ハワイに世界遺産、アジアンリゾートへ。この夏はプラネタリウムで旅に出よう

更新日:2020/08/06

【押上】響くガムランの音、空に舞う紙灯篭。やさしく幻想的なアジアンリゾートへ

旅することで日常を抜け出すのがなかなか難しい2020年の夏は、美しい星空を見上げるプラネタリウムで特別な時間を過ごしてみては? 東京スカイツリータウン(R)、サンシャインシティ、有楽町マリオンに3館を構える「コニカミノルタプラネタリウム」では、それぞれに異なるプログラムで世界の夜空を旅する極上のヒーリング体験がかなう。

東京スカイツリータウンにある「コニカミノルタプラネタリウム“天空”」で楽しめるのはアジアンリゾートへの旅。「星と海に抱かれて アジアンヒーリング」のプログラムでは、ガムランや宝鈴の音が響き、インドネシアの伝統的な影絵芝居人形、ゆっくりと夜空を舞う無数の紙灯篭「コン・ファイ」などの幻想的な風景とともに南国をトリップ。日本では見ることのできない星々が夜空を彩る。ドーム前方に設置された3組限定のプレミアムシート「三日月シート」で、のんびり贅沢な時間を過ごしたい。

【池袋】ハワイの花々の香りに包まれ、カウアイ島の夜空に浮かぶナイトレインボーに心酔

池袋・サンシャインシティにある「コニカミノルタプラネタリウム“満天”」では、ハワイを舞台にした「NIGHT RAINBOW ~ハワイの星空に癒されて~」を上映中。よく虹がかかることからレインボーアイランドとも呼ばれるハワイでは、ごく稀に月の光に照らされて夜の虹“ナイトレインボー”が出現。「最高の祝福」ともいわれる神秘的な風景が浮かび上がり、ロマンティックな気分に。

そのほか南十字星や天の川など、今にも降り注いできそうな南半球の星座がドームいっぱいに映し出され、ハワイの代表的な花々のアロマが香る演出も。広い草原に寝転んだ気分で星空を楽しめるフルフラットの3組限定「芝シート」、雲に寝そべる5組限定「雲シート」で幸せなハワイ旅へ出かけよう。

【有楽町】世界遺産モン・サン・ミッシェルやカンボジアなど、世界の星々をめぐる旅

銀座・有楽町マリオン9F「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」では、声優・梶裕貴さんがプロデュースしたことでも話題の「Starry Globe 世界をめぐる星の旅」が上映スタート。フランスの世界遺産、モン・サン・ミッシェルの美しい街並みと重なる夜空、夕暮れから暗闇に溶け込む瞬間を映したカンボジアのアンコール・ワット、ニューヨークの大都会で感じる星空など、たくさんの国の美しい夜空にきっと心奪われるはず。

また金曜の夜(18:40~20:40)限定で、お酒を飲みながらプラネタリウムを楽しめる「Bar PLANETARIA」がオープン。こちらはワンドリンク付きで入退場自由、星空の撮影もOK。仕事終わりにふらりと立ち寄ってみては。

【有楽町】カフェ&ショップには宇宙をイメージしたかわいいフードやグッズがたくさん

有楽町の「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」にある「Cafe Planetaria」は“銀河の旅の途中で出会うカフェ”がコンセプトの特別なカフェ。この夏にリニューアルしたメニューは、星雲をイメージしたソフトクリームや惑星をイメージした幻想的なカクテルなど、まさに“宇宙を味わえる”ラインナップ。カフェのみの利用もOKなので、宇宙を感じに気軽に立ち寄って。

また“天の川テイスト”のレモネードや「ルピシア」とコラボした夜空のようなお茶、ダイヤモンドを散りばめた星屑ネイルなど、各館ショップやオンラインで販売している星空グッズも注目のかわいさ。お家でゆっくり、神秘的な宇宙を楽しんでみては。

PR/コニカミノルタプラネタリウム
WRITING/EMIKO OKAZAKI

  • LINEで送る

TOP