サブカルが根付く下北沢へ春散歩に出かけよう



    オズモールTOP> 本当は秘密にしたいカフェ連載!温もりが心地よいとっておきカフェ

このページの記事は、2016/02/16に掲載した時点のものです。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。

本当は教えたくないカフェ連載 柔らかくて温かいとっておきカフェ

心地よい時間と特別な一杯に出会えるカフェへ。厳選されたコーヒー豆や手作りのスイーツ、安らげる空間など、カフェ独自のこだわりを紹介。カフェスタッフ行きつけの周辺スポットもチェックして!

くらすこと

[左上]自然光が射し込む大きな窓に囲まれた心落ち着く内装[右上]店名には外国人女性の名前のほかに、毛糸という意味もかかっている。まるでふんわりと温かい人柄の藤枝さんを表しているよう[左下]下北沢の老舗自家焙煎珈琲店「MALDIVE(モルティブ)」で仕込まれた技術が光るコーヒーのファンも多い[右下]お手製チーズケーキ500円は、マイルド・ライト・ビターの3種類から選べるケイトブレンドコーヒー480円と

kate coffee ケイト コーヒー(下北沢駅) TEL.03-5454-5436 東京都世田谷区北沢2-7-11 コージー下北沢2F
営業/10:00〜0:00(23:30LO)※ディナーセットとアルコールフェアは23:00LO 席数24 月定休 カード不可
アクセス/京王井の頭線下北沢駅より徒歩3分

  • 変わりゆく街・ 下北沢 変わらない居心地
    サブカルチャーが根付く地として尖った一面と、何世代にもわたりこの街で営む人々の穏やかな暮らし。そんな相反する魅力のある街・下北沢。「個性的だけど気取りのない、誰でも温かく迎え入れてくれるような雰囲気が好きで、この街にカフェを開きました」と話すのは、店主の藤枝絵理さん。1杯1杯を丁寧に抽出するオリジナルブレンドコーヒーと、それぞれの家具が心地良く調和した空間に惹かれて、近所に住むコーヒー好きの老夫婦や読書を楽しむ人など、さまざまな利用客が訪れる。オープン当時から変わらない味わいとさり気ない温かさ。そんな空気感に包まれたカフェは、いつ訪れても優しく迎え入れてくれる懐が深い街・下北沢のよう。
  • 「kate coffee」店主 藤枝絵理さん

「kate coffee」店主 藤枝さんのお気に入りスポットBest3

  • レトロなものからオリジナルまで
    コアな文房具がずらり

    「子供のお小遣いでも買える文房具が所狭しと並んでいて、一日いても飽きません。中でも紙ものが充実しています」。かわいくて実用的な文房具ばかりだから、お気に入りに出会えるはず。

    36 Sublo(サブロ)
    TEL. 0422-21-8118
    東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-16
    営業/12:00〜20:00 火定休
    アクセス/吉祥寺駅より徒歩10分

  • ライブハウス×クラブ
    音楽好きが集う夜遊びスポット

    ライブハウスとクラブを融合した「shimokitazawa THREE」。「ソファーに座りながらゆったりと音楽を楽しめます。ステージが近いので盛り上がりますよ。」アットホームな雰囲気に人が集う。

    shimokitazawa THREE(しもきたざわ スリー)
    TEL. 03-5486-8804(16:00〜)
    東京都世田谷区代沢5-18-1カラバッシュビルB1F
    営業/ライブ15:30〜22:00、CLUB TIME 23:00〜翌5:00 不定休
    アクセス/下北沢駅より徒歩5分

  • 水出しコーヒーが評判の
    自家焙煎コーヒー専門店

    自家焙煎したコーヒー豆やコーヒーにまつわるグッズが揃う店。「8年間アルバイトをしていたお店です。私のカフェで出しているコーヒー豆も、ここのオリジナル。極上の1杯が味わえます」。テイクアウトもOK。

    コーヒーモルティブ下北沢(コーヒーモルティブしもきたざわ)
    TEL. 03-3410-6588
    東京都世田谷区北沢2-14-7セントラルビル1F
    営業/10:00〜21:00 無休
    アクセス/下北沢駅より徒歩2分

井の頭線沿線の情報をもっと見る

クレジット  撮影/ 三浦一仁 取材・文/PeaGreen(小竹あき)


TOP