島根のたたら文化に触れて「一生モノ」を探す旅

島根、安来市、雲南市、奥出雲町、手仕事、旅

かつて、たたら製鉄で栄えた島根県奥出雲地方の安来市、雲南市、奥出雲町。3つの町でたたら製鉄から生まれた文化に触れ、ずっと愛用したくなる手仕事モノを見つける旅へ

更新日:2019/01/15

たたら文化の丁寧な手仕事に触れ、「一生モノ」を探しに島根へ旅する1泊2日のモデルコース

1日目

08:20 羽田空港集合
09:25 羽田空港より米子空港へ
10:50 米子空港到着。バスで安来市へ移動
11:50 和鋼博物館を見学
13:00 安来節演芸館で安来節の公演観賞&お弁当ランチ
14:20 鍛冶工房 弘光を見学
16:00 雲州忠善刃物で見学&体験
18:00 さぎの湯荘チェックイン
18:30 さぎの湯荘にて夕食

2日目

07:30 さぎの湯荘にて朝食
08:55 さぎの湯荘チェックアウト
    その後、「足立美術館」へ徒歩で移動
09:00 足立美術館を見学
11:40 姫のそば ゆかり庵にてランチ
13:00 森田醤油店を見学
14:40 菅谷たたら山内を見学
16:00 斐伊川和紙で見学&体験
17:30 道の駅さくらの里きすきで買い物

19:30 米子空港到着
20:40 米子空港より羽田空港へ
22:00 羽田空港到着

1日目
たたら製鉄が生んだ文化・手仕事を巡る

島根、安来市、雲南市、奥出雲町、手仕事、旅

歴史・芸能・職人技を通して“たたら”を感じる

映画『もののけ姫』の題材にもなった木炭と砂鉄から鉄を作りだす日本古来の製鉄技術・たたら製鉄。まずは鋼の町・安来市を訪れ、博物館でたたら製鉄をお勉強。たたら製鉄にゆかりがあるという“安来節”と“どじょうすくい踊り”の公演を行う演芸館では、民俗芸能の鑑賞を。その後は奥出雲町へ移動し、たたら製鉄から発展した鍛冶の技術を継承するふたつの工房で作業場見学とお買い物。出雲地方を代表する名湯・さぎの湯温泉の老舗宿に宿泊して、自慢の温泉と地域のおいしい味覚をとことん堪能しよう。

島根、和鋼博物館
島根、和鋼博物館

博物館でたたら製鉄を知る初めの一歩

「たたら製鉄ってなに?」を知るため、安来市のたたらの総合博物館「和鋼博物館」へ。山林から採取した砂鉄と木炭で鉄を作りだす、たたら製鉄の技術を模型や資料で学ぶことができる。たたらの歴史や日本各地へどのように鉄が運ばれたかなどを知ることができ、たたら製鉄を知る第一歩に。さらに、たたら製鉄からでしか作ることのできない「玉鋼」を使用した日本刀を実際に持てる貴重な体験ができるのも楽しみのひとつ。

島根、安来節演芸館
島根、安来節演芸館

軽快で楽しげな民俗芸能を鑑賞

安来市に古くから伝わる“安来節”と“どじょうすくい踊り”。民謡・安来節にはたたら製鉄にまつわる歌詞が随所に盛り込まれ、どじょうすくい踊りの動きは、砂鉄を採取するときの動作がルーツという説も。この公演を毎日行っているのが、「安来節演芸館」。今回は地元産の食材を使用したお弁当を食べながら鑑賞する団体向けプランだったけれど、個人の場合は演芸館に併設された食事処「どじょう亭」でランチしてから鑑賞するのがおすすすめ。

島根、鍛冶公房弘光
島根、鍛冶公房弘光

繊細な技が光るモダンな鉄製品

奥出雲地方のたたら製鉄の歴史とともに定着した鍛冶の技術。江戸時代に刀剣を作る工房として始まった安来市の「鍛冶工房 弘光」。現在は、父、息子、娘の親子3人で、器や燭台といった今の暮らしに合う鉄製品を製造販売している。炭火を起こし、鉄を打つ昔ながらの技術で作られる鉄製品は、使うほどにツヤが出るなど経年変化も楽しみで、末永く愛用できる一品。工房は事前予約で見学が可能。

島根、雲州忠善刃物 川島
雲州忠善刃物 川島

和鉄の名産地で愛用できる包丁を

和鉄の産地だったため、刃物作りも盛んに行われてきた奥出雲地方。奥出雲町の「雲州忠善刃物」は、明治時代から4代続く鍛冶職人の一門。ひとつずつ手作業で作られる包丁は切れ味抜群で、食材を驚くほど薄くスライスできる。使う頻度によるけれど、年に1~2回、砥石で研ぐお手入れをすれば、数十年使い続けられるとか。万能包丁、菜切包丁など目的に合わせた包丁があるので、試し切りさせてもらって、お気に入りを見つけよう。

島根、さぎの湯荘
島根、さぎの湯荘
島根、さぎの湯荘

名湯・さぎの湯温泉の老舗宿にステイ

創業100年を超える老舗の風格と、肩の力がすっと抜ける和やかさを併せ持つ「さぎの湯荘」。地元の旬の食材をふんだんに盛り込んだ夕食や、12.5畳の和室にダイニングルームが付いた客室、築約130年の古民家を移築した別邸など、贅沢気分で過ごせる魅力がたくさん。源泉かけ流しの露天風呂、内湯、無料の貸し切り風呂はもとに15時から翌朝9時まで入浴可能。さらりとした肌触り湯を心ゆくまで楽しんで。

PR/鉄の道文化圏推進協議会
PHOTO/AYUMI OOSAKI WRITING/MIE NAKAMURA(JAM SESSION)

  • LINEで送る

TOP