【三宅島×恋人旅】まるで異世界!?見たことのない絶景を探す、冒険感いっぱいの1泊2日LOVE旅

東京離島、三宅島

伊豆諸島のほぼ真ん中に位置する三宅島には、活発な火山活動によって生まれた、別の惑星に来たかのような異世界チックな絶景スポットがいっぱい。今回は“どこにもない旅をみんなで作る”Webサービスtrippiece(トリッピース)で、コミュニティマネージャーとして活躍する旅の達人・堀真菜実さんが、恋人と巡りたい三宅島の絶景旅を提案してくれました

更新日:2019/07/09

東京離島、三宅島

恋人と初めて行く、1泊2日の三宅島旅のポイントとは?

「火山島として知られている三宅島の最大の魅力は、間近に迫るダイナミックな景観。島内を散策していると、むき出しの溶岩や立ち枯れた木々など、地球の息吹を感じる光景に出会うことができます」と三宅島の魅力を語ってくれた堀さん。

1年を通して温暖な気候の三宅島は、鳥の天敵が少なく、鳥たちにとって住みやすい環境のため“バードアイランド”の別名も。国の天然記念物でもあるアカコッコをはじめとした希少な野鳥が生息していて、鳥たちの恋のシーズンにあたる春から夏にかけては、島の至る所で鳥たちがさえずる恋の歌が聞こえるはず。そんな“さえずりシャワー”を浴びながら、雄大な島の自然を満喫しよう。

■交通について
今回は、新中央航空が運航する19人定員の小型飛行機を利用。東京・調布飛行場より約50分で三宅島に到着。料金は往復34400円(シーズンにより異なる)。島内の移動はレンタカーかレンタルサイクル、タクシーなどを利用するのが便利

1泊2日の三宅島の絶景LOVE旅モデル行程表

【1日目】
08:40 調布飛行場出発
09:30 三宅島着
09:45 レンタカーを借りる
10:00 土屋食品でランチの海苔弁を購入
11:00 【絶景スポット1】新鼻新山
13:00 【絶景スポット2】大路池
15:00 【絶景スポット3】サタドー岬
17:00 宿へチェックイン
18:00 【絶景スポット4】伊豆岬海岸で夕焼け鑑賞
19:00 宿で夜ごはん

【2日目】
10:00 宿をチェックアウト。【絶景スポット5】七島展望台へ
12:00 レンタカー返却
12:50 三宅島発
13:40 調布飛行場着

恋人と過ごす三宅島の旅 1日目

三宅島

まずは「土屋食品」で、できたてののり弁当を購入

レンタカーを借りてまず最初は、錆ヶ浜港近くの商店・土屋食品へ向かいましょう。食品をはじめ、生活用品も揃うこちらのお店は、島で暮らす人にとってなくてはならない存在。

「名物の『のり弁当』は、ドライブしながら食べるのにもぴったり。ごはんに敷き詰められた地のりの香りが口いっぱいに広がって、旅の思い出と一緒に記憶に残るはず。このほか、揚げ物などのおかずも、お願いすればその場で作ってくれますよ。ごはんがなくなってしまうこともあるため、事前に予約しておくのがおすすめ」(堀さん)

土屋食品

つちやしょくひん
TEL.04994-5-0331
住所/東京都三宅島三宅村阿古683
営業時間/7:00~19:00
定休日/月
アクセス/三宅島空港より車で約15分

式根島、地鉈温泉

緑のトンネルの向こうに広がる絶景に胸躍る「新鼻新山」

腹ごしらえをしたら、1983年の噴火のときに、ひと晩でできたという新鼻新山(にっぱなしんざん)へ。ここは、噴火の際に火口から噴出された岩石や火山灰が積もってできた火砕丘(かさいきゅう)で、青空や海に映える赤と黒の地層によるグラデーションが印象的。

「場所がちょっとわかりにくいけれど、新澪池跡(しんみょういけあと)の駐車場に車を止めて、道路を挟んだ向かい側、木に覆われたトンネルを抜けて行きます。やがて目の前に広がる絶景にびっくり! ふたりでワクワクしながら絶景を探して」(堀さん)

新鼻新山

にっぱなしんざん
TEL.04994-5-1144(三宅島観光協会)
住所/東京都三宅島三宅村坪田
アクセス/土屋食品より車で約5分

三宅島

伊豆諸島最大の淡水池!絶好のバードウォッチングポイント「大路池」へ

次なる絶景スポットは、約2500年前にできたといわれている大路池(たいろいけ)。照葉樹に囲まれた周囲約2kmの湖畔に沿って遊歩道が整備されているので、ぐるりと歩いて巡ることができる。

「池の周りを散策していると、どこからともなく聞こえてくる鳥のさえずりは、オスからメスへの愛のメッセージ。大路池の桟橋に立って目を閉じれば、心地よいさえずりのシャワーを浴びることができます。鳥たちの愛のささやきを聞きながら、ふたりで愛をささやき合うのもロマンティック!」(堀さん)

大路池

たいろいけ
TEL.04994-5-1144(三宅島観光協会)
住所/東京都三宅島三宅村坪田
アクセス/新鼻新山より車で約5分

三宅島

断崖絶壁から広がる景色に圧倒される「サタドー岬」

次は、海面から約20mの高さでそびえる絶壁・サタドー岬へ。海に突き出るように立つ白い灯台が目印で、夕焼けやウミガメが見られるスポットとしても有名。

「溶岩の先に海が広がる景色は、火山島・三宅島ならではの絶景! ごつごつとした岩場がワイルドで、崖のすぐそばまで近づくことができるのが超スリリングです。手をつないで歩けば自然に彼との距離が近くなるはず。岬へ降りる道に立つ看板が小さいので見落とさないように気をつけて」(堀さん)

サタドー岬

TEL.04994-5-1144(三宅島観光協会)
住所/東京都三宅島三宅村坪田
アクセス/大路池より車で約5分

式根島、泊海岸

珍しい四角い形の灯台は、地元の人も愛する夕焼けスポット「伊豆岬灯台」

明治42(1909)年に伊豆諸島で初めての灯台として建てられた伊豆岬灯台は、三宅島を代表する夕景スポット。見晴らしがよく、晴れた日は目の前の海に浮かぶ、新島や式根島を見ることも。

「レトロでかわいい真っ白な四角い灯台の下にはベンチが置かれているから、大きな海に沈む夕日や夕焼けをふたり占め! ベンチを確保するなら夕焼けより少し早めに訪れるのが◎。ダイナミックな地層で形成された海岸を、手をつないで散策しよう」(堀さん)

伊豆岬灯台

いずみさきとうだい
TEL.04994-5-1144(三宅島観光協会)
アクセス/サタドー岬より車で約25分

恋人と過ごす三宅島の旅 2日目

式根島、みやとら

どの時間帯に訪れても最高に美しい「七島展望台」

朝ごはんを食べて宿をチェックアウトしたら、出発前に七島(しちとう)展望台へ。三宅島のシンボルでもある雄山の中腹付近にある展望台で、晴れた日はその名の通り、伊豆七島や富士山が一望できるスポットです。

「朝日、夕日、夜の星空・・・どれを見るのにもぴったりの、三宅島随一の絶景スポットです。大地、緑、海、空、の色のコントラストが印象的で、山道を登っていく途中の景観も素敵ですよ」(堀さん)

七島展望台

しちとうてんぼうだい
TEL.04994-5-1144(三宅島観光協会)
住所/東京都三宅島三宅村阿古
アクセス/三宅島空港より車で約37分

恋人で過ごすのにおすすめの宿

旅の疲れを癒してくれる、お料理自慢のペンション

式根島、凪グランピング

ペンション・サントモは、もともとはレストランだったというだけあって、料理に定評のある宿。おなじみの明日葉をはじめ、トビウオやカメノテなど島ならではの食材を使い、島の郷土料理をアレンジしたメニューが味わえる。洋室は清潔感あふれるアットホームな空間で、ゆったりとくつろげる。島の中心エリアにあるから、観光の拠点にも便利。

■ペンション・サントモ
TEL.04994-5-0532
住所/東京三宅島三宅村阿古525
料金/2名1室13000円~(洋室)
アクセス/三宅島空港より車で約20分

trippiece/堀真菜美

今回紹介してくれた縁結びプランナー_堀真菜実さん

trippieceコミュニティマネージャー。「どこにもない旅を、みんなでつくる。」をコンセプトに、参加者全員が“はじめまして”で始まるツアーやイベントを企画・運営。「GW弾丸世界一周ツアー」や「誰も知らない◯◯地域の穴場旅」などこれまでに200以上の旅をプロデュースしている。NHK番組「ひるまえほっと」などのメディアにも出演。
ホームページ
trippiece
  • LINEで送る