体の悩みをちょっとだけ減らしませんか 〜PMSの悩み1〜

  1. オズモールTOP >
  2. 体の悩みをちょっとだけ減らしませんか 〜PMSの悩み1〜

体の悩みをちょっとだけ減らしませんか 〜PMSの悩み1〜

婦人科の女性院長が直伝!知っておくべきPMSの基礎知識

イライラ、眠気、だるさ、胸のはり・・・
働く女性の約8割にPMSの症状あり!

生理の一週間ほど前から起こる、さまざまな不調=PMS(月経前症候群)。働く女性にPMSに関するアンケートをとったところ、PMSの症状が「毎月ある」人は37.5%、「時々ある」人は42%と、程度の差こそあれ、ほとんどの女性が悩まされている結果に。また、その症状も、最も多かった「イライラ」を筆頭に、「眠気・だるさ」「胸のはり」など、心身ともに日常生活で支障をきたしていることがわかった。実はこのPMS、女性ホルモンが深く影響しているのだとか。そこで、婦人科・エイジングケア専門クリニック「成城松村クリニック」の院長・松村圭子先生に、PMSと女性ホルモンの関係性について教えてもらった。

イライラ、眠気、だるさ、胸のはり・・・ 働く女性の約8割にPMSの症状あり!

PMSはホルモンが働いている証拠
体のリズムを把握して上手に付き合おう

「PMSは、排卵後に分泌される2つの女性ホルモンの急激な変化が関係していると考えられています。また、精神面を左右する脳内の神経伝達物質『セロトニン』が月経前に低下することにより、ネガティブな精神症状が出るのではないかとも言われています」と松村先生。とはいえ、PMSはホルモンがきちんと働いている証拠。自分の体のリズムを把握していれば、上手に付き合うことができるそう。「甘いものは控えめにし、大豆イソフラボンやビタミンB6などPMSを緩和する栄養素を積極的にとったり、重要な予定はなるべく入れないなど工夫しましょう。ホルモンのせいだと思えば気も楽になりますよ」(松村先生)

PMSはホルモンが働いている証拠 体のリズムを把握して上手に付き合おう

アプリと連動した婦人用電子体温計で
PMSのマイパターンも記録しよう

松村先生曰く、「こういうときにこういう症状が出るなど、自分のPMSのパターンを受け入れておくだけで、症状が軽くなることもあります」とのこと。そのために習慣づけたいのが、基礎体温の測定。「基礎体温を測ってグラフ化し、その都度、PMSの症状をメモしておけば、自分の体のリズムが把握できます」と松村先生。そこで忙しく働く女子におすすめなのが、ケースから取り出すと自動電源ON&検温時間わずか10秒の「オムロン婦人用電子体温計 MC-652LC」。無料アプリと連動しているので、測定データも簡単に転送OK。スムーズに体調管理やリズム管理ができる。活用すれば、PMSも乗り越えられそう!

アプリと連動した婦人用電子体温計で PMSのマイパターンも記録しよう

松村圭子先生が院長を務めるクリニックでは
女性の気持ちに寄り添った診察を実施

『10年後もきれいでいるための美人ホルモン講座』(永岡書店)や『女性ホルモン 美バランスの秘訣』(大泉書店)など女性ホルモンに関する著書も多い、松村圭子先生。院長を務める婦人科・エイジング専門クリニック「成城松村クリニック」では、婦人科系疾患のみならず女性のトータルケアをサポート。「時間をかけてカウンセリングを行う」「専門用語はなるべく使わない」をモットーに、女性の気持ちに寄り添った診察を実施している。30代向けの検査を集めたバースデーチェックや将来妊娠を希望する人が受けておきたいAHM検査付き婦人科検診など検査プランも幅広く揃うので、気軽に相談してみては?

松村圭子先生が院長を務めるクリニックでは 女性の気持ちに寄り添った診察を実施

女性の美と健康を応援する
「オムロン式美人」がリニューアル

2011年からの6年間、多くの女性の体の悩みを解決するヒントを提供してきたサイトがリニューアル。Q&Aを中心に、月経/妊娠・出産/更年期/ライフスタイルの4つのパートから情報を発信。また、オムロンの運営サイト「Rhythm(リズム)」と連携して、レシピやエクササイズなど、女性の生活に役立つ情報もお届け。さらにスマートフォンでも見やすくなったので、いつでもどこでもアクセスして、心と体のパートナーとして活用して。

女性の美と健康を応援する 「オムロン式美人」がリニューアル
  • 文/六識(ヨダヒロコ)

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

まさよん 2018/03/26 11:06:27
PMSは毎月かなりきついです。改善したいです。
きみ 2018/03/04 14:13:25
PMS毎月悩まされてますけど、自分に合った漢方を飲んだら緩和されてきました
くん 2017/03/12 15:49:06
女性は毎月こういう症状が出るので辛いです。私も生理前は眠気や食欲が出てきたり情緒不安定になったり…普段は気にならないような些細なことでイライラしたり落ち込んだりとばっちりPMSの症状が出ます。豆乳飲んだり基礎体温計ったり対策はしてるつもりですが、やっぱりちゃんと婦人科に行った方がいいのかもしれないですね。
こっこ 2017/03/07 20:23:52
PMSだと思ったら心療内科でも受診できますが産婦人科をオススメします。ホルモン検査で飲んでいた薬である部分の数値が高くなってしまい控えた方がよいと言われました。 ※あくまでも個人的な内容ですので、先生と相談してください。
ユウキ 2017/03/09 16:20:52
昔は全くPMSが無かったのにここ数年精神的に不安定になったりします。。またそのタイミングが生理前だったり生理後だったり・・・ ただ、ここのコメントを見て、同じように年齢とともに症状が出てきている方がいて少し安心しました。
simplelife 2017/03/07 14:36:30
年々PMSの症状がひどくなっているので この先の長い人生どううまくつきあっていくか 考えないとですよね、成城の松村先生はすごく評判がいいので、近所でも有名です。 私もそろそろお世話になろうかと考え中です。
moca 2017/03/11 12:03:28
この基礎体温計使ってます。すぐ測り終わるので負担が少なくて続けられます。 ただ、専用アプリの感じ方は人それぞれなので、体温計買う前に確認した方がよいかも。体温計自体のお値段も他のものよりするので…
zero 2017/03/07 23:43:11
今までほとんどなかったのに、20代後半になって徐々に感じるようになってきました。生理自体も重くなっているようで…。年齢とともに、身体って変わるんですね。上手くつきあっていかないといけないですね。
茉莉香 2017/03/10 22:13:30
8割もいるんですね!わたしはあまり気にならなくて、生理中も忘れていて、ナプキンを持たずに出かけてしまうことがあります。自覚していないだけでイライラとかはあるのかも、と思いました。
チャぺヲ 2017/03/07 15:27:41
最近酷いのでかなり気になります。 コメントでも皆さん悩んでいるようなので自分だけじゃないんだなぁと。 生理前でも快適に過ごせる良い方法があれば知りたいし情報を共有したいです
yon 2017/03/10 21:29:22
なんでもPMSのせいだと決めつけないように気をつけていますが、後から考えると明らかにそうだったりします。。。その時期は他の要因と重ならないように常に注意してるのですが、、。
acha 2017/03/11 23:45:18
以前はPMSを知らず、イライラしてその自分に更にイライラしていたけれど、PMSってわかってからは、そろそろ来るぞって心の準備ができるようになった。症状は軽くはならないけど
りん 2017/03/11 18:02:23
1位から4位全部毎月あります。。対策はあるのでしょうか。結構毎月辛くて仕事を休みたくなります…休まずに頑張っていきますが、生産性が悪く疲れます。どうにかしたいです。
miaou 2017/03/07 22:47:40
今までは胸が張る&食欲が増すという症状が定番でしたが、アラサーになって眠気との戦いに…。家事がはかどらず予定が狂います。仕事を始めたら対策を考えなきゃなー。
まろ 2017/03/09 21:36:33
私はやや眠気が出るぐらいで済んでいるので助かっています。症状がひどかった友人は婦人科に行って漢方を出してもらっていました。それで少し軽くなったそうです。
さくら 2017/03/12 12:59:18
毎月症状に悩まされ、婦人科でいただいてる漢方も飲んでますが改善されません。でも皆さん同じような感じなんだと思ったら、少し安心しました。女性は大変ですね
さくら 2017/03/12 12:59:12
毎月症状に悩まされ、婦人科でいただいてる漢方も飲んでますが改善されません。でも皆さん同じような感じなんだと思ったら、少し安心しました。女性は大変ですね
紅葉 2017/03/21 08:03:26
頭痛、イライラ、テンション低下、眠さ等の症状がでます。まだまだつきあわないといけないので、休日にくることを祈るばかり。体温計は自分用にほしいです!
あずき姫 2017/03/09 05:01:31
むかしはあったけどいまは落ち着いた気がしています。年齢とともに変わるものなのか、自分でも分かりませんけど、うまい付き合い出来ないものかと悩めます。
すーめめ 2017/03/07 15:32:11
妊娠してから、PMSの症状が変わりました。以前は食欲増加プラス胸の張りだったのが、食欲増加プラス頭痛になりました。女性の身体って不思議ですね。

このページにコメントする

>>体験コメントとは

ページTOP

TOP