PR/高知県

銀座で満喫できる!高知の料理と日本酒 人気のペアリングを発表

高知県、オズモール、日本酒、ペアリング

穏やかな陽気に誘われる春は、銀座で高知県の日本酒と食を体験できるプチ旅行が正解。今回は、高知県の“おいしい”が揃う「TOSA DINING おきゃく」が提供する料理と日本酒の中から、東京女子部がベストペアリングを選定。

更新日:2022/03/17

東京女子部が高知の日本酒と食を実食&検証

東京女子部、日本酒

豪快な飲みっぷりな県民性で知られる高知県は、18の酒蔵が点在し、昔から日本酒文化が根付く土地。その味わいは、カツオをはじめとした新鮮な魚介と一緒に楽しむため、西日本では珍しく「淡麗辛口」が中心。食中酒として日本酒をこよなく愛する高知県では、海の幸や山の幸と合わせるのが地元流。

そこで今回は、高知県のアンテナショップ2階にある高知の地酒と食が集まる店「TOSA DINING おきゃく」に、食とお酒が大好きな東京女子部のレポーター20名を招集。

高知で愛される日本酒6種類と、地元の食材をふんだんに使った料理6皿を実食してもらい、相性ぴったりなペアリングを決定!

個性豊かな高知の日本酒と食。東京女子部が選ぶベストペアリング

「TOSA DINING おきゃく」のフードメニュー「鰹クリームチーズ」「藁焼きカツオの塩たたき」「カツオの酒盗ピザ」「どろめ」「ナスのたたき」「ウツボの唐揚げ」と合わせるのは、高知の名酒「南」「美丈夫」「CEL-24」「文佳人」「久礼」「豊能梅」。6パターンの人気のペアリングを、東京女子部のリコメンドとともに発表!

高知県、オズモール、日本酒、ペアリング

鰹クリームチーズ×CEL-24

カツオのたたきのしぐれ煮をクリームチーズと合わせた、オリジナルメニューの「鰹クリームチーズ」は、フルーティーで香り高い「CEL-24」とのペアリングが大人気。酸味と甘味のバランスが絶妙で、白ワインのような味わいを感じられるから、カツオの旨みが散りばめられ、濃厚でまろやかなクリームチーズとの親和性も高い。

■東京女子部のおすすめポイント

想像以上にカツオが入っているクリームチーズは、白ワインのような「CEL-24」と合わせたらおいしさが倍増!(@konadiary2021)、クリームチーズも「CEL-24」も甘みを感じたので、デザートのようにおいしくいただけます(@ma1217chi)

高知県、オズモール、日本酒、ペアリング

藁焼きカツオの塩たたき×美丈夫

高知県から毎日直送される生カツオを伝統の調理法・藁焼きで提供する「藁焼きカツオの塩たたき」。表面をさっとあぶられ、旨みがぎゅっと凝縮されているから、香りや酸味、キレのバランスが整った「美丈夫」と見事に調和。食中酒としても優秀な「美丈夫」は、雑味がなく、飲み口もやさしいから、カツオの旨みをいっそう引き立てくれる。

■東京女子部のおすすめポイント

すっきりした「美丈夫」の味わいは、カツオの旨味や薬味のおいしさをより強く感じられます。分厚いカツオは香ばしさもあり、現地で食べたカツオ以上においしくて大満足でした!(@yuuka0829)、臭みが一切ないカツオは、淡麗辛口の「美丈夫」がぐいぐい進みました(@meruru0419)

高知県、オズモール、日本酒、ペアリング

カツオの酒盗ピザ×南

カツオの塩辛・酒盗に、クリームチーズやパルメザンチーズなどのチーズがたっぷりのった「カツオの酒盗ピザ」。カツオの旨みや酒盗の塩気、チーズのコクがきいたこちらは、吟醸香が漂い、ふくよかな味わいで洋食メニューとも相性のいい「南」がぴったり。酸味が豊かな淡麗辛口なので、ピザに合わせるメイプルシロップともほどよくマッチ。

■東京女子部のおすすめポイント

お米本来の旨みと味わいが、カツオの香りとよく合います(@meruru0419)、ピザはメイプルシロップを合わせると、デザートのように楽しめて二度おいしい。チーズと酒盗の組み合わせが、淡麗辛口の「南」にぴったりです!(@azu_grm)

高知県、オズモール、日本酒、ペアリング

どろめ×久礼

土佐の方言でいわしの稚魚を表す「どろめ」は、葉にんにくを使ったぬたや、もみじおろしなどの薬味と一緒に味わう海産珍味。ほのかな苦味と甘味を感じるこちらは、魚との相性がいい辛口純米の「久礼」とベストペアリング。ふくよかな味わいでいて香りが控えめだから、いわしの旨みをいっそう感じられる。辛口だから薬味との相性も◎。

■東京女子部のおすすめポイント

つるっと喉越しのいいどろめとの相性はもちろんですが、ぬたと「久礼」で一生飲めます(@_gourmetrip_)、辛口ですっきりしている「久礼」は、お刺身や生の魚介類にとてもよく合います。ニンニクが香るぬたや、ほかの薬味とも相性がぴったりでした (@hirakawa_sae)

高知県、オズモール、日本酒、ペアリング

ナスのたたき×豊能梅

ナスの生産量が国内1位を誇る高知県。その自慢のナスを素揚げし、ポン酢と薬味を合わせた郷土料理が「ナスのたたき」。今回、こちらとペアリングしたのは、高知県初の酒造好適米・吟の夢で仕込んだ、香りと旨みのバランスがいい「豊能梅」。上品でやさしい味わいが、ポン酢の酸味や辛味、揚がったナスの油分を包み込んでくれる。

■東京女子部のおすすめポイント

ナスってこんなに美味しかったっけ?というくらい絶品のメニュー。「豊能梅」のフルーティーさが、ナスや玉ねぎのさっぱり感と合いました(@_gourmetrip_)、「豊能梅」華やかな香りが、ナスの風味や薬味と相性がよかったです(@hirakawa_sae)

高知県、オズモール、日本酒、ペアリング

ウツボの唐揚げ×文佳人

高知県ではよく食される隠れた名グルメ「ウツボの唐揚げ」は、コラーゲンたっぷりでぷりぷり食感の皮、淡泊な味わいの身が特徴。こちらペアリングとして選ばれたのは、若手酒造家が手がける「文佳人」。酸味が強くキレがいいから、唐揚げの油分をさっと流してくれる。ゆず果汁を絡めて唐揚げを味わえば、お互いの酸味が重なって美味そのもの。

■東京女子部のおすすめポイント

独特な味と塩気のきいたウツボの唐揚げは、それに負けない香りと芳醇さが感じられる「文佳人」との相性が最高(@hirakawa_sae)、すっきりとしたシャープな味わいが、サクッとした唐揚げとよく合う。ゆず果汁とも好相性です(@azu_grm)

日本酒ラバーたちがプロデュースした2セットが登場

オズモールの編集部員やプランナーたち日本酒好きクリエイター5人が高知県の18蔵の日本酒から選んだ3種の飲み比べセットが、「TOSA DINING おきゃく」にて4月末までの期間限定でお目見え。今回選定したのは、高知県の日本酒初心者向けの「ビギナーでも楽しいコース」と、高知らしい風味が満喫できる「高知の日本酒の神髄コース」。このバラエティに富んだ味わいは、高知の絶品グルメとともにぜひ楽しんで。

高知県、オズモール、日本酒、ペアリング

ビギナーでも楽しいコース

淡麗辛口が多い高知の日本酒の中でも、フルーティーで白ワインのような風味の「CEL-24」は、高知の日本酒初心者にもぴったり。まずは、日本酒好きクリエイター5人全員が推薦する「CEL-24」からトライし、米の旨みを感じる「美丈夫」、酸味が強い淡麗辛口の「南」とステップアップしていくのもおすすめ(3種飲み比べセット1000円)

高知県、オズモール、日本酒、ペアリング

高知の日本酒の神髄コース

高知の日本酒イチ辛口と評される「久礼」、味に深みがあり、キレと喉越し最高の「文佳人」、華やかで上品な味わいの「豊能梅」は、日本酒通をも唸らせる逸品たち。どれもしっかりとした高知の日本酒らしい風味ながら、料理の味わいを包み込むような懐の広さが特徴的。食中酒として高知のグルメを引き立ててくれるはず(3種飲み比べセット1000円)

伝統の土佐料理から創作料理まで。地酒と楽しむ高知の豊かな食

今回、東京女子部のレポーターたちが体験した高知県の日本酒と料理が楽しめるダイニング。高知の⾷材、風土、⽣産者を知り尽くし、40年以上に渡り⾼知の料理を極めた料理人が作るのは、土佐料理の伝統や技術をベースにしつつも、その枠に囚われない自由な発想の和洋の料理たち。カツオのたたきなどの伝統料理や、酒盗を使ったピザといったオリジナルメニューを、高知県の全18蔵の日本酒とともに酔いしれて。

TOSA DINING おきゃく

電話番号/03-3538-4351
住所/東京都中央区銀座1-3-13 オーブ プレミア2F
営業時間/11:00~15:00(LO14:30) 17:00~21:00(LO 20:00)
定休日/なし
席数/74席

豊かな自然も地元の人との交流も。
アクティビティが充実!

高知の大自然や、地元の人との触れ合いなどが体験できるキャンペーン「リョーマの休日」が開催中! 観光列車に揺られながら雄大な自然に癒されたり、坂本龍馬をはじめとした歴史の偉人の資料を鑑賞したり、独自の食文化が根付くご当地グルメを堪能したりと、高知だけで発見できる “新しい休日”を楽しんで。


Twitter : @naturallykochi
Instagram : @naturallykochi

  • LINEで送る

PHOTO/RYO YONEKURA WRITING/MAKI FUNABASHI

※記事は2022年3月17日(木)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP