社会人女子に聞いた!
「今から学校に行くなら、なにを学びたい?」

ひとことで“学校”と言っても、その内容は多種多様。あなたの目的は、仕事のキャリアアップ?
 それとも、趣味の充実? みんながどんな“学び”に関心があるかをチェック!

なにを学びたい?

  • 第1位 英会話・語学
    「仕事でもプライベートでも間違いなく役に立つ(なおさん)」「やっぱり英語が話せるようになりたい!(yukiさん)」「TOEICで高得点をとりたい(さとこさん)」

    第2位 料理・お菓子・パン
    「いつも同じ料理ばかり作ってしまうので、レパートリーを増やしたい(cocoさん)」「花嫁修業!(まりなさん)」「家でパンを焼くのが夢なので(ほっこさん)」

    第3位 ビジネス資格・スキル
    「社会保険労務士の資格を取りたい(カッキーさん)」「簿記検定に興味がある(祐さん)「なにか仕事に役立つ資格をとりたいな〜と漠然と(香織さん)」

    第4位 癒し・健康
    「アロマテラピーの勉強をしてみたい(ユカさん)」「いつかは自宅でサロン経営に憧れている (tontonさん)」「ヨガを本格的に学びたい!(トモさん)」

    第5位 ダンス・スポーツ・音楽
    「会社帰りに体を動かしてリフレッシュしたい!(かよさん)」「昔バレエを習っていたのでまたはじめたい(のんさん)」「ピアノを久しぶりに弾きたい (mikoさん)」

  • 第1位は“英会話・語学”。仕事で役立つのはもちろん、旅行などでも英語が話せると便利なので、幅広い人が学びたいと思っている様子。2位〜5位には、“資格取得”などの仕事に役立つ学びと、“料理やダンス”などの趣味を充実させる学びがそれぞれランクイン。目的はそれぞれ違うけど、「なにかをはじめたい!」という前向きな姿勢はみんな持っていることがわかる。

    他にはこんあ意見も!
    「心理カウンセリングの勉強をしてみたい(サーヤさん)」、「お花が好きなので、フラワーアレンジメントの資格に興味がある(waoさん)」、「PCプログラミングやIT系のスキルを身につけたい(ガクさん)」、「福祉の仕事に転職したいので、医療・福祉関係の学校に行きたい(kyokoさん)

どこで学びたい?

  • 第1位 スクール

    第2位 通信講座

    第3位 大学公開講座

    第4位 通信制大学

    第5位 社会人大学院

  • 学びスタイルとして第1位の人気となったのが、キャリアアップや資格取得、趣味系講座が充実している“スクール”。また、“通信講座”が「仕事との両立ができそう」と第2位にランクイン。3位〜5位は、実際に大学や大学院などで学ぶスタイル。「本格的に、専門的に勉強がしたい」「大学でのキャンパスライフに憧れがある」などの声が多かった。

学びたいものを探してみよう!

「仕事と学校の両立って、実際どう?」
経験者に聞く“学生生活”のリアル

仕事や家事で忙しくて、なかなか自由な時間が作れないのが働く女性のリアル。「もし学校に行くとしても、
本当にちゃんと学べるの?」そんな疑問&不安に経験者がお答え!

  • 大学のコミュニティカレッジには様々な世代の方々がいて、大学生の頃とは違った視点でのディスカッションができました。仕事に関係のない「勉強」をすることが、精神的な成長のための投資だと感じられた経験です。(きゃんたさん)
  • 社会人になってからダンスを習い始めました。仕事の後に行くのは結構キツかったのですが、仕事でイヤな事があった時はダンスでストレス発散!という感覚に(みえちゃんさん)
  • 通信制の法学部を卒業しました。学生のときより勉強内容が身近に感じられたので、社会人になってから学ぶことができてよかったと思っています。毎週課題の本当に大変でしたが・・・(こづりんさん)
  • キャリアカウンセラー資格取得のスクールに通っています。社会に出て働いたからこそ興味を持った事柄について学ぶ楽しさと、どんどん吸収できる面白さを感じています。学生の時の学びとはまた違う充実感があります(yukoさん)
  • 簿記3級を取りました。今まであまり勉強して来なかったので、合格した時の達成感や充実感がとても嬉しかったです。たまに残業があるので、勉強の時間の確保が大変だったけど、少しでもいいので毎日勉強していました(にゃんさん)
  • 社会人向けビジネススクールに通いました。クラスメイトは勉強への意欲が旺盛で、懇親会などでお互いの仕事のことを話し合い、良い関係を築くことができました。仕事と勉強の両立で、タイムマネジメント力が磨かれたと思います(にゃんぐむさん)

仕事との量いつができる学び方を探してみて!

「どんな学び方なら続けられる?」
あなたにぴったりの“学生生活” を探そう♪

働きながら学ぼうとしたとき、やはり気になるのは「学ぶ時間がとれるのか」「ちゃんと続けられる
か」ということ。あなたのライフスタイルや目的に合う“学び方”を見つけて!

通信制スクール「学校に通ってみたい」「資格取得したい」
そんなアナタには通学制スクールがおすすめ!

  • 資格取得や、スキルアップを目指せるスクールは、業界の第一線で活躍している講師から直接レッスンを受けることができる。自習スペースをはじめ、企業からの求人情報の活用、講師や他のスクール生との交流など、通学ならではのサポート体制も魅力的。急な残業や休日出勤の際に助かる振替受講制度などもある。未経験からの転職や、職場でスキルアップ&キャリアアップ、独立開業などの目的がある人におすすめ!
    例えばこんなことが学べる!
    英会話・語学、パソコン・WEB・IT、資格・ビジネススキル、癒し・健康・心理・ビューティ、医療・福祉・教育、マスコミ・建築・ブライダル、フラワー・クラフト・料理、ダンス・スポーツ・音楽など
    スクール情報をチェック!

通信講座「自分のペースで学びたい」「資格取得したい」
そんなアナタには通信講座がおすすめ!

  • 通信講座

    通信講座のメリットは、自分の都合のいい時間に、自分のペースで好きなだけ学習できること。近くにスクールがない人や毎週決まった時間に通学できない人でも大丈夫。テキストやDVD、CD、オンライン教材など、学び続けられるようにカリキュラムや教材が工夫されていて、サポート体制も充実。費用も比較的リーズナブル。自宅で自分のペースで資格取得やスキルアップ、キャリアアップを目指したい方におすすめ!
    例えばこんなことが学べる!
    TOIEC、簿記、行政書士、校正、ネイリスト、心理カウンセラー、セラピスト、医療事務、ホームヘルパー、調剤薬局事務、司書、教員免許、保育士、WEBデザイン、食育など
    通信講座情報をチェック!

大学公開講座「教養・知識を増やしたい」「気軽に学生気分を味わいたい」
そんなアナタには大学公開講座がおすすめ!

  • 大学公開講座

    大学公開講座は、自分の興味のある講座だけを選んで受講できる気軽さが嬉しい。カルチャーセンターのような趣味や教養を扱ったものから、ビジネスに役立つ実務的なスキル、語学系の講座まで幅広く展開。無料または比較的安い参加費で受講でき、期間も1回完結から通年のものまで様々。趣味や教養を身に付けたい、スキルアップや資格取得をしたい、憧れのキャンパスライフを送りたい人におすすめ!
    例えばこんなことが学べる!
    社会保険労務士、FP(ファイナンシャルプランナー)、行政書士、宅建、通関士、ホームヘルパー、福祉住環境コーディネーター、初級シスアド、簿記、MOS(Microsoft Office Specialist)、TOEIC、語学、文化・一般教養など
    大学公開講座情報をチェック!

通信制大学 「働きながら大卒資格や教員免許を取得したい 」
そんなアナタには通信制大学がおすすめ!

  • 通信制大学

    通信制大学は正規の大学教育課程なので、卒業すれば学位の取得が可能。一つの分野を専門的に、じっくり学ぶことができる。入学は春と秋の年2回、書類審査のみの場合がほとんど。単位認定もレポートが中心で、在籍期間は通学制よりも長めにとることができる。長期休暇や週末・夜間を利用してのスクーリング制度もあり。仕事や家庭と両立しながら、大卒資格や教員免許、その他の資格取得をしたい人におすすめ!
    例えばこんなことが学べる!
    大学卒業資格、社会福祉士、精神保健福祉士、保育士、社会教育主事、認定心理士、臨床心理士、司書、小学校教諭免許、中学・高等学校教諭免許、博物館学芸員、幼稚園教諭免許、特別支援学校教諭免許など
    通信制大学情報をチェック!

社会人大学院「修士号取得に興味がある」「専門的に学びたい」
そんなアナタには社会人大学院がおすすめ!

  • 社会人大学院

    社会人大学院は、アカデミックな研究者を目指す「研究系大学院」と、法科大学院や会計専門職大学院などの「プロ養成系大学院」がある。平日夜間と土日の昼間に開講している大学院も、ビジネス系のジャンルを中心に増加中。通学に便利なサテライトキャンパスを設置している大学も多く、働きながら通うことのハードルは年々低くなっている傾向が。研究者を目指したい方、プロフェッショナルを目指したい人におすすめ!
    例えばこんなことが学べる!
    MBA、会計、法務、医療・福祉、IT・コンテンツ、政策・行政管理、知的財産、教職専門職、臨床心理、理工など
    社会人大学院情報をチェック!

仕事との量いつができる学び方を探してみて!

仕事との量いつができる学び方を探してみて!
 

TOP