【三宅島×恋人旅】ドルフィンスイムや星空観賞も!彼との距離が近づく、島アクティビティ尽くしの1泊3日LOVE旅

東京離島、三宅島

山手線の内側とほぼ同じサイズの三宅島を訪れるなら、ぐるりと自転車で巡れたり、ドルフィンスイムを体験したり・・・と島ならではのアクティビティを楽しむのがおすすめ。今回は“どこにもない旅をみんなで作る”Webサービスtrippiece(トリッピース)で、コミュニティマネージャーとして活躍する旅の達人・堀真菜実さんが、恋人と巡りたい三宅島の体験旅を提案してくれました

更新日:2019/08/13

東京離島、三宅島

恋人と行く、1泊3日の三宅島旅のポイントとは?

「三宅島を訪れたらぜひ足を運んでほしいのが、メガネ岩や火山体験遊歩道。絶景とともに、島の活発な火山活動の形跡を知ることができます。もうひとつのおすすめはドルフィンスイム! 三宅島から船が出ていて、ほぼ100%の確率でイルカに出会えるんですよ」と、三宅島の魅力を語ってくれた堀さん。風を感じながらレンタルサイクルで島内を巡り、海に潜ってイルカや魚たちと一緒に泳いだり・・・。三宅島の大自然を肌で感じながら過ごす1泊3日は、ふたりの絆をいっそう強めてくれるはず。

■交通について
今回は、東海汽船の大型客船「橘丸」を利用。東京・竹芝客船ターミナルより6時間30分で三宅島に到着。料金は往復17140円~(2019年8月の2等室運賃。客室のグレードにより異なる)。島内の移動はレンタカーかレンタルサイクル、タクシーなどを利用するのが便利

1泊3日の三宅島のアクティビティLOVE旅モデル行程表

【1日目】
22:30 竹芝客船ターミナル出発

【2日目】
05:00 三宅島到着
05:30 宿へチェックイン。朝ごはん&仮眠タイム
10:30 三宅島観光協会でレンタルサイクル
11:00 【島アクティビティ1】メガネ岩までサイクリング
13:00 【島アクティビティ2】ドルフィンスイム
19:00 リターノで夜ごはん
21:00 【島アクティビティ3】今崎海岸で星空鑑賞

【3日目】
09:00 宿で朝ごはんを食べ、チェックアウト
10:30 火山体験道を散策
12:00 錆ヶ浜港でサバサンドを購入し、大型客船へ
13:35 三宅島出発
19:45 竹芝客船ターミナル到着

恋人と過ごす三宅島の旅 1日目&2日目

三宅島

まずはチェックインして、観光協会でレンタルサイクル

深夜に船に乗り、三宅島に着くのは早朝5時。こんなに時間にどうしよう・・・という心配は無用!

「三宅島の多くの宿では、予約の際にお願いしておけば、到着後に仮眠が取れるほか、朝ごはんも食べられるんです。そのまま荷物も預けておけるので、疲れが取れたら、三宅島観光協会へレンタルサイクルの手続きに出かけましょう。電動アシスト付きなので坂道もラクラク! 台数に限りがあるので、事前に予約するのを忘れないで」(堀さん)

三宅島観光協会

みやけじまかんこうきょうかい
TEL.04994-5-1144
住所/東京都三宅島三宅村阿古683(三宅島観光協会)
営業時間/8:30~17:30
料金/半日1500円、1日2500円 ※完全予約制、貸出は9:00~17:00
アクセス/錆ヶ浜港よりすぐ

式根島、地鉈温泉

自然が作り出したユニークな形に目を奪われる「メガネ岩」

自転車を借りたら、彼と絶景を見ながらのんびり島内をサイクリング。海岸沿いを走っていると現れるメガネ岩は、溶岩流が波で侵食されてできた岩。6月と10月の週末のみダイビングが解禁され、周辺の海中に溶岩が造りだしたアーチを見ることができるなど、ダイビングスポットとしても人気が高い。

「迫力ある溶岩が印象的なメガネ岩は、三宅島のおすすめの絶景スポットのひとつ。もともとはメガネ状だったのが、台風でレンズをつなぐ部分が壊れてしまったそうです。ユニークな形の岩を見ながら『あの岩、○○に似てるね』なんて会話も弾みそう」(堀さん)

メガネ岩

TEL.04994-5-1144(三宅島観光協会)
住所/東京都三宅島三宅村阿古
アクセス/三宅島観光協会より自転車で約10分

三宅島
画像提供:三宅島観光協会

イルカやさまざまな海の生物に出会える「ドルフィンスイム」を体験

宿へ戻り、いよいよドルフィンスイム体験スタート。船に乗り込み、ダイビングスポットの御蔵島方面へ。ウェアなども一式レンタルできるから、手ぶらで参加できるのも嬉しいポイント。

「ドルフィンスイムを楽しみながら、『会えた!』なんてふたりで話したら、より距離が縮まりそう。普段のデートでは味わえない、島ならではの非日常を体験してください。ドルフィンスイムをするなら、ダイビングショップが運営する宿を選ぶといいですよ」(堀さん)

ドルフィンスイム

TEL.04994-5-0050(オーシャンクラブNumber3)
料金/14000円~(ガイド・3点セット・施設使用料・保険・送迎付き)
※初めて参加する方や泳ぎに自信のない方は、スキントレーニングの受講が必須となります
※天候により体験できない場合があります

三宅島

旬の魚介類や野菜がおいしい!地元の方にも人気のイタリアン「リターノ」へ

店主の家族が島内で営む菊地農園で栽培する野菜や、地魚を使ったメニューが人気のリターノ。訪れた人のほとんどがオーダーするのは、朝採れたばかりの野菜をふんだんに使った「とれたてサラダ」1000円と、「地魚カルパッチョ」1100円。このほかにも「島産旬たけのこの天ぷら」600円など、島ならではの食材を使った料理が並ぶ。

「オシャレな雰囲気で、お酒も豊富。三宅島ではめずらしく、夜遅くまで営業しているのも嬉しいところ。普段はなかなか食べることができない島食材を堪能しながら大人の時間を過ごしてみて」(堀さん)

リターノ

TEL.04994-2-1245
住所/東京都三宅島三宅村神着421-5
営業時間/18:00~24:00
定休日/日
アクセス/神着バス停より徒歩約10分

式根島、泊海岸
画像提供:三宅島観光協会

島の人もおすすめの「今崎海岸」で満天の星空を眺めよう

天気がよければ、いろいろな場所で満点の星空が見える三宅島。島の人たちもそれぞれお気に入りの星空スポットがあるそう。メガネ岩のほど近く、溶岩でできた海岸線が続く今崎海岸も、そんな星空スポットのひとつ。

「空いっぱいに広がる星は、それだけでロマンティック。運がよければ、天の川も見られるかも!? 満月に近い時期なら、月の光が海面を照らして幻想的な光景が広がる“月の道”もぜひ見てほしいです」(堀さん)

今崎海岸

いまさきかいがん
TEL.04994-5-1144(三宅島観光協会)
住所/東京都三宅島三宅村阿古
アクセス/三宅島空港より車で約20分

恋人と過ごす三宅島の旅 2日目

式根島、みやとら

雄山噴火の迫力を間近に感じられる「火山体験遊歩道」

朝ごはんを食べたら、火山体験遊歩道をふたりで散策。1983年に噴火した際の溶岩流の上に作られた遊歩道で、火山島ならではのダイナミックな景色が広がる。

「一面に広がる、真っ黒な噴火後の大地に圧倒されます。そんななかでも、地面に目を向けると溶岩のすき間から植物が生えていたり、生命の力強さが見て取れます。当時の噴火の様子を現在に伝えてくれる、溶岩に飲み込まれた建物跡は必見ですよ」(堀さん)

火山体験遊歩道

TEL.04994-5-1144(三宅島観光協会)
住所/東京都三宅島三宅村阿古
アクセス/三宅島空港より車で約18分

ゲットできたらラッキー!?三宅島名物「サバサンドカフェ」

帰りの船に乗る前に、サバサンドカフェのサバサンドを購入。かつて捨てられるだけだったゴマサバを活用しようと、店主が考案したサバサンドは、甘辛い味付けのゴマサバと、たっぷりの玉ねぎドレッシングが特徴。たっぷりの具材をふかふかのコッペパンに挟んだ三宅島の名物は一度食べたらやみつきになる味わい。

「ボリューム満点だから、船の中でふたりでシェアしてもよさそう。お店がオープンするのは錆ヶ浜港から船が出るとき、さらにいいサバが入ったときだけなので、公式Twitterをチェックして」

サバサンドカフェ

TEL.04994-5-0002
住所/東京都三宅島三宅村阿古672-3 阿古漁港船客待合所ここぽーと2F
営業時間/錆ヶ浜港から船が出る日の11:30~13:30
アクセス/神着バス停より徒歩10分

恋人で過ごすのにおすすめの宿

ダイビングに必要な器材もすべて揃う!ダイバーが運営するコテージ

式根島、凪グランピング

ダイビングのインストラクターでもあるオーナーが運営するオーシャンクラブNumber3は、ダイビング、ドルフィンスイム、シュノーケリングなど体験プランが充実。客室はすべてコテージだから、ふたりきりで島の夜を満喫できる。アットホームな雰囲気も魅力で、看板犬たちがときおり顔を見せることも。

■オーシャンクラブNumber3
TEL.04994-5-0050
住所/東京三宅島三宅村阿古759-2
料金/2名1室2食付き8100円~
アクセス/三宅島空港より車で約20分

trippiece、堀真奈美

今回紹介してくれた縁結びプランナー_堀真菜実さん

trippieceコミュニティマネージャー。“どこにもない旅を、みんなでつくる。”をコンセプトに、参加者全員が“はじめまして”で始まるツアーやイベントを企画・運営。GW弾丸世界一周ツアーや、誰も知らない●●地域の穴場旅などこれまでに200以上の旅をプロデュースしている。NHK番組「ひるまえほっと」などのメディアにも出演。
ホームページ
trippiece
  • LINEで送る