【イベントレポート】結婚・出産を味方にする!幸せな働き方レッスン

  1. オズモールTOP >
  2. 東京体験TOP >
  3. 【イベントレポート】結婚・出産を味方にする!幸せな働き方レッスン

東京体験・イベント

今日だけ、OZだけでしかできない素敵体験

【イベントレポート】結婚・出産を味方にする!幸せな働き方レッスン

【イベントレポート】結婚・出産を味方にする!幸せな働き方レッスン

結婚・出産を経験しても自分らしく働くとは?白河桃子さんがアドバイス!

1038画像

結婚・出産後も笑顔で働くために
今こそ考えたい“私らしい働き方”

働く女性のセンスアップをサポートする「OZの学びカフェ」では、結婚や出産を意識し始めた30歳前後の女性のためのセミナーイベント「結婚・出産を味方にする!幸せな働き方レッスン」を3月10日(火)に開催。会場のカフェレストラン「デイルズフォード・オーガニック青山」には、ライフタイルは違えど“近い将来に対してモヤモヤとした感情を抱いている”という共通項を持つ働く女性たちが集まった。講師は「婚活」「妊活」など女性のキーワードを発信し、『専業主婦になりたい女たち』(ポプラ新書)などの著書でおなじみ、作家・少子化ジーナリストの白河桃子さん。結婚・出産を経験しても笑顔で働くためのヒントをレクチャーした。

1038画像

女性も男性も働くのが当たり前の時代!
ならば“どう働くか”を考えよう

「20代女性は専業主婦で幸せそうな母親を見て育った影響もあり、30歳までは仕事で輝き、その後は結婚して家庭に入りたいという人が多いです。しかし近年、男性の収入は減少傾向にあり共働きが現実路線。そこでこれからの女性には、働くことは当たり前という軸を持ち“働くor働かない”ではなく“どう働くか”を考えて欲しいんです。出産や育児で一時ペースダウンすることはやむを得ないと受け入れつつ、正社員を続ける。または辞めてもいずれ仕事に復帰することをめざすなど、働くということを長いスパンで考えましょう。そのためには、今のうちから仕事の専門性を高めることもポイントです」(白河さん)

1038画像

仕事と家庭を両立させるメリットとは?
参加者の質問に白河さんがズバリ回答

セミナー後半は『オズプラス』上妻編集長も加わりQ&Aコーナーへ。「実は専業主婦願望があります。結婚後も働くメリットとは?」という質問者に対し、白河さんは「結婚してからも働くメリットは経済的に自立できるということ。最近増えている短時間正社員・エリア限定正社員などの制度を活用するのもおすすめ。女性が働くことで“リスク半分、年収2倍”になり、パートナーも楽にしてあげられます。働くことをポジティブにとらえて!」とアドバイス。また「出産や育児を経験することにより、人間力・忍耐力がつく、目線が変わり新しい発想が生まれるなど、仕事上のメリットもありますよ」(白河さん)

【イベントレポート】結婚・出産を味方にする!幸せな働き方レッスン軽食をいただきながら
働き方について女子トーク

軽食をいただきながら
働き方について女子トーク

セミナー後は「デイルズフォード・オーガニック青山」のカフェプレートをいただきながら、テーブルごとにトーク。『オズプラス』編集部員も参加し、仕事上の悩み、結婚や出産への不安などを語り合った。参加者の立場や考え方はさまざまだけど、モヤモヤした気持ちを少しは払拭できたみたい。

【イベントレポート】結婚・出産を味方にする!幸せな働き方レッスン心に思い浮かんだことを
自分の言葉でカードに記入

心に思い浮かんだことを
自分の言葉でカードに記入

白河さんの話やテーブルトークを通じて感じたこと、明日からやると決めたことを各自がカードに記入。参加者に想いを聞くと「結婚したら仕事を辞めるつもりだったけど、もったいないなと思った」、「結婚を考えている彼と、長く働くにはどうすればいいかを話し合います」など前向きなコメントが。

【イベントレポート】結婚・出産を味方にする!幸せな働き方レッスンモヤモヤが整理されて
スッキリ前向きな気持ちに

モヤモヤが整理されて
スッキリ前向きな気持ちに

最後は参加者にインタビューし、セミナーで感じたことを答えてもらった。ある営業職の女性の「仕事と結婚を分けて考えていたことが悩みの原因だと気付きました。これからは両立をめざしてライフプランを立て直します」という決意表明には、ほかの参加者からも拍手が沸き起こった。

今、若い女性に急増中!?
“隠れ専業主婦願望”の実態とは?

学生、ワーキングマザー、専業主婦など立場の異なる女性たちを精力的に取材し「婚活」や「妊活」をテーマにした著書で情報発信する白河桃子さんの最新作は『専業主婦になりたい女たち』(ポプラ新書)。30年前と違い女性の社会進出が当たり前になっている現在において、キャリアや収入を捨ててでも家庭に入りたい、子育てに専念したいと願う若い女性が増えている。その背景にある考え方や問題点とは? 専業主婦のリアルな実態から見えてくる“フツウの幸せ”の大きな代償とはなにかを解き明かす1冊。

  • 撮影/千葉裕子 文・取材/水村 典子
ページTOP

TOP