日本のイイトコドリップ~宮崎・日向神話トリップ~



女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


このページの記事は、2016/06/07に掲載した時点のものです。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。
  • バックナンバー
  • おいしいグルメイイトコドリ
  • ほめられ土産イイトコドリ
  • OZの女子旅TV
日本のイイトコドリップ

宮崎・日向 神話トリップ ~日本の始まりの地で、心を新たにする旅~

宮崎・日向 神話トリップ
宮崎・日向 神話トリップ
宮崎・日向 神話トリップ
前の写真
次の写真

宮崎・日向 神話トリップ ~日本の始まりの地で、心を新たにする旅~

神話が息づく町・日向市は、神武天皇がヤマトの国を治めるために船で東方へ
出発をした旅立ちの場所。自然豊かなこの地に立ち、悠久の歴史に思いをはせると、
自分もちょっと立ち止まって、心を整理してみようと思えるから不思議。
心に余裕が生まれたら、神武天皇が残した足跡を探るように美々津へ散策に出るのもいい。
神様への祈りなら、古事記神話の舞台との言い伝えが残る、大御神社へ。
大海原を背負う社殿に手を合わせると、清らかになった心にパワーがみなぎってくる。
立ち止まり、振り返るきっかけをくれる日向。
帰る頃には、元気という心のお土産をくれるはず。

東京女子のココロが動く、まだまだ知らない日本各地の“イイトコロ”をOZの女子旅プロデューサーが抽出。そこでの楽しみ方、東京女子が“めざして行くべき”モノコトスポットの新定番をご提案。
めざして行くべき【食】おいしいモノ 【体】体験モノ【買】褒められ土産・ご褒美【癒】癒されスポット 【見】見るモノ&女子的フォトスポット【泊】こだわり宿
OZの女子旅TV

Let’s イイトコドリップ

  • 【買】4代目が醤油作りの神髄を語ってくれる
  • 【買】若き職人たちが手作業で酒造りに奮闘
  • 【体】併設の窯でガラスの作品が次々と誕生

神話の物語に思いをはせつつ、禊(みそぎ)へ

大御神社の裏には、青くて広い海が!

写真左
写真上
【体】

大御神社おおみじんじゃ

鳥居を潜ると、日向灘の大海原を背景に佇む幻想的な社殿が。天照大御神を祀るこの神社は、一説では古事記神話の舞台だと伝えられている。見上げるほど巨大なさざれ石をはじめ、龍神の魂と言われる球状の岩が水に沈む龍の霊(たま)、昇り龍の洞窟などの遺跡もあり、パワースポットとして注目を集めている。

TEL0982-52-3406 宮崎県日向市大字日知屋1 拝観自由 アクセス/JR日向市駅より車で約10分
(写真左)境内には、高さ20mの龍神の姿が光と共に現れる洞窟が。波音を聞きながら見上げると、言葉を失うほど幻想的 (写真右)さざれ石の下には、約5000年前の人々が龍神信仰のために石で作ったと言われる龍の霊(たま)が

縁側に腰掛けて、時を忘れて語り合おう

廻船問屋として栄えた頃の道具や骨董品を展示

写真左
【見】

美々津軒みみつけん

明治時代より廻船問屋だった2階建ての日本家屋を歴史伝統文化を伝える場として開放。かつてここで暮らしていた佐藤久恵さんが、「おいでなんせ」と笑顔で迎えてくれる。115戸の古民家が連なり、神武天皇の歴史が残る美々津の町の魅力にじっくりと耳を傾けよう。

TEL0982-58-1229 宮崎県日向市美々津町3328 営業9:00~16:30 月定休 アクセス/JR美々津駅より車で約5分
明治17(1884)年築の趣がある建物。「美々津の人はものを大切にするから、昔の建物が多く残っている」と地元の人は語る。約7割の建造物が今も残っているそう

風情ある一軒家でごはんをいただいて、心の底からリラックス

彩り鮮やかな蒸し寿司はおめでたい雰囲気!

写真左
写真上
【食】

和カフェ&食雑貨 理庵りあん

風情があるのに観光地化されていない、美々津の町に惚れ込んだ店主が味のあるカフェを毎週3日間だけオープン。華やかな蒸し寿司700円を始め、黒胡麻プリン400円などの自家製メニューをいただける。昔にタイムスリップした気分に浸りながら、心ゆくまでのんびり過ごして。

TEL0982-58-1088 宮崎県日向市美々津町3316 営業11:00~16:00(LO) 月~木定休 10席 アクセス/JR美々津駅より車で約5分
(写真左)天保7(1836)年に建てられた、町で2番目に古い建造物。建物の良さを損なわないよう、品のある骨董品を配した店内が素敵 (写真右)作家ものの器やガラス小物などを販売
  • SceneNaviStart.png
  • SceneNaviIcon01.jpg
  • SceneNaviIcon02.jpg
  • SceneNaviIcon03.jpg
  • SceneNaviIcon04.jpg
  • SceneNaviIcon05.jpg
  • SceneNaviIcon06.jpg
  • SceneNaviIcon07.jpg
  • SceneNaviIcon08.jpg
  • SceneNaviIcon09.jpg
  • SceneNaviIconTV.png

宮崎・日向グルメ イイトコドリ

食事もできる囲碁のテーマパーク

日本で唯一、はまぐりの貝殻による碁石作りの伝統が息づく町・日向。こちらは、昨年、囲碁のテーマパークとしてリニューアル。2階には郷土食のはまぐりご飯や貝汁を味わえる食事処があり、ゆったり過ごせる。1階にはオリジナル商品を製造直売するお土産屋と囲碁のおもしろさや碁石製造について学べるミュージアムがあり、楽しみがたくさん。

はまぐり碁石の里はまぐりごいしのさと
TEL0982-54-7373 宮崎県日向市平岩8491 営業ショップ9:00~18:00 レストラン11:30~14:30(14:00LO) 無休 36席 アクセス/JR日向市駅より車で約10分
写真

(写真左)ダシがしっかりと利いた、はまぐりご飯と貝汁のセット500円 (写真右)ドリンク1杯から気軽に利用できる雰囲気。初夏に向け、涼し気な内装にリニューアル予定

地元ならではの食を楽しもう

日向の漁業を支える漁港・細島の港で働く男衆に出す漁師飯を提供。カツオの刺身とごはんを混ぜて炙った“こなます”やマグロの胃袋“ごんぐり”が入ったかき揚げなどがセットになったこなます定食を初体験してみて。

海の駅 ほそしまうみのえき ほそしま
TEL0982-52-0771 宮崎県日向市細島769-4 営業ショップ10:00~17:00 レストラン11:00~15:00(14:30LO) 月定休(祝の場合は翌休) アクセス/JR日向市駅より車で約10分
写真

(写真左)こなます、ごんぐりにアラ汁やミニ刺身、小鉢、漬物が付く豪華な定食、こなます定食900円(写真右)獲れたての魚介やお土産を販売するショップが併設のレストラン。席に座れば、窓から細島の港が見える

豊かな香りのソフトクリームを

断崖から太平洋の大パノラマを見渡せる絶景スポット・馬ヶ背の遊歩道入口に立つ小さな茶屋。ここでは、日向の名産物・へべすの果汁をたっぷり混ぜた、爽やかなへべすソフト300円が大人気。日向土産も販売している。

馬ヶ背茶屋うまがせぢゃや
TEL0982-54-6177 宮崎県日向市細島1-1 営業(4/1~9/30)9:00~18:00 (10/1~3/30)8:30~17:30 無休 20席 アクセス/JR日向市駅より車で約15分
写真

(写真左)日向市限定のへべすソフト。食べられるのは「馬ヶ背茶屋」と「まちの駅 とみたか」の2カ所だけ!(写真右)絶景スポット・馬ケ背を見てきた帰りにここでひと休み。椅子やテーブルもあるので、ゆったり過ごせる

宮崎・日向みやげ イイトコドリ

写真

(写真1)無農薬・減農薬の旬のフルーツで作る手作りジャム950円~。深い味わい/nakashima-tei(TEL090-5654-9733) (写真2)日向灘の満ち潮を窯で煮詰めて作る満潮の塩各320円。まろやかな味/馬ヶ背茶屋(TEL0982-54-6177) (写真3)日向市の隣町・都農町にあるワイナリーで造られているワイン1296円~/都農ワイン(TEL0983-25-5501) (写真4)神武天皇が食べたと伝えられているお船出だんご550円。素朴な味わい/美々津まちなみセンター(TEL0982-58-0661) (写真5)日向を代表する果実・へべすを使った爽やかな調味料、へべぽん700円/まちの駅 とみたか(TEL0982-54-4228)

宮崎・日向スポット イイトコドリ

港の男衆が激しく競い合う喧嘩祭り!

写真
細島みなと祭り

約120年前より、毎年7月中旬頃に、細島で開催される喧嘩祭り。航海の安全と大漁を祈願し、「東若」「南若」の東西2基の太鼓台を担いだ港の男衆が激しくぶつかり合う。2日目は太鼓台を担ぐ距離の勝負、3日目は喧嘩組み合わせが繰り広げられ、歓声と太鼓の音で盛り上がる。今年は7月15~17日に開催。

日向市の無形民族文化財。ユーモア溢れる夏祭り

写真
日向ひょっとこ祭り

毎年8月の第1週の土曜日に開催される日向市の夏の風物詩。日向市の無形民俗文化財に指定されていて、保存会を中心に伝統の舞を披露。例年2000名以上の舞い手がひょっとこ、おかめ、きつねのお面を被って町をコミカルに踊り歩き、市内は活気で満ちあふれる。観光客の当日参加もOK。挑戦してみては?

OZの女子旅プロデューサーが見つけた褒められ“イイね”

「ノスタルジックな雰囲気を味わいたいなら、江戸時代初期より廻船問屋が栄えた町・美々津へ足を運ぼう。古民家が軒を連ねるこの地区は、国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。名物・お船出だんごを食べ歩きしたり、カフェを巡ってのんびり過ごして」(女子旅プロデューサー/アヤヤ)

「地球の丸さを感じるほどの絶景が広がる馬ヶ背や、願いが叶うクルスの海など美しい景色も楽しみのひとつ。町の至る所に猫の姿も。写真を撮りながら旅を楽しんでみよう」(女子旅プロデューサー/チカ)

宮崎・日向 神話トリップMAP

OZの女子旅プロデューサーが、東京女子に向けて抽出した新定番の女子旅“イイトコドリップ”。
宮崎・日向のイイトコロをイイトコドリする女子旅に、出かけてみよう。

Miyazaki・Hyuga TRIP

宮崎県北部の中心地として栄えている町・日向市。初代天皇・神武天皇が国を治めるべく船を出して東へ出発した地として数々の神話が残っている。オーシャンビューの絶景スポット・馬ヶ背や廻船問屋街として栄えた港町・美々津など、海の町としても有名。サーフィンのメッカとしても知られ、快水浴場百選にも選ばれた伊勢ヶ浜や世界大会が行われる金ヶ浜などに多くのサーファーたちが集まる。へべす、ハマグリ、日向灘の鮮魚や日向地鶏など、名物も豊富

Access

飛行機の場合、羽田空港から宮崎空港まで約1時間45分。宮崎空港から日向市街までは東九州道を利用し、車で約1時間。宮崎空港から電車の場合、JR宮崎空港駅からJR日向市駅まで特急利用で約1時間。市内の移動はレンタカーが便利。電車とタクシーを組み合わせても巡れる

スマホを持って旅に出よう

ここに行きたい、これ食べたい!
旅のきっかけはPCで、旅に出るときはスマホを持って。
女子旅のお約束、スマホを持って旅に出よう。
友達への共有やお誘いも、イイトコドリップ スマートフォンページで。

太陽の恵みがギュッと詰まったドレッシングを2名様へプレゼント

南国・宮崎は、緑あふれる自然、青い空と海、降り注ぐ太陽、そしておいしい食べ物もいっぱい!
パワースポットやマリンスポーツも充実した宮崎で、熱い夏を過ごしてみては?

ソラシドエアは、お得でリーズナブルな運賃を提供し、機内では、女性に嬉しいサービスを展開中。おすすめは、機内ドリンクサービスで提供中の九州産の素材を数種類取り入れたノンカフェインハーブティー。そのほか、女性優先化粧室やアメニティグッズなど女性目線のサービスがいっぱい。「メイク・ワンダー!」を新キャッチコピーに、驚きや感動、ワクワクを提供しているソラシドエアで“ワンダー!”な空の旅を。

ソラシドエアHPへ

※ドリンクサービス・機内販売は天候その他の事情によりご提供できない場合がございます。 ※写真の機内販売商品は時期により販売していない場合がございますのでご了承ください。 ※機内販売商品は販売数量に限りがございます。売り切れの際はご了承ください。 ※その他サービスに関してはお問い合わせください。(2016年1月現在)

太陽の恵みがギュッと詰まったドレッシングを2名様へプレゼント

「はまぐり碁石の里」で製造・販売しているドレッシング各1本を2名様へプレゼント。宮崎県産完熟マンゴーの濃厚な甘さと酸味を味わえる「爽マンゴードレッシング」。甘酸っぱい酸味の中にうま味が広がる「日向夏ドレッシング」。好みの味を選んで応募しよう!

プレゼントに応募する
※この特集は、「宮崎空港駐車場(一般財団法人空港環境整備協会)」の助成を受けて企画しました。
撮影/佐野学 スタイリング/武者こずえ ヘアメイク/中島由起子 モデル/吉田友理、川野由架子 取材・文/六識(高橋瑞穂)

<美々津軒ほか>ワンピース48600円/JUN OKAMOTO DAIKANYAMA STORE(TEL03-6455-3466)、シューズ2689円/GU(ジーユーカスタマーセンターTEL0120-856-453)、バッグ19440円/bpb(ピーアールワンショールームTEL03-5774-0855)、ブラウス25920円、レースタンクトップ17280円/以上、アンドゥミ(エスティームプレスTEL03-5428-0928)、パンツ5000円/MONKI(MONKI HARAJUKU TEL03-5786-0204)、シューズ17280円/コンジェ ペイエ アデュー トリステス(TEL03-6861-7658)、バッグ23760円/bpb(ピーアールワン ショールームTEL03-5774-0855)<その他>シャツ12960円、パンツ12960円/以上、コンジェ ペイエ アデュー トリステス(TEL03-6861-7658)、ワンピース37800円/uemulo munenoli(エスティームプレスTEL03-5428-0928)、ともに、シューズはスタイリスト私物

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

なーみん 2018/02/26 23:07:05
宮崎はまだ行った事がないので是非行きたいです!
よつば 2018/02/13 08:27:29
宮崎にはまだ行ったことがありません。昔は新婚旅行のメッカだったのですからいいところでしょう。
2016/06/11 11:23:22
禊って…もっと重々しいことなのでは?! 「パワースポットに行ってパワー感じたーい!」っていうような女子が「禊したーい!」ってことなのかなぁ。。 で、「禊したからスッキリしたね、美味しいもの食べに行こうか♪」って感じ? うーん、私にはわからない感覚だわ。年齢的な問題か??
すーめめ 2016/06/11 14:49:24
何年か前に宮崎に行きました!南国ちっくなところもあり、ジャイアンツがキャンプ中によく訪れるという焼肉屋さんに行ったりしましたー! チキン南蛮以外にも美味しいものがたくさんあって、また行きたいです☆
ちぃちぃ♪ 2016/06/13 21:29:36
こういう旅してみたいなぁ~ のんびりまわってみたい! 確かに禊は軽々しく言う言葉ではないですね。使い方が気になりました。
キナコ 2016/06/12 16:00:34
宮崎旅行、去年行きました!日向エリアは行けませんでしたが、青島とか日南エリア、海岸線ドライブ楽しかったです。マンゴーは、特売所よりもスーパーの方が安くて美味しいと、マンゴーのお店の人に言われました。チキン南蛮も美味しかったし、今度は高千穂とか行きたいな。
あゆぼん 2016/06/12 16:06:10
宮崎はまだ行ったことはありませんが、のんびりできそうな雰囲気で惹かれます(*^^*)ゆっくり食事をして、ゆっくりお散歩をして、リフレッシュできそう☆
mime♪ 2016/06/12 14:07:12
宮崎って、ドライブしててもスピードがゆっくりで、その土地の人柄なんですかね?のんびりのほほんとできて夏のバカンスとかに良さそうですよね~
chocococoa 2016/06/08 09:01:20
宮崎良いですね。ハマグリの貝殻で囲碁って、そんなにハマグリが沢山採れるんですね。海沿いなので、魚介類が美味しそう。グルメが気になります。
まさよん 2017/12/09 07:26:10
宮崎には仕事でしか行ったことがありません。もっとゆっくりしたいと思いながら泣く泣く帰ったので、今度こそプライベートで行きたいです。
atsuko♪ 2016/06/13 16:40:58
宮崎、素敵ですね~♪ はまぐりごはんをはじめ、こなます定食もへべすソフトクリームも美味しそうです! 一度訪れてみたいです!
みみ 2016/06/11 17:19:35
風情溢れる街並みで、この写真見てるだけでもほっこりしますね。今は行けないけど、宮崎はご飯も美味しいし行ってみたい場所です。
けんらん 2016/06/09 13:04:41
禊や食事の内容など、宮崎に行くと心が洗われますね(^o^)都会から離れてこういう場所で静かに過ごす時間も大事かも。
れこりん 2016/06/11 22:23:22
禊!!はないとは思いますが(笑)、宮崎側もいく女子もみんなうれしいですよね。こういう旅は行ってみたいと思います。
ゆり 2016/06/12 08:02:33
宮崎好きですが日向って行きにくくて行けてません。このドレッシングおすすめです。なんにでもさっぱりと合います。
さや 2016/06/12 01:04:16
一時期の東国原さんのフィーバー以降はちょっと忘れちゃってましたが、グルメも色々楽しめそうだし行ってみたいな~
ちよ 2016/06/14 08:41:21
ソラシドエア乗ったことがないので知ることができてよかったです。 日向もなかなか特集で見ないので嬉しいです。
ショコラ♪ 2016/06/11 17:34:58
九州は長崎しか行ったことがないのですが、宮崎も景色もご飯も良さそうですね。 空港から離れているから、れんた
うすざぶろう 2016/06/11 14:00:47
縁側でゆっくり過ごすなんて羨ましい。夕食時になったらご飯だよーみたいなー。懐かしい一時体験してみたいですー
akko 2016/06/12 12:52:36
宮崎といったらシーガイアと鶏南蛮くらいしか 思いださないけど、禊とか本当に神秘的で行ってみたいです!

このページにコメントする

>>体験コメントとは


TOP