1. オズモールTOP >
  2. 茨城・結城 昔町トリップ

茨城・結城 昔町トリップ 〜日常の中の手作りと 昔ながらに出会う旅

茨城・結城 昔町トリップ 〜日常の中の手作りと 昔ながらに出会う旅

【イイトコドリップ Vol.31 茨城県・結城市】
モデル 武智志穂さんと体験してきました。

「手作り」にあふれた
懐かしさ漂う町へ

穏やかな陽射しに誘われ、ふらりと出かけたくなる秋。そんな日帰り旅にぴったりなのが、都心から最短約60分で行ける結城市。蔵造りの建物や格子戸の家屋が立ち並ぶ風情ある町には、伝統工芸品・結城紬や、醤油、味噌、酒の蔵元など、暮らしに根付く手作りがいろいろ。地域に伝わる昔ながらのあれこれを満喫しながら、心ゆるむ休日が待っている。

結城市へのアクセス

東京駅から東北新幹線で約45分、小山駅下車。JR水戸線に乗り換え7分で結城駅に到着。あるいは、所要時間は100分前後かかるが、都心から小山駅まで湘南新宿ライン、宇都宮線など普通電車を利用してアクセスすることもできる

「手作り」にあふれた  懐かしさ漂う町へ

昔ながらの町で見つける
暮らしに根付く手作りのもの

風情ある町並みを
気ままにおさんぽ

結城ならではの楽しみは、懐かしい雰囲気に浸りながらの町めぐり。特に市北部地域の旧市街地には、明治時代初期から大正時代にかけて建築された蔵造りの建物など、歴史を感じさせる建造物が集中。風情ある町並みが続く。しかもコンパクトにまとまっているから、歩いてまわれるのが嬉しい。

風情ある町並みを 気ままにおさんぽ

町でよく見かけるのが、「見世蔵」と呼ばれる蔵造りの建築物。現在も店舗や住宅として利用される建物が多い/市の北部地域には縁結びにご利益がある健田須賀神社などの神社仏閣が点在。散策の合間にお参りを

名産品・かんぴょうを
生産し続けて100年

手作りが根付くこの町らしい1軒が、かんぴょう専門店の「桜井長太郎商店」。約100年にわたって販売するかんぴょうは、夕顔の大きな実をひも状にむいて、天日干ししたもの。素材が持つ風味をそのまま残しながら、昔ながらの製法で丁寧に作られていて、茨城県の特産品にもなっている。

桜井長太郎商店

TEL.0296-33-2704 
茨城県結城市浦町197 
営業時間9:00〜17:00 
日定休 
アクセス/結城駅より徒歩12分

名産品・かんぴょうを 生産し続けて100年

かんぴょうになる夕顔の実/パッケージがかわいい上かんぴょう80g650円/店主夫妻の笑顔にほっこり。魚の卸業を営んでいたというこちらは、50年ほど前からかんぴょう専門店に

歴史ある発酵の里で
老舗酒造の甘酒を

古くから醸造業が盛んな町には、現在も手作業で酒や味噌、醤油を製造する老舗が。1867年創業の酒蔵「武勇」もそのひとつ。地下150mからくみ上げる軟水を使用した日本酒は、なめらかな口当たり。日本酒専用の米麹で造る甘酒(ノンアルコール)も人気で、発酵が生み出すおいしい魅力を発信し続ける。

武勇(ぶゆう)

TEL.0296-33-3343 
茨城県結城市結城144 
営業時間/9:00〜18:00 
日定休 
アクセス/結城駅より徒歩10分

歴史ある発酵の里で 老舗酒造の甘酒を

ノンアルコールの米麹甘酒720ml 780円。朝食やおやつ代わりにも/砂糖を一切使わず、米麹の自然な甘さを活かした甘酒は、さらさらとした飲み口/予約すれば試飲や酒蔵見学も可能

【毎週更新】結城のイイトコ、毎週1つずつご紹介

【第2週】 結城のイイトコおさんぽ(2)

【第2週】
結城のイイトコおさんぽ(2)

地元産の野菜が楽しめるランチに、歴史ある衣食住が体験できるスポット。武智志穂さんも満面の笑顔に!

【第3週】 結城のおいしいものでひと休み

【第3週】
結城のおいしいものでひと休み

結城伝統の和菓子をいただけるひと休みカフェや、自家製のやさしい味わいのパンやスープを味わえるお店へ。

【第4週】  伝統を感じる和のおみやげ

【第4週】
伝統を感じる和のおみやげ

結城紬に触れられるお店での和小物。麹を使った味噌、醤油、日本酒・・・この町に受け継がれた伝統のおみやげを紹介。

日本のイイトコドリップ

東京女子のココロが動く、まだ知らない日本のイイトコを抽出して届ける連載「イイトコドリップ」は、武智志穂さんはじめ「OZの女子旅モデル」と一緒に毎月1つの旅先をお届け。ぜひチェックして、次の旅のきっかけを見つけて!

日本のイイトコドリップ
  • 撮影/上原朋也、大崎あゆみ モデル/武智志穂 取材・文/ジャムセッション(中村美枝)

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

ykiyki 2019/04/22 09:26:14
茨城県結城市ってこんな風情があるんですね!
ゆき・ゆき 2019/01/08 19:07:57
茨城は、偕楽園に梅を観に行ったことが有りますが、それ以外にも行きたい〜
ミッシー 2016/11/07 07:46:30
結城にある郷土博物館(みたいなところ?)には、とってもカッコいい、槍が展示されています。戦国ゲームファンに有名らしい(それ程興味がなくて、うろ覚えです(^_^;))でも、ホントにカッコよかったので、一見の価値ありです。あと、小田屋さんの醤油とお酢!一升瓶数本買いして、無くなると、佐野アウトレット経由で買いに行っています。ホントに美味しくて、カラダにいい味がします。
sari 2016/10/14 07:19:16
結城は近場に住んでいる友人のお気に入り、カフェラファミーユがオススメです!待つことも多いけど、待っている間もお庭散策したりと雰囲気が素敵なので飽きないです。ガレットが好きですが、どのメニューも美味しい(^_^)
れこりん 2016/10/13 13:36:23
結城はお米もおいしいし、紬もあるし、すごくいいところだと知っているので、素敵なトリップの記事が出ていると嬉しくなります。しばらく行ってないので行かなくちゃ!!
しゃん 2016/10/15 08:39:06
当たり前に行っていた場所も見方一つで雰囲気が変わりますね。原点に戻った感じでまた、お散歩してみようかな。茨城の出身なので、こういった特集はうれしく思います!
2016/10/16 17:09:21
茨城だと、何か目的があって行く場所なので、ぶらり街歩きとは贅沢な感じがします。 東京からもそんなに遠くないのに、旅行気分が味わえそう。
Chocomeg 2016/11/02 13:47:11
実家が近くです。まさか結城がOZmallに載るなんて!しかも志穂さん来たなんて!のどかなところなので、癒されに遊びに来てくださーい。
ひろこ 2016/10/13 22:30:11
武智志穂さん、私が学生時代にファッション雑誌で読者モデルとして活躍されていたのを見ていましたが、今もその綺麗さのままで驚きました!
mime♪ 2016/10/13 20:08:51
かんぴょうの産地って思い浮かびませんでした。好きなんだけど産地気にしなことなかった。結城はしらない町だけど行ってみたくなりました〜
ハンナ 2016/10/13 15:12:39
結城はレフィーユってカフェが有名ですね!車が無いと移動はつらいけど、元城下町で道は狭い…かな。歩いてもなんとかなります。
ミミリーン 2016/10/13 11:33:26
写真見てると素敵な町ですね(^ ^) 茨城は水戸くらいしか行ったことがなかったけど、都内からも近いし行ってみたいです♪
さや 2016/10/16 10:55:46
普通電車でも行けるのがいいですね。 なんとなく川越っぽい雰囲気かな? モデルさんがとってもかわいいです(^-^;
ゆみ 2016/10/13 14:18:06
美味しいお米を食べる旅…ホッとできそうで、いいな〜(*´?`*)近くてお米遠い茨城の知らない魅力が見つけられそう!
ちーぽん 2016/10/13 13:14:56
茨城は失礼ながら、これと言って良いイメージもなかったので、この記事を見てすごく新鮮で行ってみたくなりました!
かりん 2017/06/04 19:19:19
湘南新宿ラインはいま色々な終点があるので乗り間違えないよう注意ですね!少し遠出、というのがとてもいいです。
コムニ 2016/10/15 00:26:01
甘酒美味しそうですね〜(*^^*) 茨城ってなかなか行く機会ないから今度日帰りで遊びにいってみようかな。
yon 2016/10/14 06:58:46
湘南新宿ラインはいま色々な終点があるので乗り間違えないよう注意ですね!少し遠出、というのがとてもいいです。
L 2016/10/13 12:04:06
茨木は一度も行ったことないので、一度行ってみたいです。どこに行けばいいのかもわからないので、参考にします。
くまたろう 2017/01/09 11:11:10
かんぴょうが名産なんだね。 町並みも昔ながらの雰囲気があって、すごく落ち着きそうなところだと感じた。

このページにコメントする

>>体験コメントとは

ページTOP

TOP