新島

東京離島縁結び、新島

青くきらめく海と真っ白なビーチ。ここが東京とは思えない、まさに南国リゾートのような景色が広がる新島。島内を歩くと、コーガ石と呼ばれる世界でイタリアと新島でしか採れない珍しい白い石でできたモヤイ像があちこちに。パノラマに広がる海や真っ赤に染まる夕日をうっとりと眺めて

更新日:2018/08/31

新島の縁結びポイント

東京離島縁結び、新島

海と空の絶景が待つ石山展望台

石の採掘場を頂上まで登ると、真っ青な海の景色とモヤイ像が出迎えてくれる。渋谷のモヤイ像は新島から贈られたものだ。モヤイとは、「思い合う」という語源からきているという。気持ちのいい空の下、ふたりの心の距離を縮めたい。

住所/東京都新島村石山山頂 
アクセス/新島港より車で約20分

新島の縁結び旅&デートにおすすめのスポット

新島を旅したら立ち寄りたいデートスポットや宿をご紹介

グルメ

栄寿司

新島、栄寿司

看板メニューは、特製タレに漬け込んだ旬のネタにカラシをつけていただく島寿司。この日は、島の近海で獲れたカンパチ、メダイ、マダイを使い、お味噌汁付きで2000円。ランチのほか、夜は居酒屋としても営業。明日葉の天ぷらは、ぜひ食べておきたい逸品だ。島民や観光客で混み合うため電話予約を。

TEL.04992-5-1539 
住所/東京都新島村本村5-2-9 
営業時間/11:30~14:00 18:00~22:00 ※ネタがなくなり次第終了
定休日/不定 
カード/不可 
アクセス/新島港より自転車で約15分

グルメ

焼き鳥 大三

新島、焼き鳥 大三

種類豊富な焼き鳥をはじめ、漁師でもある主人が釣った金目鯛のねぎま260円がこちらの名物。出会えない日でも、新島名物である魚のすり身を揚げたたたき揚げ420円、アシタバとツナの和え物300円など、オリジナルの島料理が充実。テーブルや座敷で相席になった地元の人と自然と会話がはずみそう。

TEL.04992-5-0109 
住所/東京都新島村本村5-3-1 
営業時間/17:30~23:00(22:00LO) 
定休日/不定 
カード/不可 
アクセス/新島港より自転車で約15分

グルメ

かじやベーカリー

新島、かじやベーカリー

コロッケパン190円、クリームパン120円、どらちゃん120円など、ふわふわの焼きたてパンはすべて手作り。一度食べたらやみつきになるやさしい味わいで、島外からのリピーターも多いとか。朝7時から営業しているので素泊まりの朝食としてもぴったり。すぐに売り切れることもあるので早めの来店を。

TEL.04992-5-0179 
住所/東京都新島村本村1-8-6 
営業時間/7:00~18:30 
定休日/火(8月は無休) 
カード/不可 
アクセス/新島港より自転車で約15分

グルメ

POOL / PARK cafe & market

新島、POOL / PARK cafe & market

倉庫だった建物をリノベーションしたおしゃれなカフェ。裏の畑で採れた野菜など、島の食材がふんだんに盛り込まれたPOOLプレート1200円や、島の青唐辛子を使ったガパオライス1000円が人気。食後は、自然を感じられるテラスでリラックス。新島出身の女性スタッフに、島のとっておき情報を聞いてみて。

TEL.04992-5-0048 
住所/東京都新島村本村2-9-23 
営業時間/10:00~7:00(ランチ11:30~15:00頃) 
定休日/木 
アクセス/新島港より車で約10分

スポット

新島ガラスアートセンター

新島、新島ガラスアートセンター

世界的にも珍しいコーガ石を原料とする新島ガラス。独特なオリーブグリーンのやさしい色合いは、石に含まれる鉄分で自然にこの色になるのだそう。販売のほか、マイグラスを作れる体験教室も。作品の完成は翌日で、発送もしてくれる。

TEL.04992-5-1540 
住所/東京都新島村間々下海岸通り 
営業時間/10:00~12:00 13:00~16:30 
定休日/火 
料金/見学無料、ガラス工芸体験教室2700円~(要予約・約30分) 
アクセス/新島港より徒歩10分

スポット

新島村博物館

新島、新島村博物館

新島村の自然・歴史・民俗・芸能・農漁業などが一気に学べる博物館。島の祭りなどの貴重な資料や、世界中から収集した60年代のサーフボードの展示もあって見応え十分。新島の知識をプラスすれば、島民との会話もはずみそう。

TEL.04992-5-7070 
住所/東京都新島村本村2-36-3 
営業時間/9:00~17:00(16:30最終入館) 
定休日/月(祝の場合翌休) 
料金/300円 
アクセス/新島港より車で約5分

スポット

石の動物園

新島、石の動物園

新島の特産品・コーガ石でできた動物が点在するユニークな動物園。リスやフクロウなど、島の職人さんが手彫りしたという石像は一つひとつ表情が異なり、茶目っ気たっぷり。羽伏浦海岸のすぐ近くなのでビーチに行く前に立ち寄って。

住所/東京都新島村檜山(羽伏浦公園内) 
入園自由 
定休日/なし 
料金/入場無料 
アクセス新島港より車で約12分

スポット

十三社神社

新島、十三社神社

13の神様が祀られていることが名前の由来。神事の「神楽」「獅子木遣り」は、東京都の無形文化財の指定に。静かな参道の脇には様式の異なる小さな末社が並ぶ。神社のおみくじは願いがかなうと評判。また御朱印がいただけるのでぜひ。

住所/東京都新島村本村2-6-13 
アクセス/新島港より車で約10分

スポット

湯の浜露天温泉

新島、湯の浜露天温泉

港を南に進むと、古代ギリシャをモチーフにした神殿風の建物が登場。ここでは大小6つの温泉を楽しめ、旅の疲れを癒してくれる。水平線に沈む夕日は絶景。24時間入れるので、満天の星の下、大切な人と心ゆくまで温泉を満喫して。

住所/東京都新島村間々下 
営業時間/24時間入浴自由 ※水着着用、ロッカー・シャワーあり 
料金/無料 
定休日/なし
アクセス/新島港より徒歩5分

宿泊

Hostel NABLA

新島、Hostel NABLA

2017年4月にオープン。客室はすべて相部屋のドミトリー形式で、女性専用の部屋も完備。2段ベッドのブース内は、照明、コンセント、ハンガー、タオル掛けのほか貴重品ボックスもあって便利。海をイメージした青色のベッドでゆったりとくつろぎたい。

TEL.04992-5-0376 
住所/東京都新島村本村6-3-1 
料金/1泊1名素泊まり5500円 
IN15:00 OUT10:00 
カード/可 
アクセス/新島港より徒歩20分

新島ってどんなところ?

新島、見どころ
透明度の高い青い海と白い砂浜が続くビーチに降り立つと、ここが東京だなんて信じられないかも!? リゾート感溢れる島内を歩くと、コーガ石と呼ばれる世界でイタリアと新島でしか採れない白い石でできたモヤイ像があちこちに。石山展望台でコバルトブルーの海を眺めたら、夕日スポットでやさしい気持ちに浸り、夜は満点の星に酔いしれる。絶景に包まれ、映画のヒロインになった気分を味わって。

【行き方】
東京・竹芝桟橋より高速ジェット船で約2時間30分10670円、大型客船で約9時間30分7480円~
調布飛行場発の小型飛行機なら、新島まで約40分14100円、1日3便(夏期増便あり)
※料金・運行回数は時期により異なる

【回り方】
村の中心の新島村役場周辺は徒歩かレンタサイクルで回れる。遠方に行くには、レンタカーか観光タクシーが便利

問い合わせ:新島村役場産業観光課 TEL04992-5-0284

東京の島TOPページ&関連記事

気軽に船で縁結び旅ができる、東京の島へ出かけよう!

都心から船に乗って数時間で行くことができる東京の島には、綺麗なビーチや手つかずの自然、心弾む絶景、おいしい食べ物など魅力がいっぱい。彼との仲を深めるのにぴったりなロマンティックなシチュエーションもあり、恋愛のパワースポットとしても注目の東京の島へ旅しよう!

東京の離島・新島で地中海リゾートの雰囲気を味わうなら「羽伏浦海岸」はハズせない! 「羽伏浦海岸」近くには、「石の動物園」がありコーガ石で作られた動物たちがいっぱい。フォトスポットとしてカップルや女子同士で行ってみよう。新島ならではのコーガ石の恩恵を別のカタチで楽しむなら「新島ガラスアートセンター」へ。コーガ石を原料としたオリーブグリーンの新島ガラスに触れられる。新島のシンボル的存在のコーガ石で作られたモヤイ像があるのは「石山展望台」という絶景スポット。新島には温泉もあり24時間無料で入れる「湯の浜露天温泉」(要水着着用)や砂風呂でデトックスができる「まました温泉」はぜひ立ち寄りたい。中心街には、どこか懐かしいおみやげが並ぶ「前忠商店」、島いちばんといわれるほどおいしいパンが食べられる「かじやベーカリー」、島寿司が食べられる「栄寿司」、お酒を飲みながら食事をするなら地元の人に愛されている「焼き鳥 大三」がおすすめ

  • LINEで送る

TOP