富山県/薬膳と発酵食でキレイをチャージする旅

富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市

江戸時代から薬の町として全国で知られ、発酵食の文化が根付く富山県。今回はそんな富山県で薬膳と発酵食の旅。富山市、高岡市、砺波市(となみし)、南砺市(なんとし)を巡って、健康にも美容にも嬉しい2泊3日を満喫しよう

更新日:2019/03/26

薬膳と発酵食の文化を感じながら巡る、富山県2泊3日の旅モデルコース

1日目

09:20 東京駅発(北陸新幹線 かがやき507号)
11:34 富山駅着
12:00 池田屋安兵衛商店で丸薬製造体験・お買い物
13:00 健康膳 薬都(池田屋安兵衛商店 2F)でランチ
14:10 島川あめ店でお買い物
15:00 薬種商の館 金岡邸を見学、薬研体験
16:00 高岡市へ移動
17:00 高岡市街地の宿にチェックイン
18:00 Craftanで夕食

09:50 宿をチェックアウト後、山町筋・金屋町を町歩き
11:30 みそ・蔵カフェでランチ
13:00 能作で鋳物工房見学、お買い物、砺波市へ移動
14:10 若鶴酒造で酒造見学・試飲体験、南砺市へ移動
16:00 石黒種麹店でお買い物、富山市へ移動
18:30 富山市街地の宿にチェックイン

09:30 宿をチェックアウト
10:20 ますのすしミュージアムで工場見学・ランチ
12:30 富山市ガラス美術館を見学
15:10 ギフトショップ「ととやま」でお買い物
16:14 富山駅発(北陸新幹線 かがやき510号)
18:28 東京駅着

1日目
富山の薬の文化と薬膳に触れる

富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市

学んで、買って、食べて・・・富山に息づく薬の文化と薬膳を楽しく体験

古くより薬業が盛んで、“越中富山の売薬さん”で有名な富山県。まず1日目は、地域に根付く薬の文化を体感できる富山市へ。町には富山の薬業を学べる資料館、和漢薬を扱う昔ながらの薬屋さんなどのほか、製薬・売薬の伝統を活かした薬膳料理が味わえるお店も。楽しみながら薬の文化、薬膳に親しめるから、美容、健康への意識が自然と高まっていくはず。夕方は高岡市に移動。居心地のいいダイニングで、富山の郷土料理・昆布締めをいただこう。

富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市
富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市

昔ながらの座売りも行う和漢薬の薬屋さん

土蔵造りの建物が印象的な「池田屋安兵衛商店」は1936年に和漢薬種問屋として創業。富山を代表する薬「越中反魂丹(えっちゅうはんごんたん)」などの和漢薬を製造販売。便秘、冷え、肩こりといった、体の悩みや症状に合わせた和漢薬選びのアドバイスをしてくれるので気軽に相談を。伝統的な丸薬製造の体験もぜひ。

富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市
富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市

薬膳ランチで体の中から元気をチャージ

「池田屋安兵衛商店」の2階にあるレストラン「健康膳 薬都」では、漢方の考えに基づいた薬膳料理ランチを。人気はせいろで蒸しあげる黒米おこわをはじめ、漢方の食材や地元の旬の食材をふんだんに盛り込んだ健康膳(要予約)。暑い季節には体を冷やす食材を使うなど、効能の解説をしてくれて、薬膳の奥深さを知る第一歩に。

富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市
富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市

富山の薬業とともに歴史を歩んだ水飴の老舗

1663年に創業し、苦い丸薬を飲みやすくするための水飴を作っていたという「島川あめ店」。看板商品は江戸時代から変わらぬ製法で作られる麦芽水飴。でんぷんと麦芽だけで2日かけて手作りする麦芽水飴は、やさしい甘さで口の中ですーっと溶ける後味のよさ。そのままはもちろん、料理やコーヒーに使っても美味。

富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市
富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市

風情漂う資料館で富山薬業の歴史をお勉強

「薬種商の館 金岡邸」は、売薬さんたちが薬の原料を仕入れる“薬種商”を営んでいた「金岡薬店」の建物を保存する資料館。趣のある館内に1860年製の薬たんす、瓶に詰められた薬の原料、レトロな薬のパッケージなどが展示される。昔の道具と4種の生薬を用いて香り袋を作る、薬研(やげん)体験も楽しい。

富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市
富山県 富山市・高岡市・砺波市・南砺市

昆布締め専門のダイニングで郷土の味に舌鼓

夜は、かつて文具商が営まれていた建物を改装した複合施設「山町ヴァレー」内の「Craftan」へ。インテリアも器も昆布モチーフのこちらで味わえるのは、富山の郷土料理・昆布締め。旬の魚だけでなく、肉、野菜も昆布締めで提供され、昆布が生み出す深いうまみを堪能できる。クラフトビールや日本酒など富山のお酒をお供にどうぞ。

Access
東京駅から富山駅まで北陸新幹線で最速2時間8分。富山駅から高岡市へは、あいの風とやま鉄道で約20分、高岡駅下車。富山駅から砺波市、南砺市へは高岡駅でJR城端線に乗り換えアクセスを(若鶴酒造は油田駅下車、石黒種麹店は福光駅で下車)。

PR/富山県
PHOTO/AYUMI OSAKI WRITING/MIE NAKAMURA

  • LINEで送る

TOP