利島

東京離島縁結び、利島

外周約8㎞の伊豆諸島で最も小さな有人島。夏は大きなサクユリの甘い香りで満たされ、冬は可憐なツバキの花が島全域に咲く花のアイランド。カエデやシイなどの力強い巨木からはパワーがもらえそう。バードウォッチングや星空観測、神社めぐりなど気持ちが和む時間を過ごせる

更新日:2018/08/31

利島の縁結びポイント

利島、

島を守る3つの神社

一番神社・阿豆佐和気命神社、二番神社・大山小山神社、三番神社・下上神社の順でお参りをする、島の伝統の「山回り」を体験してみて。花にあふれる美しい利島を造った神様を順番に参拝すれば、美のパワーがみなぎるかも!?  1時間ほどでスピリチュアルな神社めぐりができるのも嬉しい。

利島の縁結び島旅デートにおすすめのスポット

利島を旅したら立ち寄りたいデートスポットや宿をご紹介

ショップ

利島のおみやげ屋さん モリヤマ

利島のおみやげ屋さん モリヤマ

2015年にオープンした小さなおみやげ&雑貨店。ツバキをモチーフにしたレトロでキュートなハンドメイドの雑貨やアクセサリー、明日葉などの特産品のほか、ここでしか買えないモリヤマオリジナルのおみやげも。絶品のジェラートは食べ歩きにおすすめ。

TEL.04992-9-0201 
住所/東京都利島村255 
定休日/不定
カード/不可 
アクセス/利島港より徒歩10分

利島ってどんなところ?

利島
外周約8kmの伊豆諸島で最も小さな有人島。島の約8割は椿林というだけあり、日本屈指の椿油の生産地としても有名。夏は大輪のサクユリの甘い香りで満たされ、冬は約20万本ものツバキの花が咲き誇る。昔ながらの温かみある素朴な生活が息づく島には、高い建物がなく、満天の星空も自慢の景観。ツバキの絨毯を歩いたり、イルカウォッチングや歴史を感じる神社めぐりなどをしたり、のんびりと心和むひとときを過ごしたい。

【行き方】
東京・竹芝桟橋より高速ジェット船で約2時間30分9380円、大型客船で約9時間6190円~
大島発のヘリコプターなら、利島まで約10分7230円、1日1便
※料金・運行回数は時期により異なる

【回り方】
公共交通機関はなく、1日で島を徒歩で回れる

問い合わせ:利島村役場 TEL.04992-9-0011

東京の島TOPページ&関連記事

気軽に船で縁結び旅ができる、東京の島へ出かけよう!

都心から船に乗って数時間で行くことができる東京の島には、綺麗なビーチや手つかずの自然、心弾む絶景、おいしい食べ物など魅力がいっぱい。彼との仲を深めるのにぴったりなロマンティックなシチュエーションもあり、恋愛のパワースポットとしても注目の東京の島へ旅しよう!

東京の離島・利島はフラワーアイランド。夏はサクユリの甘い香りが広がり、冬には椿の花が咲く。そんな花にあふれる利島には、「一番神社・阿豆佐和気命神社」「二番神社・大山小山神社」「三番神社・下上神社」と3つの神社があり、利島伝統の「島回り」をカップルや女子同士で体験しよう。カップルで仲を深めるのなら、利島でいちばん高い山「宮塚山」に登って。「宮塚山」の東側の登山口には「ウスイゴウ園地」があるので立ち寄ってみて。「宮塚山」の南側には緑地公園「南ヶ山園地」が。新東京百景にも選ばれるほど雄大な風景が望める。島の各所には、椿の段々畑「椿畑」があり、椿の季節には、島全体が真っ赤な椿に覆われ椿のじゅうたんが広がる。利島の旅の締めくくりにおみやげを買うなら「モリヤマ」へ。「モリヤマ」オリジナルのおみやげや絶品ジェラートもある

  • LINEで送る

TOP