【神津島女子旅】島のパワースポットに訪れて、いい出会いを願う1泊2日神津島女子旅を編集部が提案!

東京離島、神津島

神様が集ったという神話が残る神津島は、伊豆諸島の中でも清らかな湧き水が豊富で、いくつものパワースポットがある神秘的な場所。今回は、素敵な出会いを求める女子に向けて、幸せを呼び込むための神津島1泊2日コースを編集部がご提案!

更新日:2019/01/08

女友達とめぐりたい、一泊二日の神津島旅のポイントとは?

東京離島、神津島、

神津島のパワースポットをめぐって、いい出会いを引き寄せる運気を高めよう

神津島女子旅のテーマはずばり、出会いの運気を上げること! はるか昔に神々が集ったというこの島で、エメラルドグリーンの透明な海を眺めているだけでも、心が浄化されるような気分になれる。島の信仰を集める神社にお参りしたり、飲むと幸せになれる湧水を味わったりして、恋の運気を高めよう。
夜は、島の人々が集う居酒屋やクラフトビールのブリュワリーへ。神津島の人たちは優しい人が多いというから、女子同士で訪れればきっと温かい交流が楽しめるはず。もしかしたら、ここで素敵な出会いが待っているかも!?
神秘的な神津島のパワースポットをめぐる旅を通して、いい出会いを呼び込む運気をアップさせよう。

【神津島お役立ちお店情報】
・「マルハン」
島で唯一のスーパー。お酒やおつまみ、おやつはここで調達を。鮮魚仲卸しが運営しているだけあって珍しい魚が揃い、見ているだけでも楽しい。
住所/東京都神津島村1445 営業時間/10:00〜20:00 月定休

・「水配り像」
伊豆七島の神々が天上山に集まって、それぞれの島の水を配分を決めたという伝説を表した像。前浜海岸近くにあるので、ここで記念撮影を。
住所/東京都神津島前浜海岸 

■交通について
今回は、高速ジェット船を利用。約4時間で神津島に到着。料金は往復20060円。島内は、レンタカーを利用

1泊2日の神津島女子旅モデル行程表

【1日目】
07:35 竹芝出発
11:40 神津島到着
12:00 まいとりぃで昼ごはん
13:30 赤崎遊歩道でさんぽ
15:00 民宿まつよしにチェックイン
17:00 居酒屋たつみで夜ごはん
20:00 Hyuga Breweryで地ビールを

【2日目】
07:30 民宿まつよしで朝ごはん
08:00 物忌奈命神社(ものいみなのみことじんじゃ)にお参り
09:00 多幸湧水を飲んで多幸湾でのんびり
10:30 関庄商店で昼ごはんとおみやげ購入
12:45 神津島出発
16:20 竹芝到着
(ジェット船の時間は、ハイシーズンの土・日、休日の時刻表を参照。料金・運行時間は季節により異なる)

女友達と過ごす神津島の1日目

神津島、まいとりぃ
3色そばは華やかな彩りも女子好み

地元の名産を練りこんだ手打ち蕎麦で運気アップ!

長い船旅を終えて、ようやく神津島に到着したら、さっそく腹ごしらえ。せっかくの運気アップの旅だから“細長いもの”のお昼ごはんをいただこう。風水では「縁をたぐり寄せる」といわれる。そこでおすすめなのが蕎麦の店「まいとりぃ」。国産石臼挽きのそば粉と神津島の水を使った手打ちそばは、本格的な味わいが地元の人にも人気。3色そばは、通常のせいろに、明日葉やケシの実を練りこんだそばの3種盛り合わせ。

まいとりぃ

TEL. 04992-8-1123
住所/東京都神津島村668-2
営業時間/11:30〜13:30
定休日/日
アクセス/神津島港より徒歩5分

神津島、赤崎遊歩道
海の上の木造遊歩道はフォトジェニック! 遊歩道を歩くのもスリリングで楽しい

「赤崎遊歩道」で、心洗われるようなエメラルドグリーンの海を堪能

透明度の高い神津島の海を眺めていると、心が清められるよう。そんな神津島の海の美しさを堪能できるとっておきのスポットが「赤崎遊歩道」。ここの海の色はまさにエメラルドグリーンで、目を見張るほどの美しさ。すべて木で作られている遊歩道は島のシンボル的存在で、吊り橋や飛び込み台もあり夏の間は海水浴客でにぎわう。入り江で波の少ない地形だから、ゆったりと散策しながら穏やかな海を眺められる。ここでのんびり女子同士のおしゃべりを楽しんで。

赤崎遊歩道

住所/東京都神津島村神戸山1
アクセス/神津島港より車で15分
※赤崎遊歩道は、改修工事のため2019年3月14日まで立ち入り禁止

神津島、前浜海岸
左)手前から、ビールにぴったりの「うつぼ唐揚げ」500円。みずみずしい「赤イカ刺身」1000円は唐辛子醤油が島流の食べ方 (右)その日のおすすめは店内の張り紙をチェック

夜ごはんは、島の人たちとの交流も楽しいローカル居酒屋で

綺麗な海を楽しんだら、宿にチェックイン。民宿のごはんも素敵だけれど、せっかくだから夜は地元の人たちが集まる店に行ってみよう。島唯一の居酒屋「たつみ」は、なぜか島の常連さんからは「ちょーちん」と呼ばれている人気店。壁一面に貼られたお客さんの写真もローカル感いっぱい。神津島でとれる新鮮な魚介料理やうつぼの唐揚げといった珍しい料理もある。神津島の焼酎「盛若」とともに島料理を味わって。カウンターで隣合わせた島の人に「これはどんな料理?」なんて話しかければ、そこから会話がはずみいい出会いになるかも。

居酒屋 たつみ(ちょーちん)

TEL. 04992-8-0289
住所/東京都神津島村74
営業時間/17:00〜23:30
定休日/水
アクセス/神津島港から徒歩10分

神津島、Hyuga brewery
(左)島随一のおしゃれな雰囲気 (上)作りたての地ビールは絶品 (下)明日葉ピザなど島の特産を使ったメニューも味わえる

神津島の湧水仕込みのクラフトビールを片手におしゃべりを

まだまだ女友達と一緒に島の人と飲んで話したい! そんなときにぴったりなのが「Hyuga brewery」。ここは伊豆諸島唯一のクラフトビールの醸造所。神津島の湧水で仕込んだ、水のおいしさを感じるフレッシュな地ビールは感動もの。明日葉を使ったビール「アンジー」など、島ならではのビールをぜひ味わって。カジュアルな雰囲気だから、お店の人やお客さんとの会話も楽しめる。

Hyuga brewery

TEL.04992-7-5335
住所/東京都神津島村142-2
営業時間/18:00〜23:30(23:00LO)
定休日/月
アクセス/神津島港より徒歩9分

女友達と過ごす神津島の2日目

神津島、物忌奈命神社
境内はすがすがしさいっぱい! 参道を覆う木々の生命力にも圧倒される

島の神様をおまつりした「物忌奈命神社」で清らかなパワーをいただこう

「民宿まつよし」で女将さん手作りのおいしい朝ごはんをいただいた後は、島の神社にお参りを。「物忌奈命神社」は、島の開祖とされる神様がまつられた神社。規模こそ小さいけれど、白砂が敷き詰められた境内はきれいに清められていて、島の人たちに大切にされていることがわかる。枝をくねらせて力強く生える樹木からもパワーがもらえそう。朝いちばんに神津島のパワースポットにみなぎるいい気を、女友達と吸収して。

物忌奈命神社

住所/東京都神津島村41
アクセス/神津島港より徒歩3分

神津島、多幸湧水
(左)勢いよく注ぐ多幸湧水。その冷たさにもびっくり! (上)多幸湾の美しい海と白い砂浜、荒々しい天上山の絶景も美しい (下)この看板を目印に

幸せになれるというおいしい水「多幸湧水」を飲んで出会い祈願

お参りのあとは、島の東側にある多幸湾へ。お目当ては、名前からも幸せがあふれていそうなパワースポット「多幸湧水」。天上山に降った雨が裾野付近で湧き出たこの湧水は、「東京の名湧水57選」のひとつにも選ばれたおいしい水。年中冷たくて透明度が高く、まろやかな口当たり。その名前の通り、飲めば幸せになれるという言い伝えがあるから、女友達とふたりで飲んで幸せをつかんで。

多幸湧水

住所/東京都神津島村榎木が沢
アクセス/神津島港より車で15分

神津島、関庄商店
おにぎりセット(2個入り)300円。売り切れる可能性があるので、午前中早めの時間に訪れて

「関庄商店」の名物おにぎりセットで、帰りの船でも島グルメ!

竹芝への船はお昼過ぎに出るので、お昼ごはんは島グルメをテイクアウトして、船でゆっくり味わおう。そんなときにぴったりなのが「関庄商店」のおにぎりセット。島料理「しょうゆ飯」と「ワカメ」のふたつの味のおにぎりに、名物のカワハギの干物とたくあん付き。香ばしい醤油の香りや島のりの磯の香りがしみじみと味わい深い。お店にはところてんやのりなど島の名物も売っているから、ここでおみやげを買って行くのもおすすめ。

関庄商店

TEL. 04992-8-0021
住所/東京都神津島村816
営業時間/7:30〜21:00
定休日/第1・3水
アクセス/神津島港より徒歩10分

友達同士で過ごすのにおすすめの宿

おかみさんの優しさと清潔感あふれる「民宿まつよし」

神津島、民宿まつよし

気取らない女同士の旅にぴったりな宿が「民宿まつよし」。綺麗好きのおかみさんの手入れが行き届いた館内は清潔感いっぱいで、心地よく滞在できる。各部屋に鏡台があったり、浴衣やバスタオルが用意されているのが女子にとってはありがたい。料理自慢のおかみさんが手作りするところてんやボリューム満点の魚介料理も絶品。集落の中心にあり、どこに出かけるのにも便利。

【民宿まつよし】
TEL. 04992-8-0638
住所/東京都神津島村704
料金/1泊朝食付き7000円〜、1泊2食付き8500円~
アクセス/神津島港より徒歩10分

民宿まつよし

PHOTO/HIROSHI KIYONAGA MANABU SANO TEXT/MIYO YOSHINAGA

  • LINEで送る