イイトコドリップ Vol.35 埼玉県三芳町:おいもトリップ

埼玉県三芳町:おいもトリップ

更新日:2017/02/07

イイトコドリップ Vol.35 三芳町ってこんなところ

埼玉県三芳町:おいもトリップ

江戸時代からの伝統を守る、実り豊かな地へ

旅に欠かせないおいしいもの。でも食べるだけではなく、その産地や食材が生まれる背景に目を向けたら、食への興味がもっと高まるはず。そんな体験をするなら、埼玉県三芳町へ。都心から日帰り圏内で行ける町には、320年も昔から伝わる農法でさまざまな農作物を作り続ける人々が。三芳の特産品・さつまいもなど、おいしいがはぐくまれる地で笑顔になる休日を。

YASAI ブームの予感! みよし野菜も忘れずに

三芳の農作物がおいしい理由って?

上富地区で農地が開かれたのは江戸時代中期の「三富新田の開拓」による。開拓当初は水に乏しく栄養が少ない土壌だったため、耕地を一定基準で区画する地割(画像:上の図)を採用。縦長の敷地に屋敷地、耕地、平地林を配した。その後の農業の発展に大きな影響を与えたのが、その平地林。落ち葉で作った堆肥を耕地に漉き込むことで、少しずつ土地が育ち、現在は、農作物がよく育つ豊かな土壌になったそう。先人たちの知恵がはぐくんだ土地の実りは、今や三芳の自慢に。

埼玉県三芳町:おいもトリップ
埼玉県三芳町:おいもトリップ
(左)くぬぎの森 交流プラザでいただける、自家製パンとチキングリル&旬野菜のバーニャカウダプレート1350円。豆腐のブリュレなどデザートとのセットは2160円/(右)三富今昔村の拠点施設「くぬぎの森 交流プラザ」

ブームの予感! みよし野菜も忘れずに

町ぐるみでブランド化をめざす「みよし野菜」。この野菜を江戸時代から続く農法で栽培し、旬や地産地消を体感できるこちら。敷地内の「石坂ファーム」では野菜の収穫体験、食育プログラム「おいしい体験」を実施している「くぬぎの森 交流プラザ」では自家栽培の新鮮野菜を味わえる。みよし野菜を五感で満喫して。

埼玉県・三芳町 おいもトリップ

埼玉県・三芳町 おいもトリップ

三芳の「いいいも」ものがたり

現在は、古くから土地に根付く紅赤から、とろ~り食感の新品種・シルクスイートまで、多彩な品種が生産され、総称して「富の川越いも」と呼ばれるように。

埼玉県・三芳町 おいもトリップ

カフェで楽しむ「おいも」さん

三芳で特産品・さつまいもを味わうなら、おいも農家直営のこの2軒へ。イタリアンで、スイーツで、ホクホクの美味なる時間を。

埼玉県・三芳町 おいもトリップ

狭山茶もおいしいよ

有機無農薬栽培ほか、自家栽培の茶葉を使った商品開発も積極的な三芳町。生産者とのふれ合いも楽しく、おいしい笑顔もさらに広がる!

埼玉県三芳町:おいもトリップ

Present

小分けで食べやすいオリジナルようかん。ほうじ茶、狭山茶各432円、狭山紅茶500円。各8個入り 

埼玉県三芳町:おいもトリップ

日本のイイトコドリップ

東京女子のココロが動く、まだ知らない日本のイイトコを抽出して届ける連載「イイトコドリップ」は、武智志穂さんはじめ「OZの女子旅モデル」と一緒に毎月1つの旅先をお届け。ぜひチェックして、次の旅のきっかけを見つけて!

WRITING/MIE NAKAMURA PHOTO/MICHI MURAKAMI MODEL/RINA TANAKA

  • LINEで送る

TOP