広島県福山市・潮待ち文化の港町で、五感を磨く旅

広島県・福山市/潮待ち文化の港町で、五感を磨く旅

瀬戸内の中央に位置し、かつて港町として栄えた広島県福山市。今もこの地に息づく“潮待ち文化”を感じながら、古い町並みを歩いたり、地元の人とふれあったり。禅の世界も体験して、五感を研ぎ澄ます2泊3日の旅を

更新日:2019/02/19

歴史・文化を感じながら巡る、広島県福山市2泊3日の旅モデルコース

1日目

08:10 東京駅より、新幹線で福山駅へ
11:42 福山駅到着。鞆の浦へ移動
12:30 鞆の浦(とものうら)の町歩き+鯛亭にてランチ
16:30 阿伏兎観音を参拝
17:30 せとうち母家チェックイン
18:00 せとうち母家にて夕食

08:00 せとうち母家にて朝食
09:30 神勝寺 坐禅堂にて坐禅体験
11:00 神勝寺 荘厳堂で禅画鑑賞
12:00 神勝寺 五観堂にてランチ
13:30 神勝寺 秀路軒にて抹茶&和菓子
14:30 神勝寺 洸庭にて禅アートの世界を体験
15:10 福山駅前へ移動
16:00 アンカーホテル福山チェックイン
17:00 福山駅周辺にて夕食&はしご酒体験

08:00 アンカーホテル福山にて朝食
10:00 カイハラデニムで貝原歴史資料館の見学と藍染体験
12:30 日和食堂のお弁当でランチ
13:30 古民家アトリエでワークショップ
15:30 福山駅へ移動
16:15 福山駅でお土産購入
16:59 福山駅より新幹線で東京駅へ
20:33 東京駅到着

1日目
潮待ち文化が生まれた鞆の浦へ

広島県・福山市/潮待ち文化の港町で、五感を磨く旅

潮待ち港として栄えた瀬戸内海の港町・鞆の浦をのんびりと歩く

福山駅に着いたら、今回の旅のキーワード“潮待ち文化”が生まれた港町・鞆の浦へ。人々が潮の流れを利用して航海していた時代、身分も職種もさまざまな人たちが潮の満ち引きを待った“潮待ちの港”として栄えた鞆の浦(とものうら)。そんな港町では、昔のままの町並み、瀬戸内海の美しい風景、おいしいものを満喫しながら歩き、“潮待ち文化”に触れる第一歩を。鞆の浦からひと足のばして、福山を代表する絶景、古民家ゲストハウスのステイも楽しんで。

広島県・福山市
広島県・福山市

歴史薫る町並みが今もなお残る鞆の浦

江戸時代に港町として発展した鞆の浦。今も夕方になると灯りを点す灯台「常夜燈」、石組み階段の船着き場「雁木(がんぎ)」、入り組んだ路地などが残り、歩くほどにノスタルジックな気分に。鞆の浦では地元のボランティアガイドの案内で町歩きするのもおすすめ(要予約)。地域の今昔を知れて、旅がいっそう楽しくなる。

福山市・鯛亭
福山市・鯛亭

鞆の浦巡りのランチには名物の鯛めしを

鞆の浦グルメ・鯛めしを味わうなら、市営渡船場の近くにある「鯛亭」へ。熟練の料理長による鯛めしには、鯛のほぐし身がたっぷり。口に運ぶたびに鯛の豊かな風味が広がり、じっくりかみしめて味わいたくなる。人気の鯛めしデラックスは前菜やお造りの盛り合わせとお吸い物付き。地域のおいしいあれこれを堪能できる。

福山市・阿伏兎観音
福山市・阿伏兎観音

おっぱい絵馬も圧巻の由緒ある景勝地

瀬戸内海にせり出した断崖絶壁の上に立つ「阿伏兎観音」は、福山を代表する絶景スポット。国の重要文化財に登録される朱塗りの観音堂からは瀬戸内海が見下ろせ、その壮大な風景はため息ものの美しさ。古代から子授け、安産の観音様としても親しまれ、観音堂に手作りのおっぱい絵馬がたくさん奉納されている。

福山市・せとうち母家
福山市・せとうち母家

古民家ゲストハウスで里山暮らしをプチ体験

大きな看板犬が迎えてくれる「せとうち母家」は、里山にたたずむ築 100 年越えの古民家を活用した1日1組限定のゲストハウス。調理器具や調味料が揃ったキッチン、バーベキュースペースが用意されているので、食材を現地調達して、思い思いに土地の恵みを満喫しよう。今後はケータリング付きのプランも実施予定。

Access
東京駅より福山駅まで新幹線のぞみで直通約3時間30分。鞆の浦へは福山駅より鞆鉄バスで、鞆の浦または鞆港行きに乗車。鞆の浦~鞆港は歩いて5分ほどの距離なので、どちらで降りても町歩きしやすい。バスの乗車時間は約30分

PR/広島県福山市
PHOTO/AYUMI OOSAKI WRITING/MIE NAKAMURA(JAM SESSION)

  • LINEで送る

TOP