次の大阪グルメ旅は「心斎橋PARCO」へ!星付きシェフのビストロや点心食べ放題ほか話題のレストラン5選

心斎橋パルコ:レストラン5選

大阪・心斎橋に2020年秋開業した「心斎橋PARCO」。2021年1月21日(木)には、次いで13階に「御堂筋ダイニング」がオープン! 関西の実績のある名店を中心に、フレンチの第一線で活躍するシェフが手がけたビストロや、ホログラム映像による能楽体験ができるレストランなど、新しいスポットも加えて10店舗が登場。館内のイベントホールや映画館と連動しながら、観劇やショッピングの合間に、ほっとくつろげる場所を提供する。

更新日:2021/02/04

【1】星付きシェフのアイデアいっぱい!カフェ感覚で利用できるビストロ

ビストロ カラト_心斎橋パルコ

ビストロ カラト

12年連続で星を獲得するフーディーたちに人気の心斎橋フレンチ「リュミエール」が、使い勝手のいいビストロレストランをオープン。“野菜の美食”をコンセプトに、身体にも地球にも優しいフレンチ料理を作り続けてきた唐渡泰シェフ。今回のお店は、高級レストランという制約に縛られず、おもしろいと思うことを詰め込んだという。キッチンをぐるっと囲んだカウンターテーブルに、ボウルとザルでできた照明、調理器具をデザインのアクセントにした内装に、シェフの遊び心を感じる。

昼から夜までの通し営業で、メニューは1日中変わらないアラカルトスタイル。良質な野菜を用いた “野菜の美食” サラダや、まかない料理から発想したオムライスやカレー、テレビで話題になったビスクスープなどがラインナップする。あれこれ食べてみたいという方のために、ハーフサイズでオーダーできるものも。遅めのランチからお茶まで、カフェ感覚で利用したい。

Staff's Comment

今までフランス料理に馴染みがなかったという人に来ていただきたいという想いでお店を作りました。「リュミエール」のエッセンスが盛り込まれつつも、リーズナブルに味わえるお料理をお楽しみください。(シェフ・唐渡泰さん)

【2】最新テクノロジーで能を鑑賞。文化サロンのようなレストラン

三田屋本店-やすらぎの郷-

兵庫県三田にあるこだわりのハムや自慢のステーキをメインとしたレストラン「三田屋本店-やすらぎの郷-」が、初となる都市型店舗を心斎橋に出店。都市のフラッグシップ店として、本店と同様に店づくりに力を入れる。提供するのは、特製ドレッシングをかけた本店の名物ロースハムのオードブルや、鉄板で供する黒毛和牛のステーキ、淡路の玉ねぎや丹波篠山のお米など、良質な食材を使ったコース料理。

また“芸術や文化の息吹を感じとれる食空間を提供したい”という想いから、レストランのなかに能舞台を設置した。日本画家・西田眞人氏が監修した鏡板を据えた本格的な能舞台。ディナータイムを中心に、ホログラム映像による能楽デジタル体験や、能楽師による舞囃子、居囃子を上演する。和洋折衷を意識した空間で、日本古来の文化・能楽を眺めつつ、ラグジュアリーな食事の時間を堪能して。

Staff's Comment

当店自慢のロースハムオードブルや銘柄牛ステーキとともに、最新テクノロジーを使った新しい表現の能楽を体験していただくことで、お腹だけでなく心まで満足していただければ幸いです。
(店長・下羅勝啓さん)

三田屋本店-やすらぎの郷-_心斎橋パルコ

【3】約50種類のメニューが揃う。台湾好きには堪らない食べ放題レストラン

點心甜心_心斎橋パルコ

點心甜心(てんしんてんしん)

台湾グルメを自分好みにカスタマイズして食べられる、夢の食べ放題レストラン。小籠包と拉麺はオーダー形式で、惣菜はブッフェ台にて提供。スペシャリテは特製スープをたっぷり包み込んだ台湾小籠包。ほかにも約10種類の点心をアツアツの状態でいただける。拉麺は好みの麺やスープを選んで、その場で作ってもらう形で、オリジナルの味を探り当てる楽しみがある。ブッフェ台には、10種類の温菜、4種の冷菜が並び、一度では食べ尽くせないほどの充実ぶり。

台湾スイーツといえば欠かせないかき氷も、もちろんコースに含まれている。最新機器を使って削り出すふわふわ氷と、杏仁豆腐やマンゴープリン、豆花などの他の台湾スイーツを組み合わせるスタイルが新しい。タピオカドリンクはテイクアウト容器に入れて、持ち帰ることも可能。台湾グルメを満喫して、旅気分を味わおう!

Staff's Comment

気の会う友達と共に台湾グルメパーティをしたり、心斎橋の街中を見下ろしながら、大切な人とゆったり食事をしたり。思い思いのひとときを過ごしてください。
(マネージャー・宮下普賢さん)

【4】小さなデザート付きが嬉しい。栄養バランスがとれた滋味深い和定食

おばんざい恵みダイニング すみび家

“毎日でも食べたい”をコンセプトに、バランスが取れた定食料理を提供するおばんざいダイニング。自慢は、釜戸で炊いたほかほかのご飯。おかわり自由で、十五穀米も選択できるところが嬉しい。魚やフライ等、さまざまなラインナップの中からメインディッシュを選んだら、そこに優しい味わいの味噌汁と、季節の小鉢が2種、日替わりのお漬物と、デザートのあんみつが付いてくる。小さなデザートは、食後に甘いものがあることで、ゆっくりできるのではないかという店長の思いから。

おすすめは「鯖の開き 一夜干し定食」。外はカリッと、中はふっくら焼きあげた鯖に、あっさりとした大根おろしを添えた「ザ・定食」。暮らしの知恵が詰まった定食で、体が求める栄養素をチャージ!

Staff's Comment

ここにいらっしゃる方は、ショッピングで歩き疲れている人が多いと思います。栄養バランスがきちんと考えられた料理で、お腹を満たしていただき、ゆっくり疲れを癒していただければと思います。
(店長・衣笠拓也さん)

おばんざい恵みダイニング すみび家_心斎橋パルコ

【5】定番メニューがきちんとおいしい。クラシカルな雰囲気漂う大人のくつろぎの場

神乃珈琲_心斎橋パルコ

神乃珈琲

“日本人による日本人のための珈琲”を追求する「神乃珈琲」の新店。浮世絵の壁画や和傘をデザインした照明など和モダンな内装デザインに仕上がっている。赤や緑の光沢が美しいソファは座り心地は抜群で、つい長居してしまいそうになるほど。

ここにきたらぜひ味わいたいブレンドコーヒーが2種類ある。ひとつがフルーティーな味わいの「陽煎 HI・IRI」、もうひとつが程よい苦味と深みのある「月煎TSUKI・IRI」。比べてみると、はっきりとした味のコントラストに驚くはず。軽食メニューは、純喫茶にあるようなクラシカルな顔ぶれ。苺の王様「あまおう」を使ったショートケーキや、柔らかい甘さの和三盆メープルシロップをかけたパンケーキなど気をてらわない美味しさが、コーヒータイムを上質なものにしてくれる。

Staff's Comment

イベントホールや映画館へ行かれた際に立ち寄っていただき、感想を話したり、余韻に浸ったりしていただく場として、ご活用いただけましたら嬉しいです。
(課長・宮本守さん)

【2021年3月オープン予定】コテコテでディープな大人の横丁「心斎橋ネオン食堂」

【2021年3月オープン予定】コテコテでディープな大人の横丁「心斎橋ネオン食堂」

地下2階には、大阪を代表するコテコテでディープな大人の横丁「心斎橋ネオン食堂」が2021年3月にオープン予定。昨年秋から段階的に開業した「心斎橋PARCO」は、これをもって全フロアがフルオープンとなる。

新進気鋭の話題店、スナック、バーなど個性豊かな25店舗に加え、フロアの中心にはエンターテインメントカルチャー の発信スペースとして「ネオンスタジオ」を配置。アメ村カチャーの仕掛け人・ヤマモトヒロユキさん、オガワジュンゾウさん、南方学さん、古谷高治さんらが手掛ける。また、平成の浮世絵師とよばれる東學さんによるアート演出も登場。唯一無二の“刺激的な食空間”をお楽しみに!

PR/心斎橋パルコ
WRITING/AKI KIYABU

  • LINEで送る

TOP