いつかママになりたい♪働く女性の妊トレ女子会

  1. オズモールTOP >
  2. 東京体験TOP >
  3. 【イベントレポート】OZ Girls Forum いつかママに♪働く女性の妊トレ女子会

東京体験・イベント

今日だけ、OZだけでしかできない素敵体験

【イベントレポート】OZ Girls Forum いつかママに♪働く女性の妊トレ女子会

【イベントレポート】OZ Girls Forum いつかママに♪働く女性の妊トレ女子会

妊娠前に知っておきたい知識を産婦人科医・宋美玄先生が指南!

896画像

葉酸の摂取、子宮がん検診・・・etc.
ママになる前にできる準備を今から!

近い将来ママになりたいと考えている女性のための人気イベント「妊トレ女子会」を、OZmallとマタニティ・ベビー用品メーカーのピジョンがコラボレーションして開催。11月25日(火)、ホテル「ハイアット リージェンシー 東京」に約150名の女性が集まった。この日いちばんの盛り上がりをみせたのは、TV番組『特ダネ!』のコメンテーターとしても知られる産婦人科医・宋美玄先生によるセミナー。「子宮がん検診は最低でも2年に一度は受けよう」「風疹の抗体検査は今のうちに受けるべき」といった基本的な知識に加えて、「男性の心は意外とデリケートなのでストレートな排卵日メールはNG!」など、ユーモアも交えながら具体的なアドバイスが続出し、みんなの聞く表情も真剣に。なかでも、強く言っていたのが、お腹の赤ちゃんの正常な発育に大切な栄養素 “葉酸”を摂る重要性。幸せなママになるための知識を増やせて、とても勉強になったみたい。

896画像

葉酸は、いつかママになりたいなら
妊娠前の今からしっかり摂りたい栄養素

「葉酸は水溶性ビタミンB群の仲間で、DNAの形成や細胞分裂を促す働きがあって、おなかの赤ちゃんの正常な発育に欠かせない栄養素。特に葉酸が重要なのは、胎児の脳や脊髄のもとになる神経管が形成される妊娠1〜2カ月頃。この時期はまだ妊娠に気付かない人も多いため、妊娠前の今から継続的に葉酸を摂る必要があります。女性が1日に摂取したい葉酸の量は240μgで、妊娠中はその倍の480μgが必要に。葉酸はレバーや緑黄色野菜などに多く含まれますが、水に溶けやすく、熱に弱いため、調理過程で約半分が失われてしまうのが難点。食事だけで十分な量を摂ることは難しいため、葉酸サプリメントでしっかり補うことが大切です」(宋先生)

896画像

ママになる前は不安もいっぱい。
宋美玄先生がさまざまな質問に回答

おいしいディナーの後は、再び宋美玄先生が登場し、「質疑応答コーナー」がスタート。当日、出席者から集めた10個の質問に答えてくれた。「Q.葉酸を摂取するのに最適な時間帯は?」「A.何時でも構わないので摂取できるタイミングで大丈夫!」「Q.妊娠中運動はどのくらいしていいもの?」「A.個人差があるので一概には言えないけれど、マラソンなどハード過ぎないものであれば適度に体を動かすのはいいと思いますよ」「Q.初めて病院へ行くのにいいタイミングはありますか?」「A.もし選べるのであれば生理後の方がいろいろな検査をするのに丁度良いです」など、いつかママになりたい女性たちからの疑問は種類もさまざま。なかには、「妊娠をするにはストレスを少なくするために仕事を変えた方がいいでしょうか」と、お悩みに近い質問も。そんな悩める女性たちに向け、最後に先生から「妊娠は努力してできるものではないので、気楽に構えるのがいちばん」という心が解ける温かいメッセージもいただいた。

896画像

気軽に人に聞けない妊娠のこと。
正しい知識がグンと増えたみたい!

「妊娠について自分でいろいろ調べていたんですが、情報が多すぎて困っていたんです。今日は宋先生がざっくばらんにズバリと語ってくれたので、わかりやすかったです。勉強になったし、楽しかった♪」(S・Yさん、27歳)、「葉酸については聞いたことはありましたが、妊娠前から摂った方がいいと知って驚きました。サプリメントの必要性なども、きちんとわかってためになりました。葉酸メニューもおいしかったです」(K・Mさん、30歳)

ママになりたいと思った日から
飲んでおきたい大事なサプリ

葉酸は、妊娠1〜2カ月頃に形成する、赤ちゃんの心臓や中枢神経などの形成に大切なはたらきがある栄養素。妊娠に気がつかないことが多いこの時期を逃さないためには、妊娠に気づく前から摂ることが大切! 1日の必要量400μgは、食品だけで摂取するのは困難なので、葉酸サプリメントで補給をしよう。左から、「葉酸カルシウムプラス」(60粒入1598円)、「葉酸プラス」(60粒入1922円)

手軽にとれる葉酸サプリはこちら!

  • 問い合わせ/ピジョン
  • 撮影/千葉裕子 文・取材/六識(高橋瑞穂)
ページTOP

TOP