福島県・福島市/足を延ばして果樹園&飯坂温泉へ vol.54

福島県

更新日:2018/09/11

福島県

専門店巡りに、果樹園、温泉も触れ合って、つながるさんぽが楽しい

少しずつ秋の気配が漂い、過ごしやすくなってきたこの季節。旅先での街歩きをゆっくりと楽しみたくなる。そんな休日には、東京から新幹線で約1時間30分の福島へ。地元の人との触れ合いも楽しむ、"つながりトリップ"を。市街地には古くから専門店文化が根付き、今も多彩なジャンルの個人店が並ぶ。しかも店の人たち同士のつながりが濃く、情報交換したり、お客さんを紹介し合ったり。特に東日本大震災後は、「福島を元気にしたい」との思いから、その絆がいっそう深まったそう。さらに福島は果物の名産地で、また名湯の里としても有名。市街地から足を延ばして果樹園や温泉地も訪れたら、人と人、人と土地とのつながりをより強く感じられ、ほっと心和む旅になるはず。

アクセス& 巡り方

東京駅より東北新幹線で約1時間30分、福島駅下車。福島市街地は徒歩、郊外へは電車またはバスを利用。なお飯坂温泉駅は福島駅より福島交通飯坂線で約25分

足を延ばして、カルチャーも集まる果樹園でフルーツ狩り

福島県

あんざい果樹園

LIFEKUのメンバーで、地元では"あんかじゅ"の愛称で親しまれる果樹園。季節のフルーツ狩りが楽しめるほか、敷地内には園主の奥様が厳選した器のギャラリーやツリーハウスも。イベントが開催されることも多く、地域の人々の集いの場にもなっている。

DATA

TEL.024-591-1064 
住所/福島県福島市町庭坂字原ノ内14 
営業時間/9:00~17:00 
定休日/不定 フルーツ狩りはフルーツ・季節により異なる 
アクセス/福島駅より運転免許センター経由庭坂行きバスで約20分、運転免許センター下
車徒歩5分

さらに足を延ばして、飯坂温泉で湯巡りさんぽ

福島県
包み紙がレトロかわいい「岩城屋米穀店」のラジウム玉子1個54円。飯坂温泉にはラジウム玉子の店が5軒も。店によって味わいが異なるので、地元の人にお気に入りを聞いてみて

岩城屋米穀店

飯坂温泉の名物・ラジウム玉子は63~70℃の温泉で卵を茹でたもの。こちらでは福島県産の赤玉を使用。濃厚な黄味の、とろっとまろやかな口当たりがクセになる。

DATA

TEL.024-542-4437 
住所/福島県福島市飯坂町立町1 
営業時間/8:30~18:00 
定休日/日 
アクセス/飯坂温泉駅よりすぐ

福島県
茂庭っ湖スープカレー1250円はドリンク付き。

oncafé 鯖湖湯前

温泉街に佇む古民家カフェ。人気は和風テイストながら、しっかりスパイシーな茂庭っ湖スープカレー。たっぷりの野菜、ラジウム玉子も付いて食べ応えあり。

DATA

TEL.024- 542-3159 
住所/福島県福島市飯坂町字湯沢26 
営業時間/10:30~18:00 
定休日/水 
席数/20 
アクセス/飯坂温泉駅より徒歩8分

福島県
「旧堀切邸」では足湯や手湯で気軽に温泉

福島市 旧堀切邸

江戸時代から続く豪農・豪商の旧家の邸宅を無料で一般公開。県内に現存する最大で最古の土蔵など歴史的な建造物が並ぶ。足湯や手湯でひと休みするのも◎。

DATA

TEL.024-542-8188 
住所/福島県福島市飯坂町東滝ノ町16 
営業時間/9:00~21:00 
定休日/なし 
料金/無料
アクセス/飯坂温泉駅より徒歩5分 

福島県・福島市 つながりトリップ

福島市でつながりトリップ

福島で楽しみたいのが、"つながり"をたどる店巡り。震災後に福島を活気づけるために結成されたプロジェクト「LIFEKU」のメンバーが営む店や大町のニューヤブウチビルを訪ねよう

Present

Present
LIFEKUのオリジナルグッズをプレゼント

今回は、「LIFEKU」のピンバッジとポストカードを1つずつセットにして2名様にプレゼント。「LIFEKU」とは、震災後に福島を活気づけようと地元の有志たちで結成されたプロジェクトのこと。デザインは、イラストレーター・藤本将さんが担当。かわいいイラストには、“子供たちの未来”“福島からのメッセージ”などの思いが込められている。福島県についてのアンケートに答えて、プレゼントをもらおう。

日本のイイトコドリップ

日本のイイトコドリップ

東京女子のココロが動く、まだ知らない日本のイイトコを抽出して届ける連載「イイトコドリップ」は、毎月1つの旅先をお届け。ぜひチェックして、次の旅のきっかけを見つけて!

PHOTO/MANABU SANO  WRITING/MIE NAKAMURA(JAM SESSION) 

  • LINEで送る

TOP