カメラと一緒に私を変えるひとり旅に出よう




このページの記事は、2012/11/20に掲載した時点のものです。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。

レンズを通すと新しい私が見えてくる カメラと一緒に私を変えるひとり旅に出よう

今年ももうすぐフィナーレ。年が変わる前に「今までの私」を振り返り、「これからの私」をみつけたい。そんなときはひとり旅がおススメ。今の心を表現豊かに写してくれるカメラと一緒なら、今までと違う「新しい私」に出会えるはず。

オズモールユーザーに聞いてみました

ひとり旅したことある? はい61% 興味はあるけどない28% 興味がない11%

  • 自分の好きなように時間を割り振れて、
    行きたいところにいけるので楽しい(たったかさん)
  • 自分がなにが好きでなにに感動し、
    なにを大切に思うかがよくわかる(やちさん)
  • 思いつきで自由に行動できる(tomoさん)
  • 1人で判断しなくてはいけない事がたくさんあるので
    いろんなことに敏感になります。
    自分を見つめ直す、いい機会でした(ねこむーんさん)
  • 心の洗濯ができた(りんさん)
  • やりきったことで自信ができたし、考える時間が
    多くもてたので色々な発見があった(ぐれーすさん)
ひとり旅をすると、モノや景色をみつめる視線がいつもと変わるみたい。自分を見つめ直す絶好の機会になりそう!
pagetop

私を変える、箱根ひとり旅へ

都心からアクセス抜群の箱根は、はじめてのひとり旅にぴったり。
紅葉やススキ草原など、フォトジェニックな場所が多いのもポイント。
この時期ならではの素敵な風景に出会えそう。

心に響くのは、いつもと違う視点でみつめる風景

旅のクライマックスは大好きな場所、仙石原のススキ草原へ。太陽の光を反射してキラキラ輝く一面のススキ。カメラのレンズを通してみると、いつもと違ってみえるみたい。まるで映画のワンシーンのように幻想的。今の私の心に響く風景を心にしっかり刻み込もう。

  • 作例1
    仙石原のススキ草原
  • 作例1
    仙石原のススキ草原
  • 作例1
    黄金色のススキ草原
  • 作例1
    ススキ草原から見上げた空
  • pnoto01
  • pnoto02
  • pnoto03
  • pnoto04
PHOTO1
「静止画オートモード」で逆光のまま撮影。
PHOTO2
【PHOTO1】をクリエイティブモードの「逆光」で撮ると、通常は暗くなる部分が補正されて美しい仕上がりに。
PHOTO3
「ピクチャーコントロール」を使えば自分好みの1枚も簡単。
PHOTO4
静止画オートモードの「風景」で空も自然な色合い。
pagetop

私を変えるひとり旅に欠かせないのは・・・

Nikon 1 J2

撮りたかった写真が思いのままに!
簡単&キレイにベストショットを残す

超コンパクトで軽量ながら、高画質の静止画や動画が撮影できるデジタル一眼カメラ。2つのAF機能が撮影状況に合わせて自動的に最適な設定をしてくれるから、動く被写体や暗い場所でもカメラにお任せ。遠くの被写体もズームレンズに交換すればくっきりキレイに撮れる。新機能「クリエイティブモード」では、ミニチュア効果や夜景ポートレートなど難しかった写真の表現も簡単に! 全6色揃ったオシャレなボディカラーも必見。

  • 写真上 Nikon 1 J2(レッド)
  • 写真下左 1 NIKKOR VR10-30mm f/3.5-5.6
  • 写真下右 1 NIKKOR VR30-110mm f/3.8-5.6
「Nikon 1 J2」の詳細はこちら

今回のひとり旅で泊まったホテルはココ!

ザ・プリンス箱根

芦ノ湖畔に佇む絶景のホテル。6つのルームタイプがあり、今回利用した「富士山ビューツインルーム」からは、絵画のように美しい富士山と芦ノ湖の風景が望める。湖畔を散歩できる中庭では、大自然を感じる心地いい時間を満喫して。敷地内の自家温泉「蛸川温泉」の湯を使用した開放的な温泉や、「和」にこだわったおもてなしで、心と身体の調和をもたらすスパ「KAEDE SPA」も魅力的。

所在地/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根144  TEL/0460-83-1111(代表)
アクセス/<電車>小田急「箱根湯本駅」よりタクシーで約30分、伊豆箱根バスで約1時間5分「ザ・プリンス 箱根」または「箱根園」下車
※JRほか「小田原駅」より無料送迎バスあり(宿泊者限定) <車>東名高速道路御殿場I.C.から乙女峠経由で24km(平常時45分)

問い合わせ/ニコン イメージング ジャパン
写真/瀬尾直道 文/石井昌子
 

TOP