冷えやむくみなどのツラいプチ不調に“毎日のハーブティー習慣”

更新日:2018/10/30

ツラいプチ不調を和らげるヒントは
自分に合ったハーブを毎日取り入れること

夜、足先が冷えて眠れない、夕方になると足がパンパンでツラい・・・。そんなプチ不調を抱えている女性は少なくないはず。体質だと思ってつい我慢してしまいがちだけど、ちょっとした習慣で緩和されることも。そのひとつが「ハーブ」。紀元前1700年頃にはすでに植物療法として医療や美容に使われていたとされ、症状に合うハーブを毎日きちんと摂取することで症状の緩和や体質改善が期待できる。取り入れ方は、手軽で無理なく続けられるハーブティーがおすすめ。ゆっくりじわじわ体に働きかけるので、1日3~4回を目安に、数カ月単位で飲み続けてみて。長く続けるためには自分好みの味や香りの1杯をセレクトするのがコツ。

むくみや冷えには南アフリカで
古くから愛されてきたルイボスを

ハーブにはたくさんの種類があるけれど、冷えやむくみなどに有効なハーブとしてはルイボス、ドクダミ、ハトムギなどが有名。とくに「ルイボス」は不足しがちな必須ミネラル類やポリフェノールが豊富で、代謝促進によって冷え性やむくみの改善、デトックス効果などが期待できる。また、高い抗酸化作用のあるSOD酵素やフラボノイド、不要なナトリウムを排出するカリウムを含んでいるので、外食が多めなど食生活に不安がある人にもぴったり。さらに、ノンカフェインで鉄分の吸収を妨げず貧血気味でも安心と、まさに女性のためのハーブといえそう。ルイボスティーを飲むだけの手軽な毎日の習慣、取り入れてみては?

めぐみさんの美身茶

ルイボス+ハーブ7種をブレンド
女性のための「めぐみさんの美身茶」

数あるルイボスティーの中でも、おいしくて長く続けられると通販でも話題なのが「めぐみさんの美身茶」。最大の特徴は、ルイボスをはじめ女性の悩みに応える計8種のハーブがバランスよくブレンドされていること。美容と健康に有効なハーブが1杯に凝縮されているから効率的にハーブを取り入れることができる。スッキリした味わいで長く続けやすいのも大事なポイント。コーヒーの代わりに毎朝の習慣にしたり、マイマグに入れて持ち歩くのもおすすめ。

  • LINEで送る

TOP