島根のたたら文化に触れて「一生モノ」を探す旅

島根、安来市、雲南市、奥出雲町、手仕事、旅

かつて、たたら製鉄で栄えた島根県奥出雲地方の安来市、雲南市、奥出雲町。3つの町でたたら製鉄から生まれた文化に触れ、ずっと愛用したくなる手仕事モノを見つける旅へ

更新日:2019/01/22

たたら文化の丁寧な手仕事に触れ、「一生モノ」を探しに島根へ旅する1泊2日のモデルコース

1日目

08:20 羽田空港集合
09:25 羽田空港より米子空港へ
10:50 米子空港到着。バスで安来市へ移動
11:50 和鋼博物館を見学
13:00 安来節演芸館で安来節の公演観賞&お弁当ランチ
14:20 鍛冶工房 弘光を見学
16:00 雲州忠善刃物で見学&体験
18:00 さぎの湯荘チェックイン
18:30 さぎの湯荘にて夕食

2日目

07:30 さぎの湯荘にて朝食
08:55 さぎの湯荘チェックアウト
    その後、「足立美術館」へ徒歩で移動
09:00 足立美術館を見学
11:40 姫のそば ゆかり庵にてランチ
13:00 森田醤油店を見学
14:40 菅谷たたら山内を見学
16:00 斐伊川和紙で見学&体験
17:30 道の駅さくらの里きすきで買い物

19:30 米子空港到着
20:40 米子空港より羽田空港へ
22:00 羽田空港到着

2日目
たたらの歴史と文化をたどる

島根、安来市、雲南市、奥出雲町、手仕事、旅

たたらが生んだ、さまざまな恵みに触れる

2日目の朝は、宿泊した「さぎの湯荘」から歩いてすぐのところにある、日本庭園が有名な「足立美術館」へ。美しい庭園で感性をめざめさせたら、たたらにまつわるスポット巡り。奥出雲地方のたたら製鉄は、ただ鉄を作るだけでなく、砂鉄を採取するために崩した山林の跡地を田畑にしたり、製鉄に取り組む人々の姿勢や思いが日常の手仕事へ発展したりと、後世にもつながるさまざまな文化や恵みをもたらしてきた。実際にたたら製鉄の操業が行われていた施設や、出雲そばの店、醤油店、和紙工房を訪れ、たたらの文化を体感しよう。

島根、足立美術館
島根、足立美術館

日本庭園と日本画で美意識を磨く

“日本画と日本庭園の融合”をコンセプトにした「足立美術館」。5万坪におよぶ敷地には背後に広がる山並みを借景にした枯山水庭、すべての樹木が斜めに植えられた苔庭など、美しさを追及して作庭された日本庭園が。館内には窓枠を額縁に見立てた庭園ビューポイントがあり、まるで絵画のような日本庭園が鑑賞できる。展示室では、日本画の巨匠・横山大観の作品をはじめ、日本近現代の作品を公開。

島根、ゆかり庵
島根、ゆかり庵

出雲そばの人気店で、たたらの恵みを

たたらが育んだ食の恵みを堪能できるのが、奥出雲町の稲田神社境内に佇む「姫のそば ゆかり庵」。こちらでは、奥出雲町横田地区で古くから生産されていた在来種・横田小そばと地域のブランド米・仁多米を自家栽培。風味もうまみも豊かな横田小そばの十割そば、米の甘みをしっかり感じる塩むすび、日替わりのお惣菜などがセットになったそば御膳で、そのおいしさを満喫しよう。

島根、森田醤油
島根、森田醤油

昔から変わらぬ製法で醤油を醸造

奥出雲町で110年以上続く「森田醤油店」も、たたらに培われた手仕事の技を感じる1軒。島根県産を中心とした国産大豆と小麦、天日塩を原料に、奥出雲の湧き水で仕込まれる醤油は、麹づくりも自社で行い、木樽で熟成させるなど、昔ながらの製法で醸造。濃い口醤油、加熱していない生醤油、3年熟成など、香りも味わいも異なる醤油が多彩に揃い、好みの味を見つける楽しみが。ぽん酢、だしつゆも種類豊富に揃う。

島根、たたら三内
島根、たたら三内

たたら師の仕事と暮らしを偲ぶ

“たたら”をテーマにした旅に欠かせないのが、雲南市の「菅谷たたら山内」。山内とは、たたらに従事する人たちが働き、暮らした集落のことで、今も家屋や作業場が残されている。大正時代まで操業していた高殿と呼ばれる施設は、映画『もののけ姫』のたたら場のモデルになったとか。祖父と父がたたらに従事していて、この山内で育った施設長をはじめ、スタッフが案内してくれるので、たたらのことをもっと詳しく知る機会に。

島根、斐伊川和紙
島根、斐伊川和紙

和紙作りして奥出雲の手仕事を体験

かつて紙すきの里と呼ばれた雲南市三刀屋町では、和紙作り体験を。教えてくれるのは、この地に唯一残る「斐伊川和紙」の職人・井谷伸次さん。井谷さんが実際に使っている道具で本格的な和紙作りに挑戦できる。和紙は天日干しで乾燥させるため、完成品は後日郵送。斐伊川和紙は丈夫で長持ちすると評判だから、長く使い込めて、愛着も沸くはず。便箋、封筒、名刺入れなど井谷さんによる和紙製品も販売している。

オズ読者も行ってきました

たたら文化に触れて「一生モノ」を探しに島根県の奥出雲地方へ出かけた1泊2日の旅。「都会生活は便利すぎて、日本の昔ながらの文化を忘れてしまい、知る機会さえ少ない毎日ですが、こういう文化こそ大切と気付かされました」「日本のよき伝統を感じられた旅。手仕事のよさと文化は絶えさせたくないと強く思いました」「たたらの歴史、手仕事にこだわる職人さんに出会えた地は、私自身の大切にしたい場所になりました」「奥出雲地方はムダを極力出さず、地産地消するなど、いろいろなことがつながっている。だから丁寧で穏やかな暮らしができるのかなと。自分の生活を見つめ直すきっかけがもらえました」と、一生モノに出会うだけでなく、日本の文化や手仕事のよさを改めて感じる旅になったよう。

PR/鉄の道文化圏推進協議会
PHOTO/AYUMI OOSAKI WRITING/MIE NAKAMURA(JAM SESSION)

  • LINEで送る

TOP