【茨城県・日立市/ひたちなか市】穏やかな海に癒される、海街カフェと花の旅

茨城県、日立市、ひたちなか市、オズモール

忙しい日々に疲れたら、この週末は茨城県の旅へ。品川駅から特急に乗って約1時間40分、海の目の前にある日立駅をはじめ、海が暮らしのすぐそばにある日立市とひたちなか市。美しい風景を海辺のカフェでのんびりと楽しもう。海景色とおいしいごはんで心も体も満たされて

更新日:2020/10/13

【STORY】穏やかな季節の海を眺めて和めるカフェへ

居心地のいい空間が広がる「海音」。どの席からも海が見えるようテーブルと椅子をレイアウト。平日でも満席の場合があるので、来店時には予約を

広くて大きな海。秋になると空は高く澄み切って見えて、海もよりいっそう大きく、爽やかに映る。東京から日帰りで行ける茨城県の日立市とひたちなか市。太平洋に面し、海岸線が続くふたつの街には、美しい海景色がそこかしこに。日立駅に降り立ち、改札へ向かうと、ガラス張りの駅舎から見えたのは、一面の青い海。思わぬ海景色の出迎えに心がはずむ。駅構内の展望スペースからも海が望め、その雄大さにただただ感激。絶景が暮らしの中にあることがうらやましい。

宿のフロントにもなっている「海音」。宿泊時の夕朝食もこちらで。2Fには海が見えるお風呂を完備

そんな町で、海がある日常が味わえるのが、カフェ&ダイニング「海音(シーネ)」を併設した、小さな宿「うのしまヴィラ」。目の前には市内有数の景勝地・太田尻海岸がプライベートビーチのように広がる。「ここは妻の祖父母が1959年に創業した旅館が始まり。地元企業にかかわる方たちのビジネス利用を軸とした宿でした」と、3代目の原田実能さん。転機となったのは東日本大震災。津波によって建物のほとんどが倒壊したが、3年かけて再建。2014年にこの宿とカフェをスタートした。

日立産のしらすと五穀米のピラフの和風あんかけオムライス1100円。あんかけは自家製の醤で味付け、卵は奥久慈産を使用

「リゾート型に形態を変えた大きな理由は、大好きなこの場所をもっと多くの方に楽しんでいただきたかったから。カフェを作ったのもそのため。地元の人、遠方から来る人、誰もが集える場になれたらいいなと」

カフェの大きな窓から望むのは、青い海と空。外へ出ればすぐに砂浜が広がり、海と一緒に過ごす時間がごく自然に訪れる。そんなひとときをさらに素敵にしてくれるのが、妻の広美さんが茨城県産の食材で作る和風だし仕立ての洋食。味付けのベースは醤(ひしお※)、味噌、塩。いずれも自家製で、そのやさしい味わいにお腹の中から癒されていく。
※醤油の原型

気さくであたたかな原田実能さんと、妻の広美さん。原田さんは1991年から、広美さんの実家で営んでいた旅館の運営に携わってきた

「波の動きや陽射しの加減で海の表情は刻々と変わります。耳をすますと波の音に混じって鳥のさえずりも聞こえる。豊かな自然とヘルシーな料理に心身ともに安らいで、自宅に帰ってからも日常が充実するような場であれたらと思っています」

日立市とひたちなか市には、ほかにも海の近くのカフェや名所などがたくさん。季節の花に出会える「国営ひたち海浜公園」なども巡り、秋の茨城旅を満喫したい。

うのしまヴィラ/CAFE & DINING 海音

“海辺のセカンドハウス”がテーマ。カフェでは有機野菜、魚介類、畜産物など地元食材を厳選。発酵食品も取り入れた体に嬉しいメニューが揃う。宿泊して海辺での1日を過ごすのもいい。

ウノシマヴィラ/シーネ
TEL.0294-42-4404
住所/茨城県日立市東滑川町5-10-1
営業時間/11:30~15:00(ランチ13:30LO、カフェ14:30LO)
定休日/火・水 ヴィラ火
席数/40
料金/1泊2食付き1名12000円~
アクセス/日立駅よりタクシーで約8分

【CAFE】海のそばのカフェ巡りでリラックス

海と空を望む天空の絶景空間/SEA BiRDS CAFE
老舗料亭の風情をカフェで満喫/cafe miharu
純白の空間で素朴な焼き菓子を/O'keeffe

【SAMPO】海+自然の恵みに癒される場所

この季節だけの風景を目に焼き付けて/国営ひたち海浜公園(写真提供)
樹叢(じゅそう)と海景色で心清めてお参りを/酒列磯前神社
和ろうそくをイメージした愛らしい灯台/古房地公園

【SPOT】日立市&ひたちなか市のよりみちスポット

日立出身の陶芸家が営むショップ&カフェ/Craft cafe tengo
土地の恵みを堪能できる地産地消イタリアン/cucina NORD IBARAKI
手作りジェラートがはずせないほしいも専門店/大丸屋

茨城県・日立市/ひたちなか市 ACCESS, PLAN & MAP

茨城県、日立市、ひたちなか市、オズモール

ACCESS

品川駅など都内より特急ひたちで約1時間30分でひたちなか市の勝田駅に、約1時間40分で日立市の日立駅に到着。勝田~日立駅間は常磐線で約25分。レンタカーが便利だが、タクシー、路線バスでも巡りやすい。

INFORMATION
「いばらきアマビエちゃん」で安心の旅

新型コロナウイルス感染防止のためのWEB上のシステム「いばらきアマビエちゃん」。茨城県内の対象店舗などを訪れた際、2次元コードを読み取って登録すれば、感染者との接触可能性がある方に対して注意喚起の連絡がメールで届く。

INFORMATION
アンケートで常陸牛ハンバーグが当たる

茨城県が主催する観光アンケートに答えると、抽選で20名様に「常陸牛のハンバーグギフトセット」が当たる! 詳細は「応募する」ボタンからチェック。

問い合わせ/茨城県営業戦略部観光物産課
TEL.029-301-3622

PRESENT
カフェ「La Table de Izumi」のミルクフレーバーの紅茶をプレゼント

手作りのスコーンやコンフィチュールのほか、オリジナルのフレーバーティーも手がけるひたちなか市の「La Table de Izumi」。今回は多彩に揃える紅茶のなかから、人気ナンバー1の「フレンチミルク」を2名様にプレゼント。ミルクフレーバーのほんのりやさしい甘みが心地よく、ひと息つきたいときにぴったり。日立市・ひたちなか市のアンケートに答えて、ぜひ応募を。

PHOTO/MANABU SANO WRITING/MIE NAKAMURA(JAM SESSION)

  • LINEで送る

TOP