30ポイント全プレ付きクイズ実施中!大雪原や氷のアート、焼肉まで魅力満載の「ひがし北海道」へ旅しよう

更新日:2019/03/05

(上)海岸に打ち上げられた氷が太陽の光を浴びて輝くジュエリーアイス (下)見渡す限り氷の平原が広がる野付湾。遠近法を使ったトリックアートでも話題に

神秘的なウィンターアートに感動
360度に広がる大雪原で壮大な雪遊びを

今年の冬、雪遊びは満喫できた? そろそろ冬も終わってしまうけど、一面の白銀世界が広がる「ひがし北海道」では、ふかふかに敷き詰められた雪の上でまだまだたくさんのアクティビティが楽しめる。なかでも目当てにしたいのが、氷点下の厳しい気候が生み出す神秘的な風景の数々。例えば全長26kmの細長い野付半島の内側に位置する野付湾は氷点下を迎えると結氷し、360度に渡って氷の平原が出現。その上を歩く「氷平線ウォークツアー」は北海道の雄大な大自然を体いっぱいに感じられるイチ押しのアクティビティ。また十勝川を覆いつくす氷が太平洋に流れ出して河口の海岸に打ち上げられ、太陽の光が当たって美しく輝く「ジュエリーアイス」はSNSでも話題のアート。そのほか阿寒湖や知床五湖の上を歩くスノーシューイングや十勝平野の大雪原を駆け抜ける犬ぞりツアーなど、北海道でしか楽しめないアクティビティが満載。美しく壮大な雪原の中で“大人の雪遊び”を楽しんで。

※雪や氷の状態によりアクティビティが楽しめる期間は異なります。ご確認ください

北見のソウルフード・焼肉を堪能して
2軒目はおしゃれなカクテルバーへ

「ひがし北海道」を訪れたらぜひとも味わいたいのが焼肉。冬季オリンピックで一躍有名になったカーリング女子チームの地元「北見」は実は焼肉の聖地で、街には焼肉屋さんがずらり。名物は牛サガリ(ハラミ)や豚ホルモンなどの内臓系で、炭火七輪で余分な脂を落としながら香ばしくジューシーに焼き上げ、塩やコショウ、またはフルーツや地元産玉ねぎで作られた各店自慢のオリジナル生ダレに絡めて頬張るのが北見流。また、北見はカクテルバーが多いカクテルの街としても有名で、全国的なコンテストの受賞者も多く輩出しているそう。2軒目はぜひともおしゃれなバーで、レベルの高いカクテルに酔いしれたい。感動のアクティビティ&グルメで最高の北海道旅がかなえられるはず。

炭火七輪で炙り、香ばしくジューシーに焼き上げた熱々を頬張るのが至福の北見流焼肉
http://eastern-time.jp/

第2弾スタート!30ポイントを全員にプレゼント!
EASTERN TIME×OZmallのひがし北海道クイズ実施中

ひがし北海道の公式サイト「EASTERN TIME」とオズモールがコラボしたクイズ企画を実施。「EASTERN TIME」には、心が洗われるような絶景から穴場的情報が満載の地元グルメ、冬の服装のおすすめまで、ひがし北海道を旅するなら欠かせない情報が盛りだくさん。こちらのサイトを見て、クイズに回答してくれた人全員にOZポイント30ポイントをプレゼントするキャンペーンの第2弾をスタート。まだ参加していない人はぜひ!


■EASTERN TIME×OZmallの「ひがし北海道クイズ」キャンペーン概要
開催期間:
【第1弾】2019年2月26日(火)10:00~3月5日(火)9:59 ※応募期間終了
・ポイントは、2019年3月11日(月)~15日(金)に「使えるポイント」の欄に「【OZのひがし北海道クイズ】回答ポイント」として表示されます
・ポイントの有効期限:2019年6月10日(月)

【第2弾】2019年3月5日(火)10:00~3月12日(火)9:59
・ポイントは、2019年4月11日(木)~15日(月)に「使えるポイント」の欄に「【OZのひがし北海道クイズ】回答ポイント」として表示されます
・ポイントの有効期限:2019年7月10日(水)

キャンペーン参加の流れ:
【STEP1】EASTERN TIMEのサイトを見る
【STEP2】開催期間内にオズモールでクイズに回答する
【STEP3】30ポイントを受け取る ※ご回答いただいた日時により、受取日は異なります

【注意事項】
・クイズの応募は、3ページ目の下部にある「送信」ボタンを押し、EASTERN TIMEのサイトへ遷移して完了します
・ポイントプレゼントのご応募は、1名につき1回限りとなります。第1弾でご応募された方は、第2弾の期間にはご応募できません。
・ポイントに関するお問合せはオズモール(ozpoint@ozmall.co.jp)までご連絡ください
・本キャンペーンの内容・期間は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください

30ポイントプレゼント! EASTERN TIME×OZmallのひがし北海道クイズ

  • LINEで送る

PR/一般社団法人 ひがし北海道自然美への道DMO
WRITING/EMIKO OKAZAKI

※記事は2019年2月22日時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP