世界にひとつだけ。私にぴったりのスーツ&シューズをオーダーメイド

世界にひとつだけ。私にぴったりのスーツ&シューズをオーダーメイド

自分にぴったりのサイズで、かつオシャレなスーツとシューズをオーダーメイドで作ってみたい。大人の階段を1段のぼるようなお買い物を気軽にかなえてくれるのが、オーダーメイドブランド「KASHIYAMA」。ブランド初のウィメンズショップとしてオープンした表参道のお店で、OZmall読者がオーダーメイド初体験!

更新日:2019/11/26

ウィメンズのスーツ&シューズ専門の店舗が表参道にお目見え

オーダーメイドスーツに定評がある「KASHIYAMA」。なかでも2019年11月にオープンした「ウィメンズ表参道店」は、ブランド初のウィメンズショップ。展開が始まったばかりのオーダーメイドシューズに加えて、スーツも取り扱う。店内はシューズサンプルが美しくディスプレイされた壁やソファ、カウンターテーブルなどが柔らかいベージュピンクカラーで統一され、オフホワイトの壁と相まって目に優しく映る大人かわいい空間。採寸からセレクトまで経験豊富なスタッフが親身にサポートしてくれるうえ、価格はスーツが3万円台~、シューズが1万円台~と手頃なので、敷居が高いイメージのオーダーメイドがぐっと身近になりそう。

オズモール読者2名がシューズとスーツをオーダーメイド初体験

会社ではもちろん休日も履ける使い勝手のいい1足が欲しい(田石ゆきさん)

外資系企業で働く田石さんは、通勤服もほどよく華やぎのある明るい色味を心がけているそう。身長153cmと小柄なこともあり、今回は大事な商談などで大人っぽいきちんと感を醸し出せる高めヒールのパンプスを希望。
「会社帰りの女子会や休日のコーデにも合わせられるよう、さりげなく今っぽさもあるデザインがいいですね」と、トゥやアッパーの素材を真剣に吟味。
ヒールが高めのパンプスだと靴擦れしやすいという田石さんだけど、スタッフが細かくフィット感を確認してくれるので安心。サイズだけでなく、ヒールの高さによって変わってくることもあるワイズ(足幅)も自分の足にぴったり合う1足をオーダー。

豊富なデザインバリエにワクワク

豊富なデザインバリエにワクワク

海外ドラマのお買い物シーンで目にするようなリッチでフェミニンな雰囲気のディスプレイから、気になるシューズをあれこれと手に取る田石さん。アッパーの素材やカラー、トゥやヒールの高さの組み合わせ次第で印象がガラリと変わるので「自分好みのデザインを考えるのが楽しい!」と期待の表情に。

素材も色柄も目移りする豊富さ

素材も色柄も目移りする豊富さ

スウェードやパテント、スムースレザー、晴雨兼用など素材が幅広くそろうので、タブレットで仕上がりや価格を確認しながらセレクト。「オーダーメイドの靴って黒などの定番色しか選べないのかと思っていたけど、トレンドのダスティカラーやアニマル柄もあって迷いますね」と熟考。

試着でフィット感のよさを実感

試着でフィット感のよさを実感

ベースはプレーン、ミュール、バックストラップの3種類。トゥは3種類、ヒールのデザインは4種類、ヒールの高さは1.5cm、3.5cm、5.5cm、7.5cmから選べる。スタッフが田石さんの足を採寸した上でおすすめのゲージサンプルを試し履きしたところ「これならラク!」と驚く田石さん。

合わせやすく疲れにくい理想どおりの1足が完成!

合わせやすく疲れにくい理想どおりの1足が完成!

田石さんのセレクトは、今回一緒にオーダーした明るい色のスーツに似合うグレージュの型押しパンプス。
「柄ものも素敵で迷ったけれど、スーツに合わせたときに足元が浮かないよう、淡い色の型押しレザーにしました。ヒールは太めをチョイスしたので7.5cmでも安定感があるし、足に合っているのでかかとが抜けず歩きやすいです」と大満足。
休日のフェミニンな私服にも合わせやすいようにと、トレンド感あるスクエアトゥを選んだのもこだわり。あえてジャケットとパンツのカラーを変えてセットアップ風に、ジャケットの裏地に深い赤を効かせた洒落感あるスーツ姿の足元になじむ1足に。当初の希望どおり、まさにシーンを問わずオン&オフの両方でヘビーローテできそう。

体型に合うスーツがなかなか買えない悩みを解消したい

体型に合うスーツがなかなか買えない悩みを解消したい(加納頌子さん)

カジュアルな服装が許される職場ではあるものの、プレゼンなどスーツを着ないといけない場面もあるという加納さん。身長が高く細身なので、既製品のスーツは着丈に合わせるとブカブカになり、かといって身幅に合わせると袖や着丈が短くなってしまうという問題が。
「オーダーメイドは高そうな印象があって・・・。今までは袖が長いインナーを合わせるなどの工夫で、なんとか既製品のスーツでやり過ごしていました」とのこと。
採寸してその人の体型にぴったりのスーツを仕立ててくれるオーダーメイドなら、加納さんのお悩みはすべて解決。ウエストの絞り具合に至るまで、好みを伝えれば細かく反映してもらえることにも感激の様子。

専門のスタッフがていねいに採寸

専門のスタッフがていねいに採寸

肩幅や袖丈、着丈などがすべて体型にぴったりフィットするよう、スタッフが細かく採寸。加納さんの場合は身長が高く細身なので、スタンダードなフォルムよりもジャケットのウエストを3㎝程度詰め、腕に合わせて袖丈は1.5cm程度長めに調整して仕立てることに。

欲しいスーツの条件を伝えて相談

欲しいスーツの条件を伝えて相談

「職場では清潔感と動きやすさが大事なので、シワができにくく伸びがいい素材がいいかな」と話す加納さんに、スタッフがストレッチ素材を提案。生地サンプルにはストレッチやウォッシャブルなど、生地の特性がひと目でわかるマークが記載されているから選びやすい。

表地、裏地、ボタンも好みで選べる

表地、裏地、ボタンも好みで選べる

表地は約100種類、裏地も約40種類から選んで組み合わせることができるので、生地サンプルで手触りや光沢を確かめながらチョイス。今回は「加納さんの色白肌に似合うはず」とスタッフが薦めた明るいグレーの表地と、裏地はドット柄でかわいらしさを添えたデザインに。

体型にぴったり合った美しいシルエットに感激

オーダーメイドだからこその細やかな採寸で完成したスーツは、言わずもがな加納さんの体型にぴったり。
「動きやすいし、ストレッチが効いているので座ってもシワになりにくそう。手持ちのスーツは黒のテーラードが多いのですが、明るいグレーのノーカラーはオフの日の服にも合わせやすいので着回したいです」と加納さん。
裏地を柄ものに変更したり、内ポケットを追加するオプション料金を合わせて、上下3万円台で完成したプライスにも「この価格なら臆せずオーダーメイドでスーツを買えます。生地の種類が色柄も豊富で、選ぶのが楽しかった!」と笑顔。スーツに合わせたグレージュのシューズもオーダーメイドで、全身抜かりのない通勤スタイルに。

ショップに行く前に知りたい。オーダーメイドのQ&A

Q.スーツとシューズの価格帯は?
A.どちらも生地や素材によって価格が変動。スーツは上下で33000円~のスタンダードな生地から、7万円以上のハイグレードタイプまでラインナップ。シューズはノンレザー10890円~、レザーは19800円~。

Q.オーダーから完成までの日数は?
A.スーツとシューズのいずれも、オーダーしてから最短1週間で希望の住所に納品。オンラインで購入した場合も、国内の工場から直接自宅に届けるファクトリー・トゥ・カスタマーにより、同様の期間で配送可。素材やオプションによっては、日数がかかる場合もあり。

Q.再オーダーしたい場合も、改めて来店が必要?
A.2着目、2足目は自分のサイズをもとに、スマートフォンやPCからオンラインでオーダーメイド注文OK。店舗同様に、デザインや素材、色柄、細かいパーツをWEB上で自由にカスタマイズできる。

KASHIYAMA

スーツ、シャツ(メンズのみ)、シューズなどを扱うオーダーメイド専門ブランド。今回ご紹介したKASHIYAMA初の「ウィメンズ表参道店」に加えて、レディスとメンズも取り揃える東京エリアの大型旗艦店「銀座ベルビア館」(シューズの取り扱いはなし)、リニューアルを遂げた「大阪本町店」も同時オープン。この3店舗は予約不要でふらりと立ち寄ることも可能だけど、購入予定の場合は事前に電話かWEBで来店予約をしておくと応対がスムーズなのでおすすめ。
その他店舗情報やオーダーメイドスーツ&シューズに関する詳細は、公式サイトでチェックを。

スーツとシューズをそれぞれ3名様、合計6名様にプレゼント!

「KASHIYAMA」でオーダーメイドできるウィメンズのスーツまたはシューズを、抽選でそれぞれ3名様にプレゼント。デザイン、素材などを自由に選んで自分のサイズにピッタリのスーツやシューズをつくろう。
※当選者の発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。当選者は「ウィメンズ表参道店」にご予約の上、来店しての採寸が必要となります。採寸後、約1週間後にご希望の住所へお届けします。
応募期間:2019年11月26日(火)10:00~12月10日(火)9:59
来店有効期限:2020年1月31日(金)

  • LINEで送る

PR/KASHIYAMA ※シューズのWEB対応は11月27日(水)より可能になります。
PHOTO/YUKO CHIBA WRITING/CHISATO TAKASAKA

TOP