめ、スカイマークでは9月ごろまで同イラストとB.LEAGUEのロゴがデザインされた「B.LEAGUE JET」も運航されている。

今年は「Bフェス2019春」記者会見に参加したオズモール読者の中から“B.FES ベストライター”に選ばれた3名がライターとしてアルバルク東京 VS 名古屋ダイヤモンドドルフィンズの試合を観戦! 試合会場の熱気や、迫力満点の選手達のプレーに圧倒されながらも、試合に引き込まれていた模様。
3人は、キュートなぽすくまやアルバルク東京の公式マスコット“ルーク”との記念撮影も楽しみました。

「観客席とチームとの一体感は、生でしか感じられない臨場感!」(左)
「他のスポーツよりも展開が早いので、ずっと目が離せません。0コンマでカウントされるから、1秒が長く感じられますね」(中)
「実は学生時代はバスケ部だったんですが、女性にはダンクシュートはなかなかできないので憧れなんです。こんなに間近にプロ選手のプレーが見られて興奮します!」(右)

日本代表選手のプレーも間近に見られる! 今後もB.LEAGUEに大注目

ワールドカップやNBA、世界を舞台に活躍する日本人選手が輩出されていたりと、近年ますます注目を集めている日本のプロバスケットボール。
B.LEAGUE 2018-19のレギュラーシーズンも5月11日(日)のファイナルに向けて、いよいよクライマックス。今年はどのチームがチャンピオンになるのか、まだまだ目が離せない! 憧れの選手にメッセージを送ると、抽選で選手からのメッセージポストカードが届くSNS企画「届けてぽすくま」も開催されているので、こちらも要チェック。

バスケットボールにあまりなじみがないという人でも、一度試合を観戦すれば夢中になるはず。ぜひ一度会場へ足を運んで、プロ選手のプレーや熱気あふれる応援を間近に体感してみて。

  • LINEで送る

PR/B.LEAGUE
PHOTO/KAZUHITO MIURA  WRITING/MINORI KASAI

TOP