花と触れ合い、季節を味わう。五感で楽しむ「いばらきフラワーパーク」がリニューアルオープン

更新日:2021/03/16

4月下旬リニューアルオープン!1日楽しめるフラワーパークが誕生

心地よい陽気に包まれる春。週末日帰り旅の目的地をお探しなら、2021年4月下旬にリニューアルオープンする「いばらきフラワーパーク」に注目! 青山フラワーマーケットから派生した空間デザインブランド「parkERs(パーカーズ)」がプロデュースを手がけ、年間100以上ものアクティビティが用意され、多彩な楽しみが待つ体験型テーマパークへと様変わり。広い園内には、個性豊かなバラの香りに360度包まれる香りのエリア、多彩な色ごとにバラを観賞できるエリア、バラ農家のダイニングをイメージしたレストランも。茨城県の県花であるバラを中心に、季節の花や自然を五感で体感できる。さらに地元の職人たちが筑波石を積み上げた迫力満点のエントランスや、里山の景色を感じる美しい植栽も見どころ。ゴールデンウィークのお出かけは、季節の花々に囲まれて過ごす、癒しの1日を過ごしてみては?

いばらき夢ガイドが体験!植物と触れ合う、年間100以上ものアクティビティ

「いばらきフラワーパーク」を訪れたら、アトリエ「Aterier Rose Farm」で行われるアクティビティもお目当てに。ひと足先にアクティビティを体験した「いばらき夢ガイド」のふたりのおすすめは、アロマ調香デザイナーが教える蒸留体験&アロマミスト作り。園内で採取した木の小枝などを蒸留して、好きなアロマオイルとブレンドすれば自分だけのボタニカルミストが完成。そのほか、園内で育った植物のドライフラワーを使ったボタニカルカード作りや、リース・ブーケ作り、森での乗馬体験、野遊び体験など、園内で体験できるアクティビティは年間を通してなんと100以上! その時々で自然を感じる楽しい体験ができる。お腹が空いたら茨城の季節食材を使った料理をテイクアウトして、お気に入りの場所でピクニックもOK。

JR上野駅から約2時間。ゴールデンウィークの日帰り旅にぴったりな花と植物の楽園へ

1985年に開園し、35年にわたって県内外から愛されてきた「茨城県フラワーパーク」がこの春、「いばらきフラワーパーク」として4月下旬にリニューアルオープン。茨城県の県花でもあるバラをメインにした広大な花畑に、菜園を併設した農園風レストラン、植物を使ったもの作りが体験できるワークショップなど、植物が持つ豊かさやパワーを五感で感じられる特別な場所に。ゴールデンウィークは、その時期にしか楽しめない風景や味覚を堪能して、心と体をリフレッシュしよう。

いばらきフラワーパーク
TEL.0299-42-4111
住所/茨城県石岡市下青柳200
営業時間/9:00~17:00 ※12月~2月9:00~16:00
定休日/火 ※祝・振替休の場合は、翌水休
入園料/大人900円、子供300円(小中学生)、未就学児無料 ※時季により異なる
アクセス/上野駅より石岡駅まで特急で約1時間。石岡駅で関鉄グリーンバスに乗り換えて、フラワーパーク経由柿岡車庫行きで約30分、フラワーパーク前下車すぐ

  • LINEで送る

WRITING/EMIKO OKAZAKI

TOP