三宅島

東京離島縁結び

トレッキングやダイビング、バードウォッチングが楽しめる自然豊かな三宅島。島の中央にある雄山をはじめ、火山活動で変化する姿に自然の力を感じる。大地のパワーあふれる圧巻の絶景スポットをめぐったり、地元の食材を使った話題のグルメをいただいてエネルギーをチャージしよう

更新日:2018/08/31

三宅島の縁結びポイント

三宅島

縁結びの笠地観音と珍木

子供に恵まれない夫婦が椎(シイ)の木に願ったところ、子宝に恵まれたことから立てられた観音様。子授けや縁結びのご利益がある珍木もあるので、願いを込めて触れてみて。

住所/東京都三宅村阿古地区 
アクセス/阿古漁港より車で約30分

三宅島の縁結び旅&デートにおすすめのスポット

三宅島を旅したら立ち寄りたいデートスポットや宿をご紹介

グルメ

ギャラリー&カフェCanon

三宅島、グルメ

島の風景画が展示されたギャラリー併設のカフェでひと休み。島のパッションフルーツを種ごと練り込んだチーズケーキのセット700円、島の天草で作ったところてんに手作りの明日葉アイスを添えたカノンあんみつ500円を。やさしい甘さに癒されそう。

TEL.04994-2-1239 
住所/東京都三宅村伊豆36 
営業時間/金・土11:00 ~17:00 火・水12:00 ~ 16:00 ※GW・夏季は特別営業、ギャラリーの見学は随時可 
定休日/日、月・木不定 
カード/不可 
アクセス/バスで伊豆岬入口下車すぐ

グルメ

サバサンドカフェ

三宅島、グルメ

島で利用されていなかったゴマサバを活用しようと店主・野田理恵さんが考案したサバサンド500円が名物に。蒲焼風味の身の厚いゴマサバに、島野菜をたっぷりのせ、酸味の利いたドレッシングで味付け。一度食べたらやみつきに。島特産の明日葉茶と相性抜群。

TEL.04994-2-1433 
住所/東京都三宅村阿古672-3阿古漁港船客待合所ここぽーと2F 
営業時間/11:30~13:30(船の発着時のみ) 
定休日/不定休 
カード/可 
アクセス/阿古漁港よりすぐ

スポット

椎取神社

三宅島、椎取神社

2000(平成12)年の噴火の泥流で、社殿と鳥居がのみこまれてしまった神社。上部だけ残った鳥居が噴火のすさまじさを物語る。噴火によって周辺の木々は枯れてしまったが、森が再生していく姿から生命のエネルギーを分けてもらえそう。

住所/東京都三宅村神着2420 -1 
アクセス/バスで椎取神社前下車すぐ

温泉

ふるさとの湯

三宅島、ふるさとの湯

三宅村ふるさと体験ビレッジ内にある島人も通う温泉施設。2面ガラス張りの開放的な内湯や岩盤浴のほか、太平洋に沈む夕日が望める露天風呂があるのも嬉しい。入浴後は、敷地内にある「ふるさと味覚館」へ。三色海鮮丼など地元の新鮮な食材を使った料理をいただいてお腹も満たそう。

TEL.04994-5-0426 
住所/東京都三宅村阿古644 
営業時間/11:00~21:00(4 ~9月) ~20:00(10~3月) 
定休日/水 
入浴料/500円(岩盤浴90分500円) 
カード/不可 
アクセス/バスで二島下車徒歩2分 

スポット

三宅村レクリエーションセンター

三宅島、スポット

廃校となった中学校の体育館を再利用したこちらは、公共施設としては日本最大級のボルダリングスポット。壁一面を占める巨大ウォールは、初心者でも安心なルートも多く、フィットネス感覚で楽しめる。専用シューズをはじめ、用具をすべて借りられるので、運動のできる服装であれば手ぶらでOK。

TEL.04994-8-5681 
住所/東京都三宅村坪田3034 
営業時間/11:00~20:00 
定休日/木 
利用料金/1日500円 
カード/不可 
アクセス/バスで坪田下車徒歩5分

スポット

伊豆岬

三宅島、伊東岬

純白ランプ式のレトロな灯台がロマンティックな伊豆岬。御蔵島まで望める海辺で夕日や星空を眺めたい。時期によってはウミガメが見られる。

スポット

火山体験遊歩道

三宅島、遊歩道

溶岩流跡に造られた火山体験遊歩道。1983(昭和58)年の噴火で溶岩に大部分がのみ込まれた阿古小中学校跡を目にすると、自然のパワーを実感。

スポット

メガネ岩

三宅島、メガネ岩

溶岩流が波で侵食され眼鏡形になったメガネ岩。1959(昭和34)年の伊勢湾台風の際に片方が壊れてしまったが、岩間から三本岳が見られる。

スポット

新鼻新山

新鼻新山は1983年の噴火時に一夜でできた山。海岸線に突き出す幾層にも重なる岸壁はダイナミック。

スポット

大路池

三宅島、大路池

伊豆諸島最大の淡水池・大路池。斜面一帯が天然の照葉樹林で、アカコッコをはじめ希少な野鳥に出会える。

スポット

七島展望台

天候がよければ富士山から八丈島まで望むことのできる七島展望台。陸側には溶岩が広がり、大噴火の爪痕が残る。

スポット

雄山

三宅島、雄山

2000(平成12)年に噴火した雄山。山頂には雲がかかっていることが多いので、山の姿を見ることができたら幸運のしるし。

三宅島ってどんなところ?

三宅島
面積約55平方メートル、山手線の内側とほぼ同じサイズの三宅島は、火山活動で変化してきた島。雄山は1983年と2000年に噴火し、その威力はダイナミックな溶岩流跡で感じることができる。年間平均気温は17.7度、1年を通して温暖な気候なため、約250種の野鳥が生息し、 “バードアイランド”の別名も。地球の息吹をあちこちで感じながら、トレッキングやダイビング、バードウォッチングなどのアクティビティも楽しんでみては。

【行き方】
東京・竹芝桟橋より大型客船で約6時間30分8350円~、1日1便 
調布飛行場発の小型飛行機なら、約50分17200円(往復割引あり)、1日3便
※料金・運行回数は時期により異なる

【回り方】
島内は村営バスや、レンタバイク、レンタサイクルがあり、大半の観光スポットを回ることができる。アクティブに動くなら、レンタカーかタクシーが便利

問い合わせ:三宅島観光協会 TEL.04994-5-1144

東京の島TOPページ&関連記事

気軽に船で縁結び旅ができる、東京の島へ出かけよう!

都心から船に乗って数時間で行くことができる東京の島には、綺麗なビーチや手つかずの自然、心弾む絶景、おいしい食べ物など魅力がいっぱい。彼との仲を深めるのにぴったりなロマンティックなシチュエーションもあり、恋愛のパワースポットとしても注目の東京の島へ旅しよう!

東京離島のひとつ三宅島では、大地のパワーを感じる絶景めぐりを。溶岩流跡に造られた「火山体験遊歩道」、溶岩流が波で侵食され眼鏡形になった「メガネ岩」、1983年の噴火時に一夜でできた山「新鼻新山」、伊豆諸島最大の淡水池「大路池」、2000年に噴火した「雄山」、2000年の噴火で泥流によって社殿と鳥居がのみこまれた「椎取神社」では、上部だけが残った鳥居がみられるなど火山と隣り合わせの三宅島らしい風景に出会える。三宅島の特色ある自然をさらに深く知るなら「アカコッコ館」へ。うっそうとしたスダジイの森の中にあり、自然を満喫できる。三宅島にはちょっと変わった施設も。「三宅島レクリエーションセンター」は、日本最大級のボルダリングスポット。初心者でも動きやすい服装で行けば、手ぶらで楽しく遊べる。ボルダリングで汗をかいたら「三宅村ふるさと体験ビレッジ」内にある「ふるさとの湯」に行こう。夕日の時間帯に行けば、ロマンティックなサンセットが見られるかも

  • LINEで送る

TOP