古都・津和野と日本屈指の美肌温泉を求めて石見をめぐる、美肌県しまねで冬の温泉旅(2)

古都・津和野と日本屈指の美肌温泉を巡る、美肌県しまねで冬の温泉旅(2)

温泉が恋しくなる寒い冬。ゆったりと湯に浸かり、おいしいもの、絶景、パワースポットを満喫して、心と体がキレイになる旅をしてみたい。そこで今回は、県内60カ所以上に湯が湧く‟美肌県しまね”でキレイになる旅を2回にわたってご紹介します。2回目は山陰の小京都・津和野と古くから日本屈指の美肌の湯といわれる美又温泉、コラーゲンたっぷりアンコウ鍋が待つ石見エリア2泊3日旅へ。

更新日:2021/01/04

美肌県しまねで冬の温泉旅(2)オズモール
左/益田にある「宮ヶ島 衣毘須神社」はぜひ立ち寄りたいパワースポット 右上/8軒の宿と日帰り入浴施設がある小さな温泉地・美又温泉 右下/美又温泉には無料で利用できる足湯も

小京都さんぽ、美肌の湯・・・心と体を癒して、素肌もいたわる。島根県西部・石見エリアの旅

ポーラが日本でいちばん美しい肌を持つ県を都道府県別にランキング形式で発表する「ニッポン美肌県グランプリ」で、全国最多の5回グランプリに選ばれている島根県。大きな要因は、乾燥が気になる冬場も空気がしっとりしている、日照時間が短く紫外線の影響を受けにくいなど、肌ストレスの少ない気象条件が揃っていること。さらに県内には温泉が点在し、おいしいもの、パワースポットも充実。冬の温泉を満喫しつつ、心と体をキレイに導く、女子旅にうれしい魅力にあふれている。

東京から旅の拠点となる萩・石見空港までは飛行機で約1時間30分。日本海に面して広がり、山々にも抱かれた石見エリアでは、城下町の風情を残す小京都・津和野、日本屈指の美肌の湯・美又温泉などを巡る、津和野~浜田~益田の石見エリアの旅を。コラーゲンたっぷりの冬においしいアンコウ、ビタミンC豊富なイチゴのパフェといったキレイを育む美味なる恵み、絶景も堪能して、心と体を癒しながら素肌にもやさしい休日を。

2泊3日「石見エリアの美肌&温泉旅」モデルプラン

1日目

08:05 羽田空港出発
09:50 萩・石見空港到着
11:30頃 津和野到着。中心街でランチ
13:00 津和野の中心街を散策、「三松堂 津和野本店」でお買い物&おやつ
16:00 「津和野温泉宿 わた屋」にチェックイン、夕食
19:30 「分銅屋七右衛門」で煎茶体験
20:45 「津和野温泉宿 わた屋」に戻り、宿泊

2日目

08:30 津和野朝さんぽ、「太皷谷稲成神社」参拝
10:30 津和野を出発
12:00頃 浜田に到着。駅前の「レストラン雅」でランチ
14:00 美又温泉到着。温泉街で足湯、散策
15:00 「金城観光ホテル」にチェックイン、夕食
20:00 「三宮神社」で夜神楽鑑賞
21:30 「金城観光ホテル」に戻り、宿泊

3日目

09:30 美又温泉を出発
11:00頃 益田に到着。「宮ヶ島 衣毘須神社」参拝
12:30 「レストラン ボンヌママン ノブ」でランチ
14:00 「cafe&fruit moritan」でパフェ
15:00 益田市内を周遊
18:20 萩・石見空港出発
19:55 羽田空港到着

1日目_美しい景観に気持ち安らぐ、小京都・津和野を歩く

美肌県しまねで冬の温泉旅(2)オズモール
左上/赤褐色の石州瓦となまこ壁が続く殿町通り 右上/和の風情漂う津和野には、歴史あるゴシック建築の「津和野カトリック教会」も 左下/町中の水路に鯉が泳ぎ、鯉の里としても知られる津和野 右下/津和野銘菓・源氏巻の名店としても知られる「三松堂 津和野本店」

歴史ある美しい町で老舗を訪ね
美人の湯に浸かって心身を整えて

石見エリアの旅の始まりは、城下町として栄えた津和野から。江戸末期から大正期にかけて建てられた町家などが並ぶ本町通り、なまこ壁の武家屋敷跡と石畳が続く殿町通りなど、“山陰の小京都”と呼ばれるにふさわしい景観が広がり、心和ます美しい風景にうっとり。そんな津和野では町歩きしながら、伝統的な作法にならって
煎茶体験したり、老舗和菓子店を訪ねたり。津和野で唯一天然温泉が楽しめる宿にステイして素肌に磨きをかけて。

伝統美に心が整う。老舗商家で煎茶体験

創業約400年、現在はお香や和紙を扱う「分銅屋七右衛門」。建物が国の登録有形文化財に指定されているこちらでは、その貴重な空間で江戸時代から代々受け継がれる茶器と作法で煎茶体験3000円。教えてくれるのは21代目の椿さん夫妻。和服姿の夫妻の美しい所作や伝統的な作法で淹れる煎茶のおいしさに日本の伝統美を再発見できる。※土・日19:30~20:30(平日は応相談)要予約

地域色豊かな和のおやつにほっこり

地元の人々ご用達、1951年創業の和菓子店「三松堂」。薄いカステラ生地であんこを巻いた津和野銘菓・源氏巻を3等分に食べやすくカットして、かわいい焼き印を付けた笑小巻1個160円、津和野の食材や和素材を取り入れた月替わりのジェラート1カップ360円など個性的な品々が揃う。お土産としてはもちろん、散策合間の食べ歩きにもぜひ。

津和野で天然温泉に入れる宿はここだけ

ナトリウム系の泉質で美肌効果が高い津和野温泉を町内で唯一楽しめる宿。最上階の展望露天風呂のほか、洗い場に畳が敷かれたたたみ風呂、足湯なども揃うから、はしごして素肌に磨きをかけて。客室は和室、和モダンレトロ、洋室など5タイプ。湧き水で作る豆腐、地元産の野菜などを盛り込んだ郷土色豊かな夕食も楽しみに。

2日目_津和野の朝さんぽ&浜田でアンコウ鍋と美肌の湯

美肌県しまねで冬の温泉旅(2)オズモール
左上/浜田城址からの眺め 右上/神事から民衆に受け継がれ発展した石見神楽。今でも地域の子どもから大人まで愛されていて、エンターテインメント色いっぱい 左下/美又温泉「金城観光ホテル」の内湯 右下/美又温泉さんぽで美肌成就にご利益がある「美又薬師神社」にも立ち寄って

日本屈指の美肌の湯に浸かり、
アンコウ鍋のコラーゲンでビューティUP

2日目は、ちょっと早起きして町歩き。古くから津和野を見守り続けてきた「太皷谷稲成神社」を参拝して1日を気持ちよくスタート。午後は浜田市でビタミン、ミネラルを多く含み、コラーゲンも豊富な地元の特産品・アンコウをランチで楽しみ、山あいの美又温泉へ。pHとメタケイ酸の数値の高さは日本有数の、とろりとした湯で肌にも栄養補給して。毎週土曜の夜、浜田市の「三宮神社」では、地域に根付く伝統芸能・石見神楽を公演。リズミカルなお囃子と勇ましい舞いはワクワクするほと迫力満点。心揺さぶられるひとときを体感してみるのもいいかも。

神聖ですがすがしい空気に包まれる神社

「太皷谷稲成神社」は日本五大稲荷のひとつ。鳥居が連なる石段を登りきると視界が広がり、津和野の町並みを一望できる眺望のよさ。青空に映える朱塗りの社殿も美しく、心が洗われていく。ご祭神は五穀豊穰の神様・ウカノミタマノカミと、国造りの神様・イザナミノミコト。古来より伝わるローソクと油揚げをお供えする習慣にならってお参りしよう。

美肌にうれしいアンコウで体の中からキレイに

12~2月は浜田のアンコウが最も美味な季節。浜田駅前「ホテル松尾」の「レストラン雅」ではアンコウの唐揚げ、あんきも付きのアンコウ鍋御膳1980円でランチを。昆布のだし汁で炊いて、ポン酢で味わうアンコウは、ふっくらしていて上品な風味。コラーゲンたっぷりの皮も味わえる。残っただし汁は雑炊にして、最後までおいしくいただいて。

美又温泉の湯を露天風呂で楽しめるホテル

すべすべになり過ぎると言われるほどの美肌の湯をゆったり満喫するなら、美又で唯一、露天風呂を備えるこの宿で。自然に囲まれた滝を望む露天風呂は気分もほぐしてくれて、心も素肌もよみがえるよう。夕食は地場の食材満載のしまね和牛&のどぐろ会席を味わい、おなかも満たしてあげて。客室は和室のほか、シングル、ツイン、トリプルの洋室も。

3日目_海辺のパワースポットとランチ、パフェも楽しみな益田市へ

美肌県しまねで冬の温泉旅(2)オズモール
左上・右上/日本海が望める「レストラン ボンヌママン ノブ」。食後は目の前の海岸で散策を 左下・右下/岩の上に境内がある「宮ヶ島 衣毘須神社」。周辺の風景も楽しみながら参拝を

神秘的な神社でパワーチャージ!
おやつはビタミンCたっぷり美肌パフェを

3日目は、萩・石見空港に近い益田市の周遊を。日本海に突き出た岩礁の頂上に鎮座する神社や、オーシャンビューのフレンチレストランを訪れて、海辺の町ならではの開放感あるひとときを。益田駅前のフルーツカフェでは、レモンよりも多くビタミンCを含み、美肌効果もアンチエイジング効果もあるという今が旬のイチゴをパフェやジュースで堪能。体の内側から美肌力を充電して帰路に就こう。

景勝地“山陰のモンサンミッシェル”を参拝

小浜海岸の青い海に囲まれた岩礁の頂上にある「宮ヶ島 衣毘須神社(えびすじんじゃ)」。潮の満ち引きで姿を変える砂浜でつながる参道は、大潮の際に渡れなくなることから“山陰のモンサンミッシェル”とも呼ばれている。日本絵画の巨匠・東山魁夷が描いた皇居の障壁画『朝明けの潮』の題材にもなった絶景パワースポットで心を解放したい。

日本海を眺めつつ野菜たっぷりフレンチを

益田出身の店主が腕を振るうフランス料理店。地元の野菜をおいしく食べてほしいと、ランチコース1800円~には、前菜にもメインにも地野菜がたっぷり。生で、蒸して、焼いて・・・と、それぞれの持ち味を引き出した調理法で楽しませてくれる。店内のどの席からも目の前に広がる青い海が望め、ごちそうと絶景におなかと心が満たされる。

美肌を作るいちごのメニューが目白押し!

2020年12月10日にリニューアルオープン。こちらで楽しめるのが、益田産を中心に選りすぐった旬の食べ頃フルーツを盛り込んだスイーツ。冬季は益田市美都町の契約農家から入荷するいちごを使ったメニューがずらり。いちご10粒以上のパフェ1200円~、いちごを1パック使用するジュース1000円などで、おいしく美肌力を高めよう。
※テイクアウトのみ、2021年1月中旬頃にイートインスペースもオープン予定 ※メニューはすべて数量限定。事前連絡で取り置き可

アクセス&巡り方のコツ

■東京から石見エリアへのアクセス
羽田空港より萩・石見空港まで約1時間30~45分。津和野~浜田~益田は、公共交通機関でも巡れるが、電車・バスの本数が少ないため、レンタカーの利用が便利。

■石見エリア内の移動
【萩・石見空港~津和野】空港より車で約50分
【津和野~浜田・美又温泉】津和野中心街より浜田駅まで車で約1時間30分。浜田駅より美又温泉まで車で約30分
【美又温泉~益田】美又温泉より益田市内まで約1時間10分
【益田~萩・石見空港】益田駅周辺より空港まで車で約12分

INFORMATION
美肌県しまね冬旅キャンペーンが12月よりスタート!

2021年3月31日までの期間、美肌をテーマにしたキャンペーンを開催。肌にいい環境が揃った島根県で、美肌にいい温泉やグルメ、体験を楽しめるお得な美肌旅プランを特別販売! さらに、美肌のヒントが詰まった5つのテーマ「温泉・グルメ・日本酒・体験・コスメ&お土産」など美肌旅も紹介しているので、まずはWEBサイトをチェックして。

  • LINEで送る

PR/島根県
PHOTO/AYA MORIMOTO WRITING/MIE NAKAMURA(JAM SESSION)

TOP