快適な“おうち時間”を過ごすために!「女性のためのかしこいマンション購入術講座」へ

更新日:2020/09/01

開催回数1000回以上!9万8000人以上が参加した
「女性のためのかしこいマンション購入術講座 基礎編」

コロナ禍によるステイホームが長く続き、今までより長いおうち時間を過ごすことで“快適な住まい”についての関心が高まっている。「家賃や更新料をいつまでも払うより、マンションを購入するのもありかも」と考える女性が増えているなかで、何から始めたらいいのかわからないという人も・・・。

そんな方におすすめなのが、女性がマンションを購入する上で大切な知識と最新情報を、公平な立場から1回でわかりやすく教えてくれる人気セミナー。

主催は一般社団法人「女性のための快適住まいづくり研究会」。1991年から続く「女性のためのかしこいマンション購入術講座 基礎編」の開催(特別受講料500円、焼菓子・飲み物付き)を中心に、女性の生活が豊かになり、より輝く日々を送れるよう応援している。

「駅近・エリア・間取り」がキーワード。
資産価値を意識して堅実にマンションを購入

一般社団法人「女性のための快適住まいづくり研究会」が5年以内にマンションを購入した女性会員に実施したアンケートによると、女性がマンション選びで重視するポイントは、ずばり「資産価値」。

マンションを選ぶ上で気にした点は?という質問に対し、「駅近」や「エリア」「間取り」など、資産価値が高いマンションの条件が上位に。ライフスタイルの変化に柔軟に対応できる、売りやすく貸しやすいマンションが人気なのだとか。

セミナーでは女性に人気のマンションを例に、資産価値・地盤・間取り・価格などさまざまな視点から厳選したマンションの選び方を説明。見学時に押さえておくべきコツもわかりやすく学べる。

調査方法 :インターネットによるアンケート調査
調査期間 :2020年4月18日~29日
調査対象 :「女性のための快適住まいづくり研究会」の女性会員のうちアンケートに回答いただいた563人

人生100年時代突入。テレワークでどう変わる?
マンションの選び方のポイントとは

購入時の年齢は35~44歳がピーク。「人生100年時代」突入により、近年は40~50代の購入熱も高まっているそう。老後不安もあり「資産として残る家が欲しい」「このまま賃貸住まいは不安」というきっかけも。

今は頭金100万円未満・ボーナス払い0円が主流で、現状の生活を変えない「無理のない資金計画」が特徴。賃貸よりも月々の支払いが安く、1LDK以上の広いマンションが人気となっているそう。
講座では、今の生活を変えないで無理せずマンションを購入できる資金計画の立て方や、頭金が無い、保証人がいないなどの不安要素があっても、マンションが買えるノウハウを解説してくれる。

マンションの選び方から購入後までサポート!
わからないことは個別の無料相談で
なんでも聞けるから安心

セミナー後は、希望すればその場で個別相談も。セミナーで気になったことをプランナーに相談したり、無理のない資金計画のなかで自分の希望に合ったマンションを紹介してもらえる。当日の都合がつかなくても、銀座・自由が丘・大阪にあるマンションライブラリーで後日の個別相談もOK。いつでも無料で何度でも受けられるのがうれしい。

マンションライブラリーでは、厳選された数多くの新築・中古マンションから希望にぴったり合ったマンションを一緒に探してくれる。これからの時代、おうち時間が大切に。快適な日々を送るためにも、なんとなくマンションがほしいと思っていた人は、不動産会社やモデルルームに行く前に参加してみるのが一番の近道かも!? 少しでもマンション購入に興味がある人は、この機会にぜひ参加してみて。

  • LINEで送る

TOP