【青森県・弘前市】リデザインされた現代の手仕事に出会う雑貨さんぽ

青森県弘前市 日本のよりみち案内 greenのこぎん刺し

greenのレースのように繊細なこぎん刺しが目を引く、桜と銀鼠色のこぎん刺し

手仕事が息づく街には、今の暮らしに合う工芸品を発信するショップも。弘前出身の店主がセレクトした手仕事ものに出会えたり、専門店では工芸品の魅力に浸ったり。とっておきの逸品を探しにショップ巡りへ

更新日:2019/10/25

ああああああ
(上)レースのように繊細なこぎん刺しが目を引く、桜と銀鼠色のこぎん刺し。カード入れ2420円など (左下)店主の小林久芳さん (右下)"人と地球にやさしい"をテーマに雑貨や衣類を取り扱う 

洗練されたこぎん刺しにときめいて

 看板商品は、「弘前こぎん研究所」とコラボしたモダンでかわいらしいこぎん刺し。常時7色のカラーバリエーションが揃う。"桜と銀鼠色のこぎん刺し"は、この店のみで販売。麻布は弘前の洋館でよく使われるグレー、刺し糸は桜のピンクをイメージしていて、ナチュラルな色彩が印象的。

green

グリーン 
TEL.0172-32-8199 
住所:青森県弘前市代官町22 
営業時間:10:30~19:00 
定休日:水、ほか不定 
アクセス:弘前駅より徒歩10分

(上・左下)約10年前からこぎん刺しを作り始め、新しい感性でその魅力を広めてきたliteの作品。ひばのかご13200円、ミニトート4620円、ブローチ1980円 (右下)普段使いできる工芸品が並ぶ

作り手の個性を感じるこぎん刺しに注目

 かごや器など、丁寧なものづくりから生まれた暮らしに根付く品々を県内外からセレクト。図案の考案から縫製までの工程をほぼひとりで行う、こぎん刺し作家liteの作品も取り扱い。かわいらしさの中に凛とした美しさがあるバッグやアクセサリーは、日々の装いのさりげないアクセントに。

THE STABLES

ザ ステーブルズ 
TEL.0172-33-9225 
住所:青森県弘前市代官町14-2 
営業時間:11:00~19:00 
定休日:火・第3水(祝の場合営業※展示設営日は休) 
アクセス:弘前駅より徒歩12分

(上)TRAY ♯2115 Full Moon S 5500円、PLATE ♯234 amuser3080円といったテーブルウェアは手洗い可 (左下)やわらかな光を放つランプが多彩 (右下)店内ではブナコの製造工程なども紹介

昭和に生まれたモダンな木工芸

 1956年、日本一の蓄積量といわれる青森県のブナの木を有効活用しようと誕生した木工芸・ブナコ。テープ状にしたブナ材を手作業で何層にも巻いて、成形していく製法は独自のもの。シンプルかつ洗練されたデザインで、手にやさしくなじむ質感も魅力的。ショールーム限定販売の商品も揃う。

BUNACO Show Room BLESS

ブナコ ショールーム ブレス 
TEL.0172-39-2040
住所:青森県弘前市土手町100-1もりやビル2F  
営業時間:10:30~19:00 
定休日:不定
アクセス:弘前駅より徒歩15分

(上)鳩笛のネックレス各1100円。下川原焼の工房は現在、市内に2軒あり、そのうち1軒の阿保正志さんの商品を扱う (左下・右下)津軽打刃物のペーパーナイフやポーリッシュポタリーなども揃う

地元で愛され続けるチャーミングな鳩笛

 店内には自分らしく着られるベーシックな服を中心に日常を彩るアイテムがずらり。その一角に並ぶのが、郷土玩具・下川原焼。代表格の鳩笛は大小さまざまで、ネックレスにアレンジしたものも。鮮やかでいて素朴な絵付けとずんぐりしたフォルム。ホーホーとやさしい音色にも和まされる。

chicori

チコリ 
TEL.0172-32-3020 
住所:青森県弘前市大字坂本町2 
営業時間:11:00~18:00 
定休日:月・火 
アクセス:弘前駅より徒歩15分

雑貨さんぽ途中に立ち寄りたいカフェ

伝統工芸もあしらわれた登録有形文化財でひと休み

三角屋根とグレーの外壁がかわいらしい建物は、1917年に陸軍師団長の官舎として建てられた国の登録有形文化財。この貴重な建物を活用した店内には、こぎん刺し、ブナコといった弘前の工芸品を装飾。和洋折衷のデザインが特徴的な建物とも相性がよく、ここだけの特別な空間造りあげている。季節限定のアップルクランブルパイ528円などをいただきながら、ひと息ついて。

スターバックス コーヒー 弘前公園前店

スターバックス コーヒー ヒロサキコウエンマエテン
TEL.0172-39-4051 
住所:青森県弘前市上白銀町1-1 
定休日:不定 
席数:52 
アクセス:弘前駅より土手町循環100円バスで約15分、市役所前下車徒歩5分

青森県弘前市 ACCESS & TRAVEL PLAN

青森県の西部、岩木山のふもとに広がる城下町・弘前。明治~大正期には西洋文化を積極的に取り入れるなど独自の文化を築き、洋館が点在するレトロかわいい街には、古くから受け継がれてきた工芸品も。暮らしと風土から生まれた、弘前のローカルスタンダード、こぎん刺しなど数々の手仕事に触れられる。

ACCESS

羽田空港より青森空港まで飛行機で約1時間15分、空港より弘前駅前行きバスで約55分。弘前市内は徒歩または、10分間隔で運行する土手町循環100円バスなどで移動

TRAVEL PLAN

■1日目
8:00 頃 東京を出発
10:30頃 弘前に到着
11:00 ランチ
13:00 弘前城を散策
15:00 カフェでおやつ
16:00 雑貨店巡り
19:00 旅館にチェックイン
■2日目
9:00 弘前市りんご公園を散策
13:00 ランチ
15:00 雑貨店、洋館など市内散策
18:00頃 帰路につく

弘前の街歩きマップを活用しよう

りんごの街・弘前を満喫するなら、弘前観光コンベンション協会のガイドマップを活用。「弘前アップルパイガイドマップ」には甘み、酸味などが5段階で表示され、店選びの参考になる。ほかにタルトタタン、シードルが飲める店を紹介するマップも。観光案内所のほか、協会のHPでも入手可。

弘前のかわいい手仕事ものをプレゼント

今回は、こぎん刺しのくるみボタンと、郷土玩具・下川原焼の鳩笛を各ひとつずつセットにして、2名様にプレゼント。くるみボタンはヘアゴムにしたり、ブローチにしたり、アレンジして楽しむのも◎。見た目にも音色にも癒される鳩笛はインテリアのアクセントにもなりそう。青森県弘前市についてのアンケートに答えて、プレゼントをもらおう。色の組み合わせはお任せください。

PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/MIE NAKAMURA(JAM SESSION)

  • LINEで送る

TOP