イイトコドリップ Vol.43 沖縄県・南部エリア:カフェとうつわトリップ

沖縄県・南部エリアでカフェとうつわトリップ

更新日:2017/10/31

沖縄県・南部エリアってこんなところ

いつもの日常を豊かにしてくれる南の地

暑さも観光のピークも、一段落した秋の沖縄で、心穏やかにゆったりと過ごす。那覇市の南に位置する沖縄本島の南部エリアは、海と緑が織りなす自然や、昔ながらの風景が残り、沖縄の人々の日常を感じられる場所。特に南城市を中心とした地域には、日々の手本にしたくなるカフェやうつわ屋さんが。暮らしの豊かさにつながるあれこれを見つけに、いざ南の島へ。

Access

羽田空港から那覇空港まで飛行機で約2時間30分。成田空港からは格安なLCC でも那覇空港へアクセスできる(約2時間30分)。那覇空港から南城市内へは車で40分程度。車での周遊が便利なのでレンタカー利用がおすすめ。

暮らしをアップデートする旅

奥武島まで行ってみよう

南城市玉城にある奥武島は、本島と約150mの橋でつながる小さな離島。周囲1.6kmと、車なら5分くらいで1周できるけれど、離島らしいのどかな風景もそこかしこに。沖縄天ぷらの専門店も多いから、ふっくら衣の天ぷらをおやつに、散策&ドライブするプチ離島トリップを。

DATA

沖縄県南城市玉城 
アクセス/那覇空港より車で約30分

ふっくらおいしい沖縄天ぷらを味わおう

大城てんぷら店

大城てんぷら店

沖縄の県民食でもある天ぷら。ふくらし粉を使う衣はほんのり甘く、ふっくらした食感が特徴で、おやつにする人も多いとか。奥武島には沖縄天ぷらの専門店が4軒。人気は、地元の人にも評判の「大城てんぷら店」。注文を受けてから揚げるのでいつもできたてが味わえる。
磯の香りたっぷりの「もずく」、魚のすり身とアーサ(海藻)の「アーサ」、田芋、紅芋などの芋を潰して揚げた「うむにー」など、約10種の天ぷらはどれも1個60円。

DATA

TEL.098-948-4530 
沖縄県南城市玉城字奥武193 
営業/11:00~19:00(18:45LO) 冬季~18:00(17:45LO) 
定休/月(祝の場合翌休)

天ぷら
天ぷらを注文して待っていると、のんびりくつろぐ島ネコを発見。
島ネコ
島ネコのお昼寝タイムに和む
奥武島
奥武島ならではの風景が待っている

沖縄県・南部エリア:カフェとうつわトリップ

毎日が楽しくなるうつわ探し

沖縄でうつわ探しと言えば、読谷村で・・・というイメージがあるけれど、 南部エリアにも工房が充実。個性的な作家たちの工房を訪れ、とっておきのうつわを手に入れて。

南部エリアの見逃せないあれこれ

気軽に泊まれる B&B、世界遺産に登録されている聖地など、まだまだ楽しみいっぱいの南部エリア。 ちょっとディープな糸満公設市場や車で行ける奥武島にも足をのばして !

沖縄の食材をじっくり味わおう

気持ちがゆるやかに過ごせる秋の沖縄では、なにげなく済ませてしまいがちな“食”の時間を、じっくりのんびりと。めざすは南城市の高台に佇む「BE NATURAL」。

常若婚ロゴ

女子旅にぴったりの沖縄へ行こう!

夏の沖縄もいいけれど、静かな時間が流れる秋の沖縄も女子旅にはぴったり。おいしいごはんや美しい景色に、癒されに出かけない? 沖縄旅行が決まったら、 沖縄の観光情報が満載のキャンペーンサイト「旬香周島おきなわ」をチェックしてみて。飲食店はもちろん、ホテルやイベント情報まで、旅に欠かせない情報が満載! 素敵な思い出は、「♯しゅんおき」を付けてインスタグラムに投稿してみよう。さらに「旬香周島おきなわ」では、宿泊券などが当たるプレゼントキャンペーンも実施中。簡単なアンケートに答えるだけだから、ぜひチャレンジを。

沖縄県南部エリア:カフェとうつわトリップ

Present

今回特集で紹介した「宮城陶器」の四角の器か「陶房眞喜屋」の丸い器のどちらかを各1名様にプレゼント。沖縄県南部エリアについてのアンケートに答えてプレゼントを当てよう!

日本のイイトコドリップ

日本のイイトコドリップ

東京女子のココロが動く、まだ知らない日本のイイトコを抽出して届ける連載「イイトコドリップ」は、武智志穂さんはじめ「OZの女子旅モデル」と一緒に毎月1つの旅先をお届け。ぜひチェックして、次の旅のきっかけを見つけて!

WRITING/MIE NAKAMURA PHOTO/MANABU SANO MODEL/SHIHO TAKECHI

  • LINEで送る

TOP