【兵庫県・丹波篠山市】小さな城下町で 古町家を巡る昔旅

日本のよりみち案内 兵庫県・丹波篠山市 岩茶房 丹波 ことりの岩茶とお茶請け

岩茶房 丹波 ことりの岩茶とお茶請け

大阪や京都から1時間あまり、山々に囲まれ、自然に恵まれた、栗、黒豆の名産地、兵庫県の丹波篠山市(たんばささやまし)。豊かな実りの恩恵を受けて、暮らしが紡がれてきた地には歴史を感じさせる風景もそこかしこに。城下町の誇りを守り継いでいく地域の人々の思いにあふれている

更新日:2019/11/14

【STORY】 兵庫県丹波篠山市の古民家ものがたり

兵庫県丹波篠山市_日本のよりみち案内
30年以上暮らした東京を離れて「BREATH&ROY」を開いた細谷享弘さん。風情ある建物は昭和40年代後半まで割烹料理店だったそう

兵庫県丹波篠山市で楽しむ城下町の町家暮らし

毎日を慌ただしく過ごしていると、自分のことで精いっぱい。暮らす町への意識も愛情も薄れてしまいがち。でも、ときには地域愛に満ちた温かさに触れて、心のゆとりを取り戻してみたくなる。

兵庫県丹波篠山市_日本のよりみち案内
テイクアウトもできる「BREATH&ROY」のカフェメニューはオーガニック紅茶550円やマフィン各308円など。11月から春先までは地元の特産物・丹波栗の渋皮煮も味わえる

丹波篠山市は、京都と山陰地方を結ぶ交通の要だったことから、京文化の影響を受て発展。江戸時代には城下町として栄えた。城跡の周辺を歩くと、今も城下町の面影を残す景観が。京町家が並ぶ昔ながらの風景が広がり、見慣れた高いビルもコンビも目に入ってこない。伝統や景観を守りたいという人々の地域愛が町全体にあふれているようで、なんともいえない心地よさに包まれる。

「京都と大阪の中心地から1時間ほどの近さなのに、近代化の波や都会に感化されずに、町並みを守ってきた。すごいことですよね」と話すのは、東京から移住した細谷享弘さん。江戸時代後期の京町家を改装して、セレクトショップ&カフェ「BREATH&ROY」を営んでいる。

兵庫県丹波篠山市_日本のよりみち案内
「BREATH&ROY」では、丹波焼などの焼物のほか、竹かご、地元の食品などを扱う

「30年近くあき家だったので、初めは荒れ果てた、ひどい状態でした。それでも気に入ってしまって、昔の趣を大切にしつつ約1年かて改修しました」。天井の一部を取り除いて外光を取り入れた店内は、土間にカフェカウンターと商品をディスプレー。その向こうには板の間のカフェスペース、さらにその奥には小さな中庭が。京町家の粋な風情とともに、温もりも伝わってくる。

兵庫県丹波篠山市_日本のよりみち案内
「篠山城下町ホテル NIPPONIA」のONAE 棟では、蔵を改装し、木の壁や柱、重厚な扉もそのままに、ロフト仕様の客室に

 丹波篠山では、暮らすような滞在もかなう。町全体をホテルに見立てた「篠山城下町ホテル NIPPONIA」は町に点在する歴史的建造物を宿泊棟に改装。貴重な建物に泊まることも特別だが、フロントでチェックインしてから、町中を歩いて宿泊棟へ移動するのも楽しい体験に。

兵庫県丹波篠山市_日本のよりみち案内
明治初期に銀行の頭取を務めた名士の邸宅を利用した「篠山城下町ホテル NIPPONIA」のONAE 棟のフロント脇

「せっかくお泊まりいただくなら、町のよさも伝えたくて、町を歩いてもらうことにしています。気になるお店によりみちしたり、路地に入ったり。歩いていると子供たちが元気に挨拶してくれて、なにげなく話しかけてきたおばあちゃんと話がはずむことも。地元の人には当たり前のやりとりかもしれませんが、旅人にはきっと新鮮な丹波篠山の魅力です」と、ホテルチーフの沖田美咲さん。町にあふれる懐かしさに浸りつつ日常にも触れ、心ゆるむ旅をしよう。

BREATH&ROY

県内外から暮らしの道具、雑貨をセレクト。丹波焼の器、地域特産の丹波栗や丹波黒豆の加工品など、地元の作り手たちによる商品も揃う。店内にはカフェスペースも。

ブレス アンド ロイ 
TEL.079-506-9195
兵庫県丹波篠山市西町16-1 
営業時間/9:00~18:00 
定休日/火、ほか月または水休あり 
席数16 
アクセス/篠山口駅より篠山営業所行きバスで約15分、篠山本町下車徒歩2分

篠山城下町ホテル NIPPONIA

フロント、レストラン、客室を備えたONAE 棟を中核施設に、歴史的建造物を活用した9つの宿泊棟を町中に展開。趣のある古民家に暮らす気分で滞在できる。

ササヤマジョウカマチホテル ニッポニア
TEL.0120-210-289(VMG総合窓口11:00~20:00) 
兵庫県丹波篠山市西町25 ONAE棟 
料金/2名1室1泊2食1名26400円(サ別)~ 
客室数9棟21室 
アクセス/篠山口駅より篠山営業所行きバスで約15分、篠山本町下車徒歩2分

よりみちSPOT_古民家さんぽ

古民家が中庭含めてまるごと雑貨屋に/ハクトヤ

城下町に点在するリノベされた古民家の店を訪ねて

しっとりと緩やかな時間が流れる城下町・丹波篠山。町歩きとともに満喫したいのが、古民家のお店巡り。イタリアンでお腹を満たして、希少な中国茶に安らいで。お買い物も満喫しながら、のんびり気分で歩こう

岩茶と空間に憩う居心地のいいカフェ/岩茶房 丹波 ことり
地元の旬のおいしさを町家イタリアンで/CASA DEL' AMICI
古民家のショップでお気に入り雑貨探しを/ハクトヤ

よりみちSPOT_ここにも立ち寄りたいグルメ・宿泊スポット

地元の人に混じってクラフトビールで乾杯/西町BUR
栗のおいしさが詰まった老舗和菓子店の羊羹/鹿生堂
ひとりでも気兼ねなく泊まれるホテル/丹波ささやまホロンピアホテル

兵庫県丹波篠山市 ACCESS & TRAVEL PLAN

兵庫県の兵庫県中東部にあって大阪や京都から1時間ほど。山々に囲まれ、自然に恵まれた栗、黒豆の名産地・丹波篠山市(たんばささやまし)。豊かな実りの恩恵を受けて、暮らしが紡がれてきた地には歴史を感じさせる風景もそこかしこに。城下町の誇りを守り継いでいく地域の人々の思いにあふれたこの地で、リノベされた古民家のお店をめぐるのも楽しい。

ACCESS

東京駅より新大阪駅までJR東海道新幹線のぞみで約2時間30分。新大阪駅でJR 特急・こうのとりに乗り換え約1時間5分、JR 篠山口駅で下車。篠山口駅より篠山城下町までは神姫グリーンバスで約15分。城下町内は徒歩で周遊可。

TRAVEL PLAN

■1日目
8:30 頃 東京を出発
12:00頃 篠山口着
12:30 CASA DEL' AMICIで昼食
14:30 篠山城址エリアを散策
16:00 ことりでおやつ
18:00 宿にチェックイン&夕食
20:00 西町BURで一杯
■2日目
10:00 河原町妻入商家群エリアを散策
12:00 山里料理 まえ川で昼食
15:00 BREATH&ROYでお買い物&おやつ
16:00頃 帰路につく

名産・丹波黒豆のおかしをプレゼント

丹波栗と並ぶ地域の名産品・丹波黒豆。今回は、「岩茶房 丹波 ことり」「器とくらしの道具 ハクトヤ」でも販売している、「めぶき農房」の黒豆のおかし3種をセットにして1名様にプレゼント。農薬などを使わずに育てられたお豆は風味もうまみも濃く、大地の豊かな恵みを感じさせるおいしさ。丹波篠山市についてのアンケートに答えて、プレゼントをもらおう。

PHOTO/MANABU SANO WRITING/MIE NAKAMURA(JAM SESSION)

  • LINEで送る

TOP